自分で決めた薬局へ処方せんを持っていこう

Pocket

病院で薬剤師から薬をもらう形から、処方せんをもらって薬局で薬剤師から薬をもらう形が進み、現在全国で約5万以上の薬局があるそうです。
処方せんを持っていくと、どの薬局でも薬をもらうことが出来ますが、複数の病気にかかり各々のお医者さんで受診する際、体の中で同じ作用をする薬が処方されることがあります。同じ薬を多く服用すると、病気が治らないことや、思わぬ症状でより苦しい思いをすることもあるようです。そこで、自分で決めた薬局へ処方せんを持っていくことにより、服用している薬の確認や相性の悪い薬の服用の防止・管理をしてもらうことで、安全に薬を服用することができるようになります。
自分で決めた顔なじみの薬局、それがかかりつけ薬局です。
かかりつけ薬局では、上記のほかに日常生活で様々な薬との付き合い方に関する相談にのってもらえたりします。
また、寝たきりになった場合、在宅での薬の飲み方の指導管理もしてもらえる場合があるので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です