子供の能力アップにはゴールデンエイジで指導する

Pocket

スポーツ少年団など子供のスポーツの指導に携わる人で指導法に悩まれているという方も多いと思います。様々な情報が世の中には出回っており、一層悩まれるのではないかと思います。

大きく分けると技術面と体力面に指導する内容は分けられます。10歳から12歳くらいまではゴールデンエイジと呼ばれ、神経系の発達が著しく伸びる時期です。小さいからできないだろうと思うのは逆で、この時期に技術的な事を教えるようにします。

この時期に様々な動きを取り入れて巧緻性を養います。そうすることでその後成長し、体力がつくにつれて身についた技術をより高いパフォーマンスで発揮できるようになります。

技術はあとからで、まずは体力をつけることが先決という指導法は間違いです。逆に言うとこの時期に筋力やパワーを求めるようなトレーニングをしても効果はのぞめません。

子供の成長に合った指導をすることでけがも予防できますし、効率的に子供のパフォーマンスを向上させることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です