「なわとびを飛べるようになるための方法」タグアーカイブ

なわとびを飛べるようになるための方法

なわとび、子供の頃一度はやったことがあるのではないでしょうか?
大人になった今ではなかなかする機会もありませんよね。

回して飛ぶだけでは?
感覚で覚えていくものですよね?

まずはなわとびの長さから、これがけっこう重要なようです。

脇をしめて肘ひじを曲げ、グリップの付け根が胸のあたりにくるように持ちます。そして縄を片足で踏んでピンと張れる長さに調整してください。

この長さが長すぎても短すぎてもうまくいかないようです。

次に回しかたですが、これは手首で回すことが大事です。うまく跳べない子は腕を回して跳ぼうとしています。手首をくるくる回すことを意識してまずは跳ばずに片手で縄を持ち回す練習をしてみましょう。

うまくまわせるようになってきたら走り縄跳びに挑戦です。
走りながら縄跳びを回し、縄が身体のまわりをまわって前に来たら跳ぶことを体でおぼえましょう。

最後にとまって跳んでみます。
高くジャンプする必要はありません。回す力とリズムが大事です。
軽く跳ねるイメージで。

練習すればするほどリズムがつかめてくると思います。