blainandassociates のすべての投稿

必ず含まれている食品添加物と上手に付き合うには

食品を製造する際に、保存性を高めたり食味や発色、加工性を良くしたりする目的で使用される「食品添加物」。身体への悪影響を懸念する人も少なくないのではないでしょうか。食品添加物と上手に付き合うには、どういった食品添加物が何のために用いられているのかを確認することが重要です。
食品の原材料表示の中で、聞きなれないカタカナ語やアルファベットが混じったものは食品添加物である可能性が高いです(カラギナン、リン酸Na、Kなど)。また、「色」という文字が入っているものも食品添加物に含まれます。添加物も他の材料も使用されている重量が多い順に表示されているので、添加物が表示欄の前の方にある時はそれほど多く使用されているということになります。
但し、お店で調理している総菜類には表示がないこともあります。また加工段階で使用していても、製品になった際にはほとんど残っていなかったり、効果を発揮しなかったりするほど微量なもの、栄養を強化する目的で用いられたものは表示しなくてもいいことになっています。
とはいえ食品添加物は、その味や保存性を高めるために不可欠なものです。国(厚生労働省)でも厳格な審査を行い身体への安全性を確認しています。「手作り・無添加じゃないと危険」と決めつけず、添加物の使用目的や量を正しく選別して付き合っていきたいものです。

食品アレルギーは今は誰でも発症の可能性がある現代病

食品アレルギーは今は誰でも発症の可能性がある現代病です。
それを防ぐためには小さな頃から安全な食品を選んで食べさせることが大切です。
まず買う前に表示をしっかりと確認してください。
1.化学物質を避ける。
人間の体に害を及ぼすもっとも大きな要因は、化学物質です。
手作りは何が入っているか自分で把握できるので、最も望ましいですがすべて手作りするのは至難の業です。
天然素材のものではない、着色料や保存料を使用しているものをなるべく避けましょう。
2.地産地消を心がける。
産地や加工したところを確認してください。
地産地消が最も望ましいですが、なかなか難しいのも現状です。
国産のものをなるべく選択しましょう。販売者が日本の企業名が表示されていても生産が中国のものも沢山販売しています。
3.鮮度を確認する。
冷凍物や加工食品は加工前の状態では販売できない鮮度の落ちたものを使用している場合もあるのでなるべく避けましょう。
そして自分の目でみずみずしく、美味しそうな食材を選択しましょう。
旬のものも新鮮なものが多いので、旬な食材を選択するのも有効な手です。
たとえば、胡瓜は緑色が濃くつぶつぶがしっかりついているとか、さんまは持ち上げた時に身体があまりしならず、口先が黄色いものなど、知識を身に着けると新鮮なものを見分けることが楽しくなってきますよ。

オーガニック製品が売れる理由

毎日私たちが口にしている食べ物。どうやって、どこから、どんなふうに、どうできた?不思議と疑問を持たずに食べることが多い日常。日本の食品だから安全と、勘違いしている人がものすごく多い。アメリカではパッケージに大きくわかりやすく、NONGMOやORGANIC,100パーセントナチュラルのロゴが見やすく表示されている。今では、オーガニック製品の商品の方が売れてきている。キャンベルスープの大手会社だってORGANICのスープを販売開始している時代。それほどアメリカでは安全!食の安全に興味を持つ人が多いのだ。日本の場合だと1番皆さんが心配しているのは、卵、牛乳ではないか?基本動物から由来する場合、この動物がどんな餌を食べて、どんな場所で育っているかに注目する。ゲージに入った鳥や豚はストレスをたくさん感じた狭い環境で育つ、それを食物連鎖のように我々が食べると、ストレスも一緒に召し上がることになる。その場合、あなたの体には、どんな変化があるのだろう。

