カラオケの料金体系でルーム代というプラン

カラオケってプラン的に一人いくらで入るところが多いと思います。
しかし、人数が増えるだけ限られた時間で歌える曲数が減って行きます。
いつも同じ金額を払っているのに、4人のときは2人で行ったときの半分しか歌えません。
ところが最近新しいプランのお店もあります。
そこはルーム代というプランで何人で行っても金額が同じなのです。
だから2人で割り勘したら半額になります。
4人で割り勘したら75パーセントオフです。
これなら歌った分だけお金を払っているようなものなので納得です。
全国のカラオケ屋さんもこのプランを適応すればいいのにと思います。
その店を知ってからは他の店には行っていません。
カラオケは音響や施設の清潔さ、サービスなんかも大切ですが、私が思うに一番はプランだと思います。
そのお店のまねをして同じプランをしていたお店が最近また一人いくらのプランにしたのですが、お客さんが減ったようにも見えます。
プランって大切だなとおもいました。

まるで闇鍋のようなカラオケだから「闇カラ」

カラオケが好きでよく行くんだけど、大体いつも同じレパートリーという人達も多いと思います。同じメンバーでカラオケしているとマンネリ化してきてしまうんですよね。
そんな時に試して欲しいのが「闇カラ」。
曲を入力する順番を決めたら、一人ずつ適当な番号でリモコンに入力していきます。どんな曲が出てくるかは運次第。まるで闇鍋のようなカラオケだから「闇カラ」です。
知らない曲を無理やり歌わないといけないので最初は戸惑いますが、慣れてくるとこれが意外と面白いんです。
特に狙い目は演歌。メロディーが分かりやすいのでさらっと聞きながらとりあえず1番を乗り切れば2番以降はかなり上手に歌えます。
逆に大変なのはポップス系。メロディーが複雑だからなかなか音程をつかめなくて苦戦します。最後まで歌い切れずに「もう許して~!」と脱落する人もいるかもしれません。
歌う方は必死でギャラリーは大笑い。そんなスリリングな「闇カラ」でマンネリ化したカラオケライフを楽しんでみませんか?

フリカラ(振り付けカラオケ)

フリカラ(振り付けカラオケ)とは、その名の通り、本人映像を見ながら、楽しく振り付けを出来るサービスです。2012年から株式会社第一興商からのLIVE DAMよりフリカラ開始されたそうなので、登録曲はまだ少ないですが、きゃりーぱみゅぱみゅ・E-girls・Prizmmy・KARAなど、本人達が登場する映像を見ながら練習することが可能です。そして、ミュージックビデオでも見られなかった振り付けの映像を見ながら、正面や横、ボーカルへの寄りなど色々なアングルからの振り付けを楽しめます。また早送りや巻き戻しが可能なので、マスターするまで練習が出来て、振り付けのポイントをアドバイスしてくれます。結婚式や歓送迎会での余興に歌やダンスといったものを披露するのに準備などで大変です。またやるからには完璧にという方にもいると思うので、このフリカラを使っての練習をするには最適だと思います。また、このフリカラを使用したい方は、株式会社第一興商さんのLIVE DAMが導入されているか確認された方がよいと思います。

カラオケ店舗以外で、カラオケを楽しむ方法

カラオケは好きだけど、お金がない、一人で行くのは恥ずかしい。カラオケ店舗に行かずに、カラオケを楽しみたい方もいらっしゃると思います。
カラオケ店舗以外で、カラオケを楽しむ方法を二つご紹介します。
1、外出時にカラオケを楽しむ方法。
外出した時、近くにカラオケ店がない、また、一人では入りにくい場合、今はネットカフェでカラオケができます。ヒトカラブースもあるので一人でも気軽に入れます。
カラオケ店もネットカフェもない、あまり人がいない場所や、友達の家などでカラオケをしたい時には、採点機能はありませんが、スマートフォンのアプリでカラオケができるものもあるので探して、好きな曲を歌って楽しむ事が出来ます。
2、家でカラオケを楽しむ方法。
家でカラオケを楽しみたい場合には、有料ならば、ゲーム機やパソコンでマイクを購入して本格的なカラオケを楽しむ事も出来ます。一軒家で家族みんながカラオケ好きなら良いのではないでしょうか。
採点機能なしで歌詞が出てくるものは、パソコンのサイトで幾つかあるので、検索して楽しむ事ができます。

カラオケは歌うだけでなく交流も深めれる

カラオケ店もちろん歌を歌うことでのストレス発散もありますが、なによりそこでの食事つまり女子会のために利用する方法も視野に入れておきましょう。誰かが歌を歌ってるとき、じっくり聞くのもいいですが、フリータイムで3、4時間聞いているとさすがに飽きますし、だからといって無視してほかの話にふけるのも歌っている人にもちょっとという感じですよね。そんな時に盛り上がれるのってやっぱり食べ物やちょっと変わったおいしいたべものです。最近ではそのお店独自のスイーツや、可愛い飲み物を注文できる店もありますよね。喫茶店では人も大勢いますし、プライベートの話が気軽にできます。また、誕生日パーティーを友達が主催してくれた時、お店の方のサービスがとてもよくて、サプライズがうれしかったです。なので、いろいろなお祝いに音楽と食事で盛り上がれるカラオケはおすすめです。ボイストレーニング、ストレス発散もできます。

カラオケで歌う曲に「縛り」をつけるという新しい楽しみ方

最近は「ヒトカラ」と呼ばれる楽しみ方があります。
一人で行くカラオケのことで、誰にも聞かれず自分の気が済むまで歌えるというのが利点ですね。
練習したいとき、ノンストップで歌い続けていたいとき、時間を気にせず歌っていたいときにはすごく良いと思います。

慣れた友達とカラオケに行くとき、いつもの感じだと物足りないと感じるときにおすすめしたいのは「縛り」をつけるという楽しみ方。これが意外と難しいのです!
例えば
・一人の歌手の曲に限定して、その歌手の曲しか歌わない
・「○○」という文字がタイトルに付く曲しか歌わない
・歌詞に英語が使われてない曲しか歌わない
こういった「縛り」を付けることでゲーム性が出てくるので、これに罰ゲームなど付けてみると本気度が増して盛り上がる事ができますね!

