くすりを服用することはリスク

体調がすぐれないときにお医者さんで処方してもらい薬局で薬をもらったり、薬局や薬店で薬を買ったりして、服用し、体調を整えることがあります。
人や動物には、自然治癒力といわれるものが備わっています。病気になったり、けがをしたりした時でも、程度によっては備わった力で治そうとする力のことです。薬はその力を補うことで治す力を高める為に使われるように設計されたものです。
薬を飲んでも効かないからといって多く飲んだりすると、副作用や中毒といった思わぬ症状を引き起こすことがあります。また、薬によっては、症状がよくなっても決まった量を飲まないと、病気が再発したり、しっかり治らなかったりすることもあります。そうならないためにも、薬をもらう際には説明どおりに飲むことや買ったりして飲む際には、添付文章という説明書をよく読んで飲むようにしましょう。
くすりを服用することはリスク」ということも頭の隅に置いておくと良いかもしれません。