安全な食品の選び方は主にどこで作られたかが重要

Pocket

安全な食品の選び方は主にどこで作られたかが重要になってきます。
どこの国で作られたかで言うとやはり日本で作られたものが一番安全だと思います。
なぜなら美本は昨今ユッケが禁止になるなど特に食に対しては厳しくなってきていつからです。
ここで注意すべき点が食品の原材料と加工場が異なるかどうかという点です。
たとえば外国の原材料を使っていても日本で加工をしていれば日本産になってしまいます。ですので、スーパーなどで食品を買うときは食品の裏に乗っている原材料などをよく目を通すべきだと思います。
国産と表示されていても原材料を確認すると東南アジアの国だったりすることがあるかもしれません。
また逆もしかりです。
日本の肉を外国で調理した場合和牛と表示している外国の会社もよくあります。
日本の場合は原材料が外国なのを隠していますが外国ではかえって日本が原材料の場合逆に日本を売り出すために日本産と表示しています。
そこから見ても日本のほうが需要があることがうかがえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です