あとは定番のタンバリンやマラカス。
結構音が大きいのでうるさいと感じる人と一緒に行くと出来ないのですが、これが使える人と行った時には利用しましょう。
女性の方は振りながら音を鳴らすことで二の腕が細くなるという美味しい点も逃せません。これを考えると別の角度からも楽しめ、ついつい振りすぎてしまう…なんていう方も出てきてしまうかもしれませんね。

のどの不調には「のどあめ」と「温かい飲み物」がおすすめ

寒い冬は乾燥するから、のどを痛めやすいですよね。突然のどの調子が悪くなる、そんな時は、手軽に持ち運びができる「のどあめ」と「温かい飲み物」がおすすめです。「のどあめ」は、カバンの中に2~3個入れておけば、ちょっとのどがイガイガするなあという時、すぐにお口に入れれば調子が良くなりますよ。特にはちみつが入っているあめなら、のどにも優しく、気持もほっこりします。お友達と一緒に外出している時には、のどあめをひとつ、お友達にもちょっとおすそわけしてみては?結構、喜ばれますよ。お出かけ前に時間があれば、温かい飲み物を準備してみませんか。保温が効く水筒に温かい飲み物を入れて持ち運ぶのは荷物が重くなってかさばるかもしれませんが、こまめに水分補給もできますし、のどの乾燥を防ぐことができます。殺菌作用がある緑茶がオススメです。面倒だな~と思うときは、コンビニでペットボトルに入った温かいドリンクを購入するものいいですよね。その他のどに優しい食べ物&のみもの紹介 しています。

カラオケとはカラ(空)のオーケストラを略したもの

ストレス解消にもってこいのカラオケ。友達同士や職場仲間とで、皆さんも一度は行ったことがあるのではないでしょうか。「カラオケ」という名前の由来ですが、曲に歌手の声が入っていないという意味で、“カラ(空)のオーケストラ”を略したものとされています。現在、カラオケは海外でも同じ名前で親しまれており、世界中に各段に人気を広めてきています。海外旅行に行ったことがある方の中には、旅行先の国で「KARAOKE」という看板を見つけた方もいるのではないでしょうか?ただ、その形は国によって大きく異なります。たとえばメキシコ。メキシコで一般的なカラオケといえば、バーのような空間に、大きなTVが設置され、歌いたい客が勝手に歌いだす…それに合わせて周りも一緒に盛り上がる…といったもの。日本のような綺麗な個室はもちろんありません。踊りが大好きなメキシコ人には、この大衆スタイルが大ウケなんですね。国が違えばカラオケも変わる。異国でも愛されている「KARAOKE」、日本人として誇りが高いですね。

カラオケに行っても、円満に歌わずに乗り切る方法

カラオケに行くのはいいけど、歌うのは恥ずかしいから嫌。そんな方は少なくはないと思います。いっそ行かなければいいのですが、カラオケって付き合いでついて行かないといけないこともあり、困りますよね。
ついて行ったら行ったで、歌うことを強要されたり。
断ると、不機嫌になったりする人もいるでしょう。

カラオケに行っても、円満に歌わずに乗り切る方法はいくつかあります。
まずは、仮病を使うこと。ちょっと喉の調子が悪くて聞く担当にさせて欲しい、とでも言えば、強要されることもないでしょう。
ただ、これは同じ相手に何度もは使えません。
正直に歌うことが苦手と言うのもありです。一瞬、強要されるでしょうが、強要されたら、相手の歌うのを聞くのが好きだと言ってしまうのです。相手も悪い気はしませんから、強要されることもなくなるかもしれません。
それでもダメなら、盛り上げ役に徹すること!歌えなんて言われないくらい、手拍子をして相手の気分を盛り上げたり、タンバリンやマラカスがあるなら、それで大騒ぎをしましょう。
それなら、つまらなそうにも見えないので、わざわざ歌えと言われることもないでしょう。

歴史と共に音楽の利用方法の変化

音楽の保存方法といえばカセットテープ位しかありませんでした。モノラル録音・ステレオ録音とありましたが、ラジカセを利用してステレオ録音で音楽専用のカセットテープに録音することが当たり前。音楽の中でも、ロック専用、クラシック専用等のテープやメタルテープ等と言うものも発売されていました。レコードを購入すると、レコードが傷つくのを防ぐ為にまず46分のカセットテープに録音し、それを聴いてるという時代もあります。友人との音楽の貸し借りも全部カセットテープを利用した記憶が懐かしいです。
時代は変わり、ラジカセやカセットテープを挿入するカーステレオは殆ど姿を消してしまいました。
CDやMDからデータ保存へと、どんどん進化して行っています。聴き方もどこでも音楽を楽しめるように様々。たまには落ち着いてレコード針をレコードに落として音楽を聴くというだけでなく、雰囲気を楽しむのも良いかもしれません。

カラオケは老若男女が楽しめる娯楽として不動の地位にあります。飲み会の二次会や仲の良い友達、そしてヒトカラも人気です。カラオケは日本の文化であり、これからも発展してほしいです!そんなカラオケファン大集合!カラオケや音楽など色々な情報を提供していきます。