マウンテンバイクの生い立ちと歴史

Pocket

マウンテンバイクとは勾配の急な坂道や段差越え等の一般の自転車の耐久範囲を超える広範囲の用途に対応可能な構造を持つ自転車である。
一般の舗装道路でも広く利用されており、その用途によって様々な形態がある。
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ郊外でビーチクルーザー等に太いタイヤを取り付けて、急勾配の山を下ってそのタイムを競う遊びがマウンテンバイク誕生の始まりだった、と言われている。日本に於いては1980年代後半にアウトドアブームと共に最初のマウンテンバイクブームが発生した。当時はファンの間でローカルなレース大会が開催されたりし、スポーツとしての認知も日本の中で広まっていった。1988年には世界選手権に初の日本人選手が派遣され、国内でも選手権大会が開催されるようになり、競技人口の増加につながっている。また、1996年のアトランタオリンピックでは五輪競技として初のマウンテンバイク競技が導入された

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です