blainandassociates のすべての投稿

バレーボールのラリーポイント制とは

日本で人気のスポーツはいろいろとありますが、その中のひとつにバレーボールがあります。
現在のラリーポイント制になる以前は、サーブ権があるときに得点になるサイドアウト制でした。得点差が大きく開いてもサイドアウトをくり返して粘っているうちに大逆転、などという醍醐味がありましたが半面、試合時間が長く、いつ終わるかわからないという欠点がありました。

 ところでラリーポイント制採用に至るまでには、時間短縮を狙ったルールがいろいろ試されていました。
まず86年の男子の国際大会ジャパンカップ。
サイドアウト制はそのままにして1セット15点を12点にしたもの。
87年女子ジャパンカップ。
1セット30点ラリーポイント制で、29点に達した方はそこからはサーブ権がなければ得点にならないという方式。
その後、第5セットだけラリーポイント制にルール改正されました。

97年ワールドグランドチャンピオンズカップ。
第4セットまでは各セットごとに25分59秒まではサイドアウト制、26分00秒からはラリーポイント制というややこしいルール。
やはり不評だったようです。

 サイドアウト制は放送局側にとって生中継がやりずらく、IOCがテレビ中継重視の方向に進む中、試合を観戦したサラマンチ・IOC会長がサイドアウト制に批判的な感想もらしたことが決定的となり、1999年からラリーポイント制となったのです。

縄跳びのデザインは重要だが飛べないと意味がない

最近幼稚園でなわとびが流行っています。
でも幼稚園児は同学年でも生まれ月に寄って成長が全然違います。
早生まれだとなかなか上手にできないということもあります。

今のなわとびって、とてもカラフルでデザインも凝っているものが多いんです。
子供よりもついつい大人が目を輝かせてしまいそうなくらいです。

テンションを上げる為にはデザインは重要ですが、飛べなきゃ意味ありません。
飛ぶ方もそうかもしれませんが、教える方もなかなか大変…。

なわとびを選ぶときのポイント

なわとびを選ぶとき、いろいろあって何を選んでいいか迷いますよね。

そこでおすすめなのが「縄」でできたなわとびです。特徴は「重い」ことです。
ビニールのなわとびでは軽すぎて初めてなわとびをするときに、跳ぶコツをつかむまでに時間がかかってしまいます。適度に重いものを選びましょう。
前まわりが上手にできるようになったら、ステップアップです。
幼さ
二重とび、あやとびは、縄でできた重いなわとびより、ビニールでできた軽いなわとびが適しています。ただ、あまりに細いものはまだNG。重さを加えたいので、少し太目のものがいいと思います。
なわとびが上手になったら、細いなわとびがいいですね。
その方が早くまわすことができますから。
なわとび選びのコツは「重さ」です。

ビニールではなく縄のなわとびがオススメ

なわとびを選ぶとき、いろいろあって何を選んでいいか迷いますよね。
子供さんがおられる方は特に悩むと思います。
そこで勧められたのが「縄」でできたなわとびです。特徴は「重い」ことです。
ビニールのなわとびでは軽すぎて初めてなわとびをされるお子さんが跳ぶコツをつかむまでに時間がかかってしまいます。適度に重いものを選びましょう。
前まわりが上手にできるようになったら、ステップアップです。
幼稚園の授業では縄をそのまま使用して、おうちではまた、ビニールのなわとびを与えて練習します。
二重とび、あやとびは、縄でできた重いなわとびより、ビニールでできた軽いなわとびが適しています。ただ、あまりに細いものはまだNG。重さを加えたいので、少し太目のものがいいと思います。
なわとびが上手になったら、細いなわとびがいいですね。
その方が早くまわすことができますから。
なわとび選びのコツは「重さ」です。お子さんの成長にあわせたなわとびを選びたいですね。

なわとびの二重跳びはハードな運動

誰でも小学生のときになわとびをしたことがあるかと思います。
なわとびで二重跳びを学校でやらされた記憶があります。
二重跳びって、実は結構難しいんですよね。
学校の授業でやらされる割に、できない人が多かった気がします。練習してできるようになりましたが、二重跳びってかなりハードルが高いワザだと思います。

あと、思い出したのが、二重跳びで失敗すると脚になわとびが当たって、かなり痛い思いをするんですよね。
小学校の体操着は、ハーフパンツだったので、ふくらはぎなどにバシっと当たって痛かった記憶があります。赤く腫れはしませんでしたが。

なわとびって、ビニール素材のものとロープ素材の二つがあって、ロープ素材のなわとびでは、絶対に二重跳びはできませんでした。ロープだと、スピード感が出ませんでした。

社会人になってしまうとなわとびをすることはないと思いますが、運動不足解消のために昔を思い出しながらしてみてはいかがでしょうか。

なわとびを飛べるようになるための方法

なわとび、子供の頃一度はやったことがあるのではないでしょうか?
大人になった今ではなかなかする機会もありませんよね。

回して飛ぶだけでは?
感覚で覚えていくものですよね?

