ダイエットするならマラソンやウォーキングより自転車

ダイエットに効果的な運動といえばマラソンやウォーキングが有名ですが、もっと効果的に痩せる運動があります。
それは自転車です。
ロードバイクにまたがり、颯爽と駆け抜けていくロードレーサーを見かけたことはありませんか?
かっこいいヘルメットにサングラス、カラフルなジャージ。
そして、速そうなロードバイク。
初期投資はそれなりにかかりますが、とてもダイエットに効果的なんです。
自転車は有酸素運動を長時間、苦なく行えるスポーツです。
もちろん激しく漕げば疲れますが、ゆっくり走るだけでもマラソンの何倍ものカロリーを消費できます。
プロのレーサーは一日に6000キロカロリーも消費するほどです。
しかも膝に負担がかかりません。マラソンのやりすぎで膝を壊しては元も子もないですよね。
休日に景色を見ながら爽快に走るのは、ストレスも発散できて最高です。
決して無理することなく、怪我の心配も少なく、かつダイエットに効果的なのが自転車です。
早速、最寄りの自転車店でロードバイクをご覧になってはいかがでしょうか。

マウンテンバイクの生い立ちと歴史

マウンテンバイクとは勾配の急な坂道や段差越え等の一般の自転車の耐久範囲を超える広範囲の用途に対応可能な構造を持つ自転車である。
一般の舗装道路でも広く利用されており、その用途によって様々な形態がある。
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ郊外でビーチクルーザー等に太いタイヤを取り付けて、急勾配の山を下ってそのタイムを競う遊びがマウンテンバイク誕生の始まりだった、と言われている。日本に於いては1980年代後半にアウトドアブームと共に最初のマウンテンバイクブームが発生した。当時はファンの間でローカルなレース大会が開催されたりし、スポーツとしての認知も日本の中で広まっていった。1988年には世界選手権に初の日本人選手が派遣され、国内でも選手権大会が開催されるようになり、競技人口の増加につながっている。また、1996年のアトランタオリンピックでは五輪競技として初のマウンテンバイク競技が導入された

クロスバイクを買ってしまうと魅力にはまっていく

クロスバイクを持つ友人の勧めだったり、テレビのメディアでのロードバイク特集をみて火が付くこともあると思います。自転車屋に行って即決で買っても悪くありません。

買ってからはどんどん自転車の魅力に引き込まれていくはずです。まず、自転車に乗るのが快適で楽しいです。ペダルを回せば回すだけ自転車が進んでいく感じがたまらないのです。クロスバイクに乗ったことのない方には至極当然のことのように聞こえますが、普通のママチャリとは感覚が全然違います。その一番の理由は、少しの力でスピードがでるからです。平地で無風の時は時速25キロほどで走ることができ、そのまま何十キロも走り続けることができるのです。

クロスバイクとの出会いは新しい世界を見せてくれます。

クロスバイクはママチャリと比べるとメリットばかり

クロスバイクは購入すると良さがわかってきます。ママチャリでは遠く、行くことが大変な場所でもクロスバイクなら遠くへ行くことができるのもメリットです。実際、乗り出してからはママチャリでは行かなかった場所やクロスバイクを持っている友達と自転車旅をしたり自転車の話など、行動範囲や友達の輪が広がっていくことを実感できるでしょう。

また、通勤や通学の移動手段においても使用できるので、通学、出勤所要時間が大幅に短縮され、自分の使える時間が多少増えるのもメリットです。そこは予想外でうれしい限りです。乗り心地としてはママチャリと違い、スピードが格段に違うので、爽快感がたまりません。また、クロスバイクはスピードが出ますが、ゆっくりでも走れるので、プライベートで使用するのには最適だと思います。クロスバイクに乗り出してからはママチャリには乗れなくなるかもしれません。クロスバイクを購入してからは良いことばかりなので、購入しても絶対損はしないと思います。

軽量で効率的なコンポーネントを装備したロードバイク

一言に自転車と言っても様々な種類があります。
街でよく見かけるのはママチャリ、マウンテンバイク、クロスバイク、ロードバイク、また最近ではファッション性が高いファットバイクなども人気です。
ただ、自転車は種類により用途が明確に分かれています。
例えばロードバイクに乗る利点は、他の種類の自転車より少ない力でより遠くまで行ける事です。
特に登り坂では他の種類の自転車と比較して圧倒的に疲労の蓄積が少なくなります。
普段街中や郊外でも舗装路のみで自転車を乗るという人ならば、無駄を極端に省いた軽量で効率的なコンポーネントを装備したロードバイクに乗ることで、知らないうちにいままででは考えられなかった様な距離を走行できるでしょう。
但し、ロードバイクは砂利道など荒れた路面では走行できませんので、そういった使い方をする場合はマウンテンバイクを使用してください。
ロードバイクまではちょっと、という通勤用途がメインの方はロードバイクとマウンテンバイクを混ぜたようなクロスバイクもオススメです。