食の安全のためには食品の選び方が大切

最近は「食の安全」について考える消費者が増加しているようです。
近年の原発問題・放射線問題などがあるからでしょうか。
家族がいつまでも健康でいられるためにできることをしたい。
そう思ったときに、安全な食品選びは必須なのではと思います。
そこで今はじめられることは、無農薬野菜・有機野菜を販売している市場へ行って、生産者さんと直にお話して、野菜選びをすることです。
体の中に取り入れるものなので、農薬の摂取については考えてしまいますね。
また、朝どりの新鮮な野菜であるということも魅力なのです。
野菜は皮に栄養があるようです。
皮ごと食べるように心がけて、なるべく無農薬のものを選びましょう。

アイスとか100%の濃縮還元のジュースに入ってる成分がまじやばい

アイスとか100%の濃縮還元のジュースに入ってる成分がまじやばいらしい。。。
アイスの方は使われてる甘味料が危ないものらしくて。
すぐに健康被害が出るわけじゃないだろうけど、蓄積してくと。。って考えると恐ろしい。
ジュースも腐らせないように色んな薬剤使ってるみたいで。。。
100%のジュースなんて果物そのまんまじゃん!安全!!!って思って飲んでたのにこの裏切られた感。

まーでも添加剤の話し出したらほとんどの加工食品に入りまくりだから、食べるもの無くなっちゃうよ、って結論になるんだけどね。
でも子どもの健康とか考えると極力危ないものは出したくない。。
でも手作りで無添加のおやつなんてめんどくさすぎ。
コンビニの弁当とかも添加剤もそうだし塩分高いけど利用しちゃうしね。
スーパーの惣菜も便利すぎて。安いし。
でもこの前ポテトサラダ食中毒になったでしょ!?
ポテサラ食中毒とか想像もしなかったから結構衝撃だった。

何が安全なのかわからない世の中になっている。

食品工場では人の手で作業をするからミスをする

食品の安全というのはここ数年ニュースでよく見る内容です。
冷凍餃子に毒物が混入されていたり、菓子パンに針が刺さっていたりと食品の安全が問題視されていると感じます。では何を食べれば安全なんだと疑問になりますが普段通りの食品を買うしかないと思います。
日本の製品は安心ということは世界的に言われていますが、人の手で作業をするのですからミスをすることは稀にあるというのは誰もが想定できることです。もちろんあってはならないことですが。
食品の工場では多くのアルバイトを雇っていると思います。スーパーに並ぶ商品を詰め込んでいく簡単な作業です。
資格は全く必要ありません。経験がない人間でもできるものです。
ヨーグルトや豆腐などの商品は簡単に開けることができてしまいます。言ってみればここで針が刺さっても間近で監視している人はいませんので、店舗の方の検品をスルーしてしまえば購入者まで簡単に届いてしまうのです。
ここをもっと厳しくすると人件費がかかります。緩くすれば異物混入ができてしまいます。
こういう問題は根本的に改善されないと食品安全は安易なものになり続けてしまうと感じています。

安全な食品の選び方は主にどこで作られたかが重要

安全な食品の選び方は主にどこで作られたかが重要になってきます。
どこの国で作られたかで言うとやはり日本で作られたものが一番安全だと思います。
なぜなら美本は昨今ユッケが禁止になるなど特に食に対しては厳しくなってきていつからです。
ここで注意すべき点が食品の原材料と加工場が異なるかどうかという点です。
たとえば外国の原材料を使っていても日本で加工をしていれば日本産になってしまいます。ですので、スーパーなどで食品を買うときは食品の裏に乗っている原材料などをよく目を通すべきだと思います。
国産と表示されていても原材料を確認すると東南アジアの国だったりすることがあるかもしれません。
また逆もしかりです。
日本の肉を外国で調理した場合和牛と表示している外国の会社もよくあります。
日本の場合は原材料が外国なのを隠していますが外国ではかえって日本が原材料の場合逆に日本を売り出すために日本産と表示しています。
そこから見ても日本のほうが需要があることがうかがえます。

