消費税が8%にり喫煙者のタバコ代がお小遣いを圧迫している

消費税が8%になって喫煙者のタバコ代がお小遣いを圧迫している状況です。
1日に1箱近く吸うので単純に計算しても、ひと月に1万円以上使う事になるのです。
以前消費税が3%から5%に上がった時に禁煙を試みたことがあるのですが、その時はひと月で挫折してしまいました。タバコの価格は、当初から150円程も値上がりしているのです。この事実を改めて考えると、今後も値上がりが予想されることから、早く止めるべきだとは思うのですが、中々踏み切れません。
禁煙している間、頭の中は常にタバコのことばかり考えてしまい、落ち着かない生活を送っていました。
タバコを吸うのが気分転換になっていたので、吸わないでいるとかえってイライラしてしまい続かずに終わってしまったのです。
確かにきっかけの1つではあるのですが…
今回も8%に上がる時に禁煙しようか悩んだのですが、以前のような結果になるような気がして禁煙になかなか踏み切ることができません。
やめたいと思いながらもズルズル毎日吸っている状態です。
いきなりやめるのは前回の禁煙で無理だというのがわかったので、もし禁煙するなら段階を踏んで徐々に禁煙していこうかなと考えています。
その時のやはり起床後の一服は習慣ですし、仕事中も良い気分転換になっているのです。ですからタバコを止めるのは難しいのですが、このままだと何も変わらないので、禁煙について一度きちんと考える予定です。今は禁煙の治療も随分知られているので、これも活用するかもしれません。

増税、たばこの値上げとともに禁煙を実施する

それほど喫煙本数は多いほうではないのですが、4月以降の増税からの
タバコ値上がりは流石にきついものがあります。
以前のように後先考えず、ぷかぷか吸っているとたちまちのうちに財布の中身が
寂しいことになり、不安になる。

どうにかしてその負担を取り除けないものかと、いろいろ思案と実践をしてみました。

まず禁煙。
この際だからやめてみる。
健康にいいから。お金も浮くから。
そう自分に言い聞かせていたのですが、5分でその意思は崩れた。
我ながら情けない。

次に電子タバコを試してみたのですが、どうもしっくりこない。
煙が出るのはいいことだが、本物のタバコの味に慣れてしまっている舌には
いささかの寂しさを感じるので、続けられないと判断。

その他にも、ガムやキャンディ、100均ショップで売っているパイポなどを
試してみたが、どれもこれも今ひとつといった感じ。

最後に行き着いたのは「手巻きタバコ」です。
自分で巻くという手間がかかる分、以前より吸う本数が見違えるように減った。

加えてコストパフォーマンスも申し分ないし、味も良好。

これならば続けられそうだし、お金も節約できそうです。
もうしばらく続けてみようと思っている次第です。

喫煙・禁煙やたばこについて今一度考えてみましょう!どちらが良い悪いというわけではありませんが…現在は喫煙者のほうが煙たがられているのは事実です。たばこの値上がりはどんどん加速して、喫煙場所は限られていく一方なのですが、そんなに喫煙者が悪いのでしょうか?