「カラオケの語源は空のオーケストラという意味」タグアーカイブ

カラオケの語源は空のオーケストラという意味

カラオケは、日本で発明されたもののひとつです。今では世界中で「カラオケ」が単語として通用するくらいにまで広がりを見せています。
カラオケの語源は、「空(から)」の「オーケストラ」という意味の音楽業界での用語です。
「歌声が入っていない伴奏だけ、練習しよう」ということを「空(から)オケでやろう」と言う意味合いがあったようです。
カラオケの始まりは、あるラジオ番組の「歌の無い歌謡曲」のようです。ラジオで流される音楽は、プロ用に演奏されたもので、一般人が歌うようには作られておらず、BGMとしての意味合いがありました。
酒場などで硬貨を入れることにより軽音楽を主に流すことのできるジュークボックスがあった1970年代から現在のようなカラオケの歴史は始まります。そのジュークボックスから流れる音楽にマイクをつないで歌い、歌声を音楽と合わせられるように機械を発明されてから、様々な技術の進化の流れにうまく乗るように現在の形へと進化していったようです。