「未分類」カテゴリーアーカイブ

たばこのポイ捨てはいまだなくならない

たばこのポイ捨てはいまだなくならない。通勤途中には前の車が窓から投げ捨てていた。コンビニでは駐車場に灰皿の中身をひっくり返す人もいる。自分も長く愛煙家なだけに、同じように見られてしまうことは、嫌悪感を抱かずにはいられない。昔はどこでも気兼ねなく喫煙できたが、受動喫煙防止の観点から場所が限定されているため、ただでさえ肩身がせまい。行き慣れない場所では、灰皿を探すのも苦労する。そんな中、喫煙者のマナーの悪さが目立つようでは、たばこ自体が姿を消してしまわないかと心配してしまう。愛煙家は、だんだんと値上がりするたばこの価格にも歯を食いしばっている。そのうえ、周囲からの冷たい視線とも戦っているのだ。身体に悪いのになぜ辞めないのか?そう問われる時もあるが、至福の時が体に染みついているだけに手放せない。考え事をするときには尚更だ。吸う人、吸わない人、その両者が歩み寄ることはできないものか…そう思いながら、今日もたばこに火をつけている。

たばこをやめるには吸わない癖を身につけること

人にはそれぞれ癖があり、癖とは簡単に言うと無意識の内に行う行為、たばこを吸いたいと思うのも一種の癖です。癖はなかなか止められるものではなく、足を上下に動かす貧乏揺すりでさえ、癖の人は止めることが出来ません。止めることが出来ない以前に、本人は貧乏揺すりをしていることさえ気付いていません。たばこは本人および周囲の健康に悪影響を及ぼすことが明らかな今日でさえ、喫煙家は禁煙することが出来ません。癖は気付いても止められず、たばこも依存すると禁煙することが出来ません。癖で貧乏揺すりをする人が、病気などにより足を切断したら、物理的に貧乏揺すりは出来なくなりますが、足が失くなっても心理的には貧乏揺すりを続けます、なぜなら無意識が支配する癖だからです。重い病気をして医師から禁煙を勧められても、たばこを吸うことが癖になっている方は禁煙することは出来ません。愛煙家と嫌煙家の意見が対立するのは、依存症同士だからです。癖を止めるには、つまり依存性から脱却するには、新たな癖、つまり新たな依存性になるしかありません。たばこを止めるには、たばこを吸わない癖をつけること、キレイな空気を吸いたい依存性になることです。無意識の内に行う期間が長ければ、癖(依存性)は固着、喫煙期間が長ければ、たばこを止めるまでに時間が掛かるのは当たり前、挫折をしたら一服するくらいで構いません。

食事処での喫煙者と非喫煙者

最近たばこを吸う人にとっては肩身の狭い思いをしている人も少なくないのではないだろうか。駅の近くの狭い喫煙コーナーで隣の人と肩が触れるんじゃないかというほど、混み合ったなかタバコを吸っている人を見ると可哀そうな気持ちにさえなってしまう。煙を吸いたくなくて極力遠く離れて歩くのは非喫煙者でしょう。レストランなどに行ったとき、喫煙OKということを知らずに入店することもあると思います。注文してから食事が届いて普通なら満足して帰るのですが、2人の喫煙者が不運なことに隣に座っで2人ともテーブルにタバコとライターを置いたではないか。

おじさんタバコと口臭が混じったなんとも言えない臭さ。空気がどんどんよどんでいく。非喫煙者には辛い空間となってしまった。すごくストレスを感じたのと料理が美味しく食べれなかったことに怒りを覚えた。せめて喫煙所を別に分けて欲しいと感じました。

たばこの味は体調のバロメーター

たばこは好きな人は好きなものです。ただ、そのたばこ好きにとっても一本一本のたばこには意味が違うと思います。
 例えば、食後の一服でとても美味しく感じるタバコだったり、ただ、友達と待ち合わせをしていて、時間を潰すために吸うたばことは意味が変わってきます。
 
