競技によってその選手生命の長さは大きく異なる

Pocket

選手生命というのは、人それぞれの体力、技術、スピードをどこまで維持できるかにより、その長さは人それぞれです。
アマチュアなら10代の頃に芽が出なければ、選手生命の終わりに繋がりやすくなります。
プロの場合、競技によってその選手生命の長さは大きく異なります。
一般的に陸上、水泳、体操など、基礎的な競技の選手生命は短くなり、30歳前後が平均的な限界と言われています。
野球やサッカーのプロ選手場合、個人差が大きくなります。
20代の頃に引退してしまう選手もいるし、50代まで体力と技術を維持してプレーできる選手も稀にいます。
こうした選手生命を左右するのは、体力・技術のほかに、怪我をするかしないかの要素が大きくなります。
プロ選手が一度怪我をしてしまうと、怪我癖がつくと言われるように、次々と体の怪我を連続することがあります。。
一度体のバランスが崩れることで、他の場所を痛めやすくなるからで、その結果引退に繋がってしまいます。
あらゆる条件をクリアできた選手だけが、選手生命を長くすることができます。
そして選手生命が長い選手には、誰よりも運が良いという要素もあるに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です