ネットショップ開業のためにホームページ作成後にすること

ネットショップを開業

ネットショッピングは1クリックでいつでもどこでも購入できる便利さを背景に利用者も増加しているようですが、最近では実際にネットショップを開業してみようと考えている人も、多くなってきているようです。

開業のためにホームページを作成したあとで、次に問題になるのはショップをどこに出店するのかということではないでしょうか。

①ショッピングモール

ショッピングモールでは、月々に数万円の出店費用がかかります。しかし、テナント料以外にも料金がかかってしまうことがあるのです。まず、通常、独自に用意したサイトの場合は売上から仕入諸経費を引いた金額のすべては利益となるわけですが、、ショッピングモールに出店した場合は、売上金額に対して3~5パーセントの手数料を支払わなければならないのです。

場合によっては、自分が売りたい商品と横並びに表示されてしまうこともあります。

当然、お客様は同じ商品で同じ信用度であれば、価格が安い方の商品を選びますので、販売価格を下げなくてはならない事もでて来るのです。もちろん、ショップの信用が無ければ、販売価格を安くしていたとしても購入してもらうことはで

きません。まずは、信用されるショップにすることも大切です。

☆代表例☆

初期費用や出店プランなど気になるコストをシュミレーション!【楽天市場】出店案内はこちら

②アフィリエイト

アフィリエイトサービスプロバイダというのは、ショップに商品の販売を促進してもらう為の仲介業者の事だと考えれば分かりやすいと思います。

このアフィリエイトサービスプロバイダに登録することにより、お客様に商品をより詳しく知ってもらうことができるのです。具体的に説明すると、まずご自分のショップで取り扱っている商品の広告を、アフィリエイトサービスプロバイダに提供します。そうすると、その商品を紹介しようと考えた人が、アフィリエイトサービスプロバイダとの契約で自身のサイトにその広告を掲載します。そして、その広告を閲覧した一般のネットユーザーが、その広告をクリックして、あなたのショッ

プから商品を購入したとします。その結果、その広告を掲載してくれた人へ、商品代金の何パーセント分かの料金がアフィリエイトサービスプロバイダを通して支払われます。

☆代表例☆

スマートフォン・PCに対応したアフィリエイトのA8.net

③ドロップシッピング

実際の商品の在庫を持たないで商品を販売することができるという、ネットショップの経営方法のひとつなのです。

商品の仕入れ費用や在庫の保管場所も在庫無しで取り引きができるのですから必要はありませんし、商品の発送をする手間や仕入れや在庫の管理も省略することができるのです。

これは少し考えてみただけでも、かなり手軽であることが分かります。そんなドロップシッピングのしくみですが、まず、ドロップシッピングとは、英語で直送という意味になります。つまり具体的に説明すると、まずネットショップがお客様からの注文を受注したら、それを商品メーカーに連絡をします。そして商品メーカーが直接商品をお客様に発送するというシステムなのです。

☆代表例☆

もしもドロップシッピング

ネットショップのメリットと運営時の注意点

現在ではネットショップも本当に沢山あります!実際に買われたことがある人がほとんどではないでしょうか?

それほどに競争率が高い事を意味しています!特にネットショップで購入される人の立場で考えた時に…

数多くの製品の中から選べて、しかも実店舗よりも安い値段で手に入れることが可能といったことが上げられるかと思います。

やはり大手でいうとAmazon、楽天、yahooなどですが主な利点として

・わざわざお店に足を運ぶ必要が無いので空いた時間で買える

・すぐに届く

・商品が豊富で売切れという事態はない

・お店では無いような変わった商品が手に入る

・商品のクオリティ・口コミ・金額を瞬時に比較できる(最良の選択ができる)

などがあげられますが、どれも工夫次第で解決できる問題でしょう!

しかし欠点もあり、写真のみで実際の商品は見れないので、イメージと違ったり、靴の場合はサイズが合わなかったり、店員さんとのコミュニケーションもないので掲載されている情報でしか判断できませんし、人間らしさもありません!

ネットショップ自体が飽和状態の感じがありますので、いまからの時代は人間らしさを武器にサービスを向上させることが求められるでしょう!特にコミュニケーションという形です。

ネットショップ運営の注意点

☆入金されても品物を送らない

☆品物の中味が違う(新品でなく中古、型番相違)

☆壊れているなど

☆口コミで作為のコメントを投稿する(複数のコメントでも)

これらは悪質な部類ですが、信頼を失墜させる原因になります。

そのほかにあって便利(必要)な機能

①SSLなどの暗号

②信頼性のあるサイトと思わせること

③個人情報を安易に扱わないショップである

④クレジットカードが利用できる

⑤カード明細は細かい部分までしっかりと記載する

特に現在の傾向としてお客様はセキュリティや個人情報に敏感ですので、この五つは昔と違い今のネットショップでは必要不可欠なことです。

詳しい集客術はこちら

以上を注意して開店してみましょう!