食品安全のために地元の食材でごはんを作る

物流の効率化により、私達の食卓には世界中から食品が集まるようになりました。世界の名産はもちろんですが、私達にとって最も身近なのは、冷凍食品などの加工食品でしょう。現地調達の安い食材を現地の安い労働力で加工し日本へ輸出し、それがスーパーを始め、レストランやコンビニなどで提供されます。安くて美味しい食材が世界中から集まる便利な世の中になったのですが、それに伴って食品の安全の問題が生じています。最近で特に大きな問題となったのが、マクドナルドの中国製鶏肉の偽装問題です。マクドナルドがナゲットを調達していた中国の食肉加工会社が、使用期限切れした鶏肉を加工して納品していたこの問題では、マクドナルドだけでなく、コンビニやスーパーにも大きな影響を与えました。このような食品の問題から、私達が食品の安全のためにできる最も簡単な行動は、地元の食材で食卓を構成することです。
地元の食材を使用する利点は、消費者の近くで生産されているから、防腐剤などの添加物が使用されていないことが挙げられます。他にも、地域に口コミで広まりやすいため、偽装や衛生上の問題が生じ難いことが挙げられます。
地元の食材を使用する難点は、食材が偏るためにメニューが限られることです。それに加えて、物価の高い日本で生産された食材であるため、割高なことも挙げられます。
海外の食材に依存するコンビニ、ファーストフードなどでは、主力商品の安全性をホームページで大きく扱うようになり、経営努力する姿が顕著に見られるようになりました。暇な時間を見つけて、食品を扱う会社のホームページをチェックすることで、安全な食材を見分ける眼力を養うことが可能です。
地元の食材を使いながら上手く、輸入食品と付き合いたいものです。

日本は特に食品に添加物を沢山使う国

安全な食品の選び方について紹介します。今の世の中には、様々な食品が出回っています。日本は特に食品に添加物を沢山使う国なのです。特に添加物が多く含まれている食品は、魚のすり身で作られているさつまあげやちくわや蒲鉾などの練り物です。練り物の食品は数多くの添加物が含まれています。練り物の他にも、私達が日常的に食べているパンやお菓子や、スーパーやコンビニなどで売っているお惣菜やお弁当にも沢山の添加物が含まれているんです。添加物は化学物質で作られているものと天然素材で出来ているものの2つがあります。やはり天然素材のもので出来ている添加物のほうが、体に害はありません。でも天然素材で出来ている添加物だとしても、量を沢山取ってしまうと体に影響が出ます。天然素材で出来ている添加物だとしても、あまり食べるべきではありません。安全な食品は、無農薬で作られている野菜や果物や、玄米や大豆や小豆などの穀物や、ナッツ類や海藻類です。こういった植物性の食品を食べることによって、体がアルカリ性になり病気になりづらくなります。お肉やお魚や乳製品や添加物が含まれている食品は、体を酸性化してしまうので、病気になりやすくなってしまうのです。なので植物性の食品を食べることをおすすめします。

日本産の食べ物でも安全とは限らなくなっている

最近、原子力発電所の事件が起こって以来、食品に関して危機を感じている人たちは多いのではないでしょうか?
以前は、アメリカなどでの、遺伝子組み換えや、中国での、いったい何が入っているか分からない食品や、人が食べれないぼどの農薬の使用例などで、外国の食品または、食材に関して疑問をいだいていたタイプです
ところが、最近放射能の事件が起こって以来、日本産も危険を感じるようになってしまいました。
日本の農産物や、食品ほど他の国に比べて安全な物はないと、思っていただけにどれほど残念で、ショックか言葉にならない思いです。
なにげなく、食べていますが、ふとした瞬間に、これは大丈夫かな?っと思ったりします。
わざわざ、外食のときには、産地を公開していて安心できる所に食べに行ったりするほうです。
特に、魚類や、キノコに気をつけるようネットでも上がっているだけにキノコスパゲッテイーなど好きだったのに、最近食べてないし、好きなお寿司も控えめです。
生きていく上で欠かすことが出来ない、食品だけに、安全な物が流通される事を心から願ってやみません。