必ず含まれている食品添加物と上手に付き合うには

Pocket

食品を製造する際に、保存性を高めたり食味や発色、加工性を良くしたりする目的で使用される「食品添加物」。身体への悪影響を懸念する人も少なくないのではないでしょうか。食品添加物と上手に付き合うには、どういった食品添加物が何のために用いられているのかを確認することが重要です。
食品の原材料表示の中で、聞きなれないカタカナ語やアルファベットが混じったものは食品添加物である可能性が高いです(カラギナン、リン酸Na、Kなど)。また、「色」という文字が入っているものも食品添加物に含まれます。添加物も他の材料も使用されている重量が多い順に表示されているので、添加物が表示欄の前の方にある時はそれほど多く使用されているということになります。
但し、お店で調理している総菜類には表示がないこともあります。また加工段階で使用していても、製品になった際にはほとんど残っていなかったり、効果を発揮しなかったりするほど微量なもの、栄養を強化する目的で用いられたものは表示しなくてもいいことになっています。
とはいえ食品添加物は、その味や保存性を高めるために不可欠なものです。国(厚生労働省)でも厳格な審査を行い身体への安全性を確認しています。「手作り・無添加じゃないと危険」と決めつけず、添加物の使用目的や量を正しく選別して付き合っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です