良いネットショップと悪いネットショップの違い

良いネットショップと悪いネットショップの違い

ネットショッピングをする際に実際の店舗でもそうですが「お客様を大切にするショップ」と儲けることばかりを考えてお客様目線ではない不親切なショップでは売り上げは大きく異なります!

①商品を購入する前に、商品に関する質問メールを直接きた場合、そのショップが親切なのか不親切なのか直ぐに分かります。 商品の基礎知識が全く無いという事で「こんな事も知らないのか?」とショップが思うほどの基礎的な質問をすると対応の違いが明らかに異なります。 事細かに説明するショップと面倒くささが丸見えのショップに分かれるでしょう!

お客様は色々な事に敏感でありますので常に注意は必要です。

②そのショップのホームページにも見分け方が隠されています。 決してデザインの良さではなく、会社概要が住所まで細かく掲載されていたり、店主の写真があるショップは良いです。商品に対しての責任感が伺えます。そして送料や配達日数、返品方法が分かりやすい所に掲載されて いることも大切です!これらは商品が陽であるのに対して陰の部分でありますからあまり表に出したくないものです。さらけ出すことを心がけましょう!

③口コミが投稿されている商品も中で嘘の口コミはやめましょう!これは評価☆も同様です!最近の傾向として口コミ・評価はスルーされる可能性が高くなってきています!

④最後は安心さを見極めるポイントです。 最近はクレジットカードを利用した詐欺が多発していたり、セキュリティや個人情報の問題が後を絶ちません!これからのショップに問われること は「ネットショップの個人情報を適切に管理しているのか?」で す。

いくらSSL(通信の暗号化)やデジタル証明書といった技術を使っていて も、管理するのはやはり人なのです。 ネットショップ運営会社のオーナーや社員のモラルが低く、個人情報を適切に管理していなかったために 情報漏洩した場合、何に悪用されても不思議ではありません。 力を入れている会社は「プライバシーマーク」を取得しています。 プライバシーマークは、個人情報の取り扱いを適切に行っている事業者を、第 三者機関が評価・認定し、その証としてプライバシーマークと称するロゴ の使用を許諾する制度です。

会社により、個人情報保護方針、プライバシーポリシーなど呼び方は様々 ですが、ネットショップの画面のどこかで個人情報保護にキチンと取り 組んでいることを宣言していないお店は、たとえ名の通った会社であって も「お客様に安心してもらうことに力を入れてい ない会社」と判断されてしまいます。

以上を是非参考にしてよりよいネットショップを作っていきましょう!

ネットショップの買い方について考えてみました

これから景気も回復傾向で消費税の増税などのニュースもありますので、個人の消費意欲も高くなるかと思います。そこでネットショップの買い方について考えてみました。最近、ネットショップで買った品物は、色々ありますが野菜ジュースとか電池の充電式タイプのものを購入しました。我が家の家電製品は殆どがネットショップで購入したものばかりです。

ネット専門で価格を比較するようなサイトであったり、検索すれば価格の最安値がわかるシステムが備わっているネットの方が早く安いものが見つかりますし、へたをすると一般の大型店の商品より2割から3割、ときには5割安い、なんてことがあります。 大型安売り店でも人によれば、“大型家電製品展示場”位にしか思っていません。移動の交通費も考えて、重量物は持ち帰らないといけないと考えるだけでもリスクはありますが、セールなどで一気に価格が安くなっている場合もあるので、下調べをこちらで行って、そして、比較しながら最後はネットで購入するようにするのがこれからはベストな買い方ではないでしょうか?

ネットショップ開店に最低限必要な5ステップ

ステップ1:ホームページで土台づくり

とりあえず、ホームページスペースをレンタルしてみましょう。

レンタルサーバーには無料と有料があります。

無料の場合は自サイト内にサーバー指定の広告が入ります。また、更新を怠るとアカウントを削除される恐れがあります。有料の場合は広告は入らず、ドメインやオプションのショッピングカート、メールアカウントをサーバー代だけで借りれるところもあります。どちらがお得かという判断は皆様の判断にお任せします。

ステップ2:仕入先を探す

ネットショップを始めたいけど始められない理由に「損をするのは嫌」「在庫を抱えるのが怖い」というのがありますよね。特に在庫の面で悩みました。倉庫でもあれば別ですが、生活スペースに在庫の山なんて姿を想像すると、やっぱり躊躇してしまいます。いきなり商品を仕入れるのではなく、アフィリエイトを利用してネットショップを作ってみましょう。

ステップ3:商材選び

どんな商材を扱うかによってサイトの作り方が違ってきます。やみくもに、あれもこれもと商材を取り扱っても、あなたのサイトに来たお客様は迷ってしまいます。何を売りたいのかをハッキリとアピールする事が大切です。もし迷う場合は、まずはあなたの得意分野から始めてみましょう。

