たばこのポイ捨てはいまだなくならない

Pocket

たばこのポイ捨てはいまだなくならない。通勤途中には前の車が窓から投げ捨てていた。コンビニでは駐車場に灰皿の中身をひっくり返す人もいる。自分も長く愛煙家なだけに、同じように見られてしまうことは、嫌悪感を抱かずにはいられない。昔はどこでも気兼ねなく喫煙できたが、受動喫煙防止の観点から場所が限定されているため、ただでさえ肩身がせまい。行き慣れない場所では、灰皿を探すのも苦労する。そんな中、喫煙者のマナーの悪さが目立つようでは、たばこ自体が姿を消してしまわないかと心配してしまう。愛煙家は、だんだんと値上がりするたばこの価格にも歯を食いしばっている。そのうえ、周囲からの冷たい視線とも戦っているのだ。身体に悪いのになぜ辞めないのか?そう問われる時もあるが、至福の時が体に染みついているだけに手放せない。考え事をするときには尚更だ。吸う人、吸わない人、その両者が歩み寄ることはできないものか…そう思いながら、今日もたばこに火をつけている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です