市販の風邪薬は複数の症状に対応できていない

Pocket

薬について考えてみます。今の時期ですと思いつくのは風邪薬です。風邪薬と言っても様々な症状に合わせて作られています。発熱、咳、鼻水などの総合的な風邪薬、発熱に効果のある風邪薬、せきや痰に効果のある風邪薬、鼻水や鼻づまりに効果のある風邪薬と症状に合わせて飲むようになっています。しかし総合風邪薬ですと、それぞれの症状に対する作用はあまり強いとは言えません。そこで困るのが咳と鼻水の症状がある場合です。だいたいの風邪薬は咳からくる症状、鼻からくる症状などというように分けられています。どちらもある場合はどちらか症状の強い方を選択するしかありません。病院に行ってもやはり処方される薬は数種類あり、咳の症状と鼻水の症状で違う薬になっています。市販の風邪薬の場合併用できないので、やはり病院で処方された風邪薬よりも効き目が薄いと思われがちになります。症状が一つの場合ですと市販薬でも効果があるのですが、様々な症状がある場合にはやはり病院に行ったほうが治りは早いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です