ステップ4:サイトデザインで勝負

サイトを作る上での第一の壁は、間違いなくサイトデザインを考える時でしょう。やはりサイトは実店舗でいう玄関のようなもので、中をゆっくり見てもらえるデザインを考えるのは簡単ではありません。合わせてSEO対策もできればOKです

ステップ5 ホームページを公開して晴れて開業

もしホームページ作成で迷っているならこちら

安心して購入でき、しかも十分安く買えるBUYMAはおすすめ

円高差益を活かしやすいのが価格の高いブランド品。直営店が日本にあっても価格はかなり高めに設定されており、たとえば海外直営店で598ドルで売られている商品が、日本では9万9750円とほぼ2倍の価格付けがなされている。BUYMAは海外バイヤーが直営店で直接買い付けて、日本に送付するというシステムで、手数料を支払ってもまだ国内直営店で購入するよりも安く買える。バイヤーによって手数料などが異なるので、まず商品を選んだら、つぎにバイヤーも選んで、価格や条件を確認して購入を依頼する。

バイヤーが海外の直営店などで購入し、日本に送付するサービスで、手数料を払っても日本の直営店で購入するよりも安い。多くのバイヤーでは購入時のレシートや購入証明を添付できるので、それがあれば故障などをした際にも日本直営店での修理を受けることも可能だ(ブランドにより対応は異なる)。海外発送なので納期は1~2週間くらいかかることが多いが、なかには日本に在庫をもつ業者もあり、この場合は中2日程度で入手できることもある。またブランド品にありがちなコピー商品のリスクも、鑑定サービスを実施しており、鑑定の結果、届いた商品が本物と認められなかった場合はBUYMAが購入代金を全額返金する。安心して購入でき、しかも十分安く買えるBUYMAはおすすめだ。

ネットショップでは主に絶対失敗しないものだけを購入

ここ数年で急速に普及したネットショップ。クリックだけで簡単に注文、支払はカード決済だったり代引きだったりでとっても便利なので私も大変お世話になりました。でも買って後悔した物も時にはあって…。それは食品やファッション関係。食品は写真と実物がちょっと違いませんか?ってのがあったし衣類なんかはサイズが合わなかったり(しょうがないけど)やっぱり実際手に取らないと素材の感じとかも分からないものなので。安い、だけでは選べない!そんなわけで最近はネットショップでは主に絶対失敗しないものだけを購入するようにしています。定期的に購入する物はコンタクトレンズ。これは度数だけ把握していれば失敗がないので、安いし本当に助かります。つまり販売する側とすればお客様にとって分かりにくものを販売するときは詳細な説明が求められることになります。ポイントを押さえて商品を販売していきましょう!

パソコンがあれば世界中どこでも買い物ができる

最近はまっている事は、ネットショッピングです。こんなに何でも買うことができて、見れば見るほど、商品が出てくる。コンピューターさえあれば、世界中のお店で、世界中から、簡単にお買いものができてしまう。そんな魔法みたいな技あり、ネットショッピングです。

さらにさらに、もう一つの特徴は、なんと言っても安すぎる価格です!!安い上に、クレジットカードでいとも簡単に商品を買えてしまう。欲しくなくても見てしまうし、必要がなくても買ってしまう。ネットショッピングは、かなりの魅力の持ち主です。カードの使い過ぎには注意ですが…これからもほどほどにお買いものしていきたいです。では街にある実店舗を構えているお店はどんな状況なのでしょうか→ショールーミング化

ネットショップでは期間限定で付与されるポイント

あるネットショップでは期間限定で付与されるポイントが100倍近くになることがあります。通常は1000円の商品購入で5ポイント程度しか付与されないのが500ポイントにもなるので、半額で購入できるのと同じなのです。ただし、これには条件があって付与されてから1週間でポイントを使用して商品を購入しないと失効してしまうのです。ネットショップ側としては新たにショッピングをしてもらえるので、多めにポイントを付与しても大損にはなりません。ネットショップそして利用客の両方が得をする上手い仕組みですし、人気商品はすぐに売り切れてしまうので集客効果が高いポイントキャンペーンです。

○○に住んでる人は別途送料がかかります

先日ネットショップで買い物をしました。

洋服を買うときにはランキングを見て参考にしています。

そして自分好みの服があったので注文しました。

注文した後に、もしかしたら送料がかかるかもしれないと不安になりました。

その商品は商品名のところにメール便送料無料と書かれていたのです。

ショップの注意事項のところに○○と○○に住んでる人は別途送料がかかりますと書いてありました。

ドキドキしながらショップの返信メールを待ってました。

返信メールの結果、送料はかからないようで安心しました。

ちょっと書き方を変えてくれたら相手にも伝わりやすいのにっと感じました。