自分の自転車に飽きてしまったときの対処方法

ロードバイクに乗って、ロードレースに出場するような人も自分の自転車を長く使うと思います。カタログを見て、フレームの素材や色を決めてオーダーした物に乗っていたりしますが、飽きてしまう可能性もあります。初心者なら練習も専門誌を見て、自己流で行ったりするでしょう。専門誌には、各地域にあるロードバイクを扱う専門店が掲載されており、それらのお店に行ってみるのも良いです。
ロードバイクも、ずっと乗っていると飽きてきてしまうものです。しかし完全に買い換えるのは勿体ないので、フレームの色を塗り替えるというものオススメです。色の明るさだけで、見た目にも軽いイメージになったり楽しくなるのとは間違いありません。

自転車を乗るのに問題なのがサドルの高さ

健康維持のための効率的なマウンテンバイクの乗り方とは。ギヤは21段で使用するのは1段と21段です、なぜならば1段は重くスピードがで足の運動になります、21段は坂道、ぬかるみ最適で高低差及び悪路に挑戦しこれまた足の運動になります。マウンテンバイクに乗るのに問題なのがサドルの高さです、最初(購入時)は足全体が地面に着くように設定しましたが遠距離になるとどうしても尻が痛くなりたまりません。

そこでつま先が着く程度にアップしました。どうしたことでしょう見事に尻が痛くならず軽快に乗ることができます、しかもアップ前までの平均速度が17km/hだったのが19km/hになり、効果も実感できるでしょう。

ここで思わぬ問題が発生した事です。それは急にストップした時につま先なので停止の安定が取れず、こけてしまう事があり危険です。

みなさんの調整する場合は自転車にのる目的を決めてサドル高さの調整をした方が良いと思います。

マウンテンバイク通勤の魅力

最近街中でマウンテンバイクやクロスバイク、ロードスターなどをよく見かけます。でもそれは大人がほとんどな印象を受けます。小学生のころからマウンテンバイクを乗るという人はあまりいないと思いますし、中学生、高校生となるとママチャリが一般的な時代で、確かにマウンテンバイクはカッコいいし、スピードも出ます。しかし割と通学距離が短い人も多く、学生生活では自転車にカゴがついていた方が便利だったこということもあり、マウンテンバイクのメリットが全く活着ない状態かもしれません。

なので社会人となったときに購入して、さっそうとマウンテンバイクなどで通勤している人たちを見るとがおおいのでしょう。なにやらとても憧れににた気持ちを抱きます。公共交通機関にて通勤している人は、朝の通勤時の混雑は正直うっとうしいと感じる人もいるでしょう。たまには自転車でそれもスタイリッシュなマウンテンバイクで通勤できればいい気分転換になりそうです。

ロードバイクとマウンテンバイクを買うか迷いどころ

ロードバイクを購入するか、それともマウンテンバイクを購入するか、とても悩みどころです。どちらにも良い点や悪い点があります。
マウンテンバイクとの違いはいくつかありますが、運転の軽快さが一番違うと思います。
ロードバイクの方がタイヤが細くてスタイリッシュな印象があります。それに対して、マウンテンバイクはタイヤもフレームも太くてガッツリとした雰囲気で、「軽快」な感じではありません。
もう少し、普段の足として軽快に乗れそうなロードバイクにした方が、お出かけ気分もアップしたのではないかと思っています。

舗装道路を走るロードバイクと悪路を走るマウンテンバイクの性質を兼ね合わせた自転車

いわゆるママチャリのようなシティサイクルでは物足りない、手軽にサイクリングを楽しみたい、という方に選ばれやすいのがクロスバイクです。
舗装道路を走ることを前提としたロードバイクと、砂利道などの悪路を走行するためのマウンテンバイクの性質を兼ね合わせた自転車であり、舗装道路を快適に、かつ段差などでも衝撃を緩和してくれるため、ほど良い乗り心地で走ることができます。
軽快なサイクリングを実現できるクロスバイクですが、取り分けて注意しなければならないのは自転車の大きさ決めです。自身の身長に適したものであることはもちろんですが、タイヤのサイズは同じでも、商品によってサドルの取り付け位置が異なるため、サイクリングショップなどで実物、あるいは類似の自転車にまたがって乗り心地を確認することをお勧めします。
そして、多くのクロスバイクにはスタンドやカギ、フェンダーやライト、バスケットなどが初めから備わっていないため、付属品の吟味は欠かせません。さらに、タイヤの空気注入口が一般的な英式とは異なるものもあり、新たに注入口に対応した空気入れを購入しなければならない場合もあります。
 どの付属品を取り付けたらいいか分からない、探すのが面倒、という方は最寄りのサイクルショップで尋ねられると良いでしょう。純正の付属品が揃っているクロスバイクもありますし、純正のものがない場合でも、手頃な値段の付属品を教えてくれます。その場で自転車の試乗もできますし、自転車を最寄りのお店で購入した場合、今後のメンテナンスをしてもらいやすくなるという、一石三鳥の利点まで生まれます。
 初期投資に多少の手間とお金はかかりますが、街乗りに最適なクロスバイクでの通勤、通学は時間の短縮にもなり、肉体的な疲労の少ない爽快な走りは、ついつい、休日にサイクリングに出かけたくなるほどです。