 また、たばこは体調のバロメーターと考える事もできると思います。普段たばこ吸っている時と、体調悪くたばこを吸う時とまるで味が変わってきます。
 逆もしかり、たばこの味が違う事で、「もしかしたら風邪引いているかも」と熱をはかる事もあります。
 現在禁煙の流れが来ていますが、これをあえて禁煙ブームで終わって欲しいと思う事もあります。
 少数派では、ございますが、タバコはある意味健康に良いと話される科学者もいます。人間の病気の大半はストレス等の気持ちの問題という説がある中で、ストレス軽減としてタバコはとても良い予防対策と言っても過言ではない時代がくるかもしれません。
 答えがわかるのは、これからですね。

無煙たばこの害についてはわかってない

たばこはいま禁煙ブームということでどんどん灰皿が撤去され、路上で禁煙区域でない地域でもたばこを吸うと人ににらまれ愛煙家にとっては肩身が狭い思いをしている人も多くいると思います。
たばこはニコチンとタールの影響で一般的には体に悪いと言われています。そして、変わって登場したのがアイコスなどの人に迷惑をかけない無煙たばこと言われるものです。
たばこは厳密にいうとまだタバコが人に害ということわかっていません。今の研究でも医学の研究の最終報告書には直接的な病気とたばこの因果関係は分かっていないようです。
しかし、肺がん・胃潰瘍・喉頭がんなどの因果関係は一般的に関係あるのだろう。と言われています。
問題はこの無煙たばこの害についてです。
この無煙タバコは副流煙が流れないという点で他人には迷惑をかけないと言われていますが、このたばこは本当に害があるかどうかは20年の結果を見て判断するということです。
そうなってくると、普通のたばこより害がないかもしれないが
もっと害があるかもわからないという代物なのです。
私は無煙たばこに切り替えようとしましたが、普通のたばこを吸い続けることにします。

たばこを吸うという行為は赤ちゃんがおっぱいを吸うということと同じ意味を持っている

たばこをよく吸う人はイライラしやすくて、切れやすい性格をしているような気がします。1日にたばこを2箱も吸うヘビースモーカーの方がたまにいますが、やはり他の人よりもそういったヘビースモーカーの方は、イライラしやすくて切れやすくて、あまりその方に冗談を言えないような感じがします。たばこを吸う人の性格についてインターネットで調べたことがあります。すると驚くべきことが書かれていました。たばこを吸うという行為は赤ちゃんがおっぱいを吸うということと同じ意味を持っている行為だということが書かれていました。それではたばこを吸う人というのは甘えん坊の人が多いのかもしれないな~と思いました。たばこは女性よりも男性が吸うものなので、本来男性というのはマザコン気質で甘えん坊な所があるから、きっとそのインターネットに載っている記事は当っているだろうな~と思いました。私はそのインターネットの載っている記事を読んでから、たばこを吸う人は甘えん坊という風に解釈するようになりました。

喫煙のメリットはちゃんとある!

今の時代喫煙なんて・・・・・という世の中ですが残念ながらなかなかやめる気にもなれない人も多いでしょう。
喫煙をほめるつもりも、人に勧めるつもりもありませんがメリットは結構あるので紹介します。まずひとつ会社でもプライベートの付き合いでも喫煙所に集まる人たちは結構打ち解けやすいです。なかなか仕事場ではできない話なんかも結構好きに話せる雰囲気ですので情報収集ができたり、ストレス解消やリフレッシュになったりといい影響があります。あの部署はいまこんな感じ、●●さんがそろそろ辞めるかもしれない、今日は上司の機嫌が悪い、●●さんに彼女ができたらしいもろもろ・・・・。大したことでもありませんがそれがちょっとしたメリットでしょうか。ある意味社交場です。
聞いた話ですが、就職活動中会社の喫煙室でたばこを吸っていると若手社員にあい、ちょっとした話をして社内の様子や仕事の実態、採用担当の人柄や採用基準などを聞けた、ということもあるようです。
こんなところでしょうか

