喫煙することのメリットや良い点は多く語られていない

Pocket

敢えて喫煙を薦めたいと思います。
タバコは百害あって一利なしと言われ健康被害の代名詞のように言われていますが、実はそうでもないのです。
タバコの長所って多く語られない傾向にありますが、
タバコに含まれるニコチンにはストレス解消に効果があり、喫煙の行為が退屈しのぎになるという説もあります。
ニコチンは摂食にかかわる脳神経細胞に働き掛け食欲を抑制する信号を多く発信する。とか
煙草の煙の中に含まれているニコチンは、脳の側坐核という部分に刺激を与える働きがある。
この側坐核は非常に小さいものですが人間の意欲をつかさどる重要な場所であり、これが活性化すると「やる気」が出てきます。という推測。
ネガティブな精神をニュートラルにハイな精神を冷静にする作用もあるようです。
喫煙は不安の解消に一時的に役立つのだろうという推測もあるそうです。
タバコは栽培から販売まで、多くの人に職を与えているだけでなく、膨大な税収を国にもたらしている。
ってのは誇大妄想でやや綺麗ごとな感じがしますが。
多くの文豪や芸術家が愛煙家だったようで、クリエイティブな創造にタバコは良きパートーナーだったようです。
私見ですが、ハードボイルド小説好きな私、ハードボイルド小説の主人公はタバコをくゆらせ強い酒を好む。偏見かもしれませんがクールなヒーローにはタバコがマストアイテム。タバコ吸ったからといって即座にカッコよくなれやしませんが、マナーを守ってスマートに喫煙すれば、いい感じにリラックスできて良い仕事ができるのではないでしょうか。喫煙所でタバコをきっかけに話が弾み社内で親しい人が作れたりと健康被害ばかりではないメリットもあるのです。
事実タバコの匂いが苦手な方も多くいらっしゃいますし服や髪に匂いがつくのを嫌がる女性がいるのは確かです。タバコが大人の嗜みと主張するのなら、大人の礼儀作法で他人を不快にさせ、これ以上タバコが悪者にならないように努力するのが愛煙家の務めだと思ってやみません。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です