まずはなわとびの長さから、これがけっこう重要なようです。

脇をしめて肘ひじを曲げ、グリップの付け根が胸のあたりにくるように持ちます。そして縄を片足で踏んでピンと張れる長さに調整してください。

この長さが長すぎても短すぎてもうまくいかないようです。

次に回しかたですが、これは手首で回すことが大事です。うまく跳べない子は腕を回して跳ぼうとしています。手首をくるくる回すことを意識してまずは跳ばずに片手で縄を持ち回す練習をしてみましょう。

うまくまわせるようになってきたら走り縄跳びに挑戦です。
走りながら縄跳びを回し、縄が身体のまわりをまわって前に来たら跳ぶことを体でおぼえましょう。

最後にとまって跳んでみます。
高くジャンプする必要はありません。回す力とリズムが大事です。
軽く跳ねるイメージで。

練習すればするほどリズムがつかめてくると思います。

トレイルランニングで普通のランニングにはない爽快感を楽しもう

トレイルランニングは近年非常に人気が高いということで注目が集まっています。普段の舗装路をはしるのとは違い、坂を登ったりくだったり、倒木を避けてはしることも要求されます。実際やってみるとものすごい爽快感が得られるでしょう。子供のときの純粋な気持ちを思い出すような不思議な感覚を。自然が好きな方は景色も楽しめるのでオススメしたいと思います。しかしながら自然相手ということはトラブルなども覚悟が必要だとおもいます。例えば蜂など虫にされるというアクシデントがあったり、坂ですべってけがをしたり、石に躓いて転んでしまうなどのリスクもかんがえておくべきです。
このスポーツはフィールドが様々でせれぞれの楽しみがあるように思います。皆さんも是非参加してみて欲しいとおもいます。

ロードバイクメーカーのGIANT特集

ロードバイクでよく見かけるメーカーは、GIANTです。おそらくこの車種がもっとも多くなっているでしょう。おおよそ半数ほどのロードバイクはGIANTで、ESCAPEのみながらずよりレース仕様のものまで街中に走っています。

自転車店を訪れると、ロードバイクとしてはGIANTが多く、それが街中のGIANTの多さになっているようです。名称からいえば、GIANTSみたいで、直接関係はありませんが巨人ファンならこの車種がおすすめです。

そして、GIANTの意味合いを考えてみれば巨大ということで、スケールが大きくなったような印象がします。気がふさぎがちなときにも、GIANTのロゴ入りロードバイクでスケールの大きさを感じ取れることができそうです。手ごろなESCAPEは、予算的にも安くておすすめです。

年齢や性別を超えた友達が沢山できるスポーツの素晴らしさ

スポーツをすることは全て良いことに繋がっています。
まずは自分が気に入ったスポーツを行ってみる。そうすることで難しいものであっても絶対に続けていけばうまくなっていきます。
うめくなれば楽しいし、またうまくなろうと努力します。
そして、体力がつきます。これは日常、遊びに行く時にでも疲れにくい体ができているので思う存分遊ぶことができます。
そして健康も維持できます。世の中では健康のために運動をして痩せましょうとかいう話がよくありますが、しっかりとスポーツを行っていれば、自然と健康は維持できますし、さらにはある程度の筋力がつくことで太りにくい体もできてきます。
そうなってくると今度は、好きなご飯を食べても簡単には太らないので美味しいものも気にせず食べることができます。
最後に、同じスポーツをする仲間ができて、年齢や性別を超えた友達が沢山できるということもスポーツの素晴らしいところだと思います。

子供の能力アップにはゴールデンエイジで指導する

スポーツ少年団など子供のスポーツの指導に携わる人で指導法に悩まれているという方も多いと思います。様々な情報が世の中には出回っており、一層悩まれるのではないかと思います。

大きく分けると技術面と体力面に指導する内容は分けられます。10歳から12歳くらいまではゴールデンエイジと呼ばれ、神経系の発達が著しく伸びる時期です。小さいからできないだろうと思うのは逆で、この時期に技術的な事を教えるようにします。

この時期に様々な動きを取り入れて巧緻性を養います。そうすることでその後成長し、体力がつくにつれて身についた技術をより高いパフォーマンスで発揮できるようになります。

技術はあとからで、まずは体力をつけることが先決という指導法は間違いです。逆に言うとこの時期に筋力やパワーを求めるようなトレーニングをしても効果はのぞめません。

子供の成長に合った指導をすることでけがも予防できますし、効率的に子供のパフォーマンスを向上させることが出来ます。