ジェネリック医薬品の有効成分は同じだが添加剤が異なる

Pocket

「ジェネリック医薬品に変更してもよろしいですか?」薬局などで、このように尋ねられたことのある方は多いと思います。ジェネリック医薬品は、先発品と効き目が同じで特許が切れてから作ったため安いお薬ですとの説明を聞いたことがあるかもしれません。では、デメリットはないのでしょうか?そのことについて考えてみたいと思います。
 先発品とジェネリック医薬品は、有効成分は同じですが、添加剤が異なる場合があります。なので、色や形、味や香りが異なることがあります。効き目についてはどうでしょう?確かに、統計的には有効性が同等であることが示されています。しかし、すべての人に対して全く同等の薬効を保障するものではありません。大体の場合は同じですが、ひとによっては効きが悪いと感じたり、あるいは逆に良いと感じたりすることがあります。また、先発品からジェネリックに変えたことでアレルギーが出るということも考えられます。他には、「安い薬は効き目が悪い」などのプラセボ効果も考慮する必要があるかもしれません。
 以上をまとめると、薬の効き方は個人差や相性があるので、一概にどちらがいいとは言い切れません。先発品と「同じもの」ではないと知っていただければと思います。もしジェネリックに変えてから違和感を覚えたりされたなら、遠慮なく医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です