ストレスを抑える加味逍遥散という漢方薬

Pocket

人間は生活する上で、必ずストレスを受けます。仕事をするにしても、対人関係にしてもストレスを避けることは非常に困難です。そのストレスを抑えることのできる漢方薬は現実に存在するのです。
その漢方薬は「加味(かみ)逍遥散(しょうようさん)」です。この薬は、イライラや疲れ、だるいときに服用します。また肩こりにも効くそうです。
あとは、妊娠中、出産後、更年期で精神的に不安定な女性の方にも、加味逍遙散を服用することがとても良いようです。これらの理由から、婦人科の三大漢方薬のひとつでもあります。
また、更年期の女性の方が、この漢方薬を服用することが多いとされています。つまり更年期障害の患者さんにとっては、非常に頼りになる薬なのです。あとは、女性の方が自律神経失調を患ったときに服用することがあるみたいです。
最後に「逍遥」という言葉は、「自由気ままに」という意味が込められているようなので、そういう意味で、この言葉が漢方名になったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です