禁煙中に訪れる孤独がやめられなくなる

禁煙は非常に難しいことです。禁煙の難しさは誰でも良くわかっているはずです。
禁煙中に感じる感情の一つとして、おかしいかもしれませんが、「孤独」があります。
もちろん家族も友人も恋人もいる人はいますが、それとは別の孤独を感じるでしょう。
絶対に成功させるつもりでしたので、意識が高かったとしても、それはまるで古い親友との別れのようでした。親友、それも愛おしい悪友です。
禁煙が辛い時、嬉しい時、ストレスでたまらない時、仕事で失敗して上司に怒られた時、恋人と喧嘩した時、ダイエットで空腹を紛らわしたい時、など、いつだって一番そばにいてくれたのは「たばこ」だったのです。
この親友、でも一緒にいると体に悪影響をあたえる悪友、共依存ともいえる存在と縁を切るのは本当に淋しくて淋しくて辛いものでした。
中毒症状が辛いと言った物理的なものより、孤独との戦いが苦しかったです。
結果的になぜ成功できたのかと今振り返って考えてみると、自分のこの孤独を避けたくない、一人でもしっかりと生きていきたいといった精神的な解放を得たかったからかもしれません。

たばこのメリットはリラックスなど精神的に良い効果

一般的に行う事に対して否定的な見方をされがちな喫煙についてですが、確実にメリットも存在しています。
それは何なのかと言えば、まず第一に精神的なリラックスを得ることが出来るといった点が挙げられるのではないかと思います。
これはタバコを吸うことで神経伝達物質が分泌されるのが理由であり、それが出る事で満足感・充足感、が得られると共に不安が取り除かれた事で気分よく作業をして能率を上げる事すら可能になります。
そのため煙草のメリットとしては主に精神的な部分が大きな比重を占める事になりますが、他にもよくよく考えて見れば職場にも必ず一人は煙草を吸われているかと思いますし、そういった方と交流する強力なコミュニケーションツールにもなります。
例えば煙草を吸っている時は前述したようにリラックス効果が得られた事で気分がよくなっていますから、いつ話しかければ分からない人にも比較的そのタイミングは話しやすいものです。
なので煙草を吸うメリットというのも、確実に存在するのです。

喫煙することのメリットや良い点は多く語られていない

敢えて喫煙を薦めたいと思います。
タバコは百害あって一利なしと言われ健康被害の代名詞のように言われていますが、実はそうでもないのです。
タバコの長所って多く語られない傾向にありますが、
タバコに含まれるニコチンにはストレス解消に効果があり、喫煙の行為が退屈しのぎになるという説もあります。
ニコチンは摂食にかかわる脳神経細胞に働き掛け食欲を抑制する信号を多く発信する。とか
煙草の煙の中に含まれているニコチンは、脳の側坐核という部分に刺激を与える働きがある。
この側坐核は非常に小さいものですが人間の意欲をつかさどる重要な場所であり、これが活性化すると「やる気」が出てきます。という推測。
ネガティブな精神をニュートラルにハイな精神を冷静にする作用もあるようです。
喫煙は不安の解消に一時的に役立つのだろうという推測もあるそうです。
タバコは栽培から販売まで、多くの人に職を与えているだけでなく、膨大な税収を国にもたらしている。
ってのは誇大妄想でやや綺麗ごとな感じがしますが。
多くの文豪や芸術家が愛煙家だったようで、クリエイティブな創造にタバコは良きパートーナーだったようです。
私見ですが、ハードボイルド小説好きな私、ハードボイルド小説の主人公はタバコをくゆらせ強い酒を好む。偏見かもしれませんがクールなヒーローにはタバコがマストアイテム。タバコ吸ったからといって即座にカッコよくなれやしませんが、マナーを守ってスマートに喫煙すれば、いい感じにリラックスできて良い仕事ができるのではないでしょうか。喫煙所でタバコをきっかけに話が弾み社内で親しい人が作れたりと健康被害ばかりではないメリットもあるのです。
事実タバコの匂いが苦手な方も多くいらっしゃいますし服や髪に匂いがつくのを嫌がる女性がいるのは確かです。タバコが大人の嗜みと主張するのなら、大人の礼儀作法で他人を不快にさせ、これ以上タバコが悪者にならないように努力するのが愛煙家の務めだと思ってやみません。”