個人病院から大きな病院へ紹介されるケース

Pocket

昔は病気になると、行きつけの個人病院にかかって、それでも治らない場合、大きな病院にかかり、治していくのが一般的な認識だったと思います。いつの間にかその認識は変わってきているようです。もちろん最初は個人病院にかかり、そのまま治るのでしたらそれでいいのですが、治らない場合は紹介状を書いてもらい、大きな病院へかかり、回復のめどが立ったり、病状が安定してきたら個人病院へ再び紹介されるケースが増えてきたそうです。最初に大きな病院へかかった場合も、病状が安定してきたら個人病院へ紹介状を持っていくようになっているようです。いわゆる町医者というのは、昔はある程度の病状を把握してくれている存在で、悩み相談や雑談を交わしたり出来る身近な存在でした。今はそこまで患者とのコミュニケーションを取っている個人病院は少ないようです。もちろん、昔ながらの方法で経営している個人病院もあるでしょう。大きな検査などは大きな病院へ任せ、アフターケアは個人病院へ回すというシステムが確立しつつあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です