「未分類」カテゴリーアーカイブ

カラオケの語源は空のオーケストラという意味

カラオケは、日本で発明されたもののひとつです。今では世界中で「カラオケ」が単語として通用するくらいにまで広がりを見せています。
カラオケの語源は、「空(から)」の「オーケストラ」という意味の音楽業界での用語です。
「歌声が入っていない伴奏だけ、練習しよう」ということを「空(から)オケでやろう」と言う意味合いがあったようです。
カラオケの始まりは、あるラジオ番組の「歌の無い歌謡曲」のようです。ラジオで流される音楽は、プロ用に演奏されたもので、一般人が歌うようには作られておらず、BGMとしての意味合いがありました。
酒場などで硬貨を入れることにより軽音楽を主に流すことのできるジュークボックスがあった1970年代から現在のようなカラオケの歴史は始まります。そのジュークボックスから流れる音楽にマイクをつないで歌い、歌声を音楽と合わせられるように機械を発明されてから、様々な技術の進化の流れにうまく乗るように現在の形へと進化していったようです。

歌唱力に自信のない人に勇気を与えるアプリ

若い頃は毎日のようにカラオケに行っていたという人も多いでしょう。しかし社会人となると行ける機会も減って声が全く出ないという悲しさに直面したことはありませんか?普段仕事で大きな声を出すわけでもないので、どこから声を出していいのかがわからない。

カラオケに行くとわかっていたら家で発声練習でもすれば多少違うかもしれない。若い頃は、気ごころの知れた仲間とストレス発散目的で行っていたので、上手く歌わなきゃというようなプレッシャーはなかった。しかし、でも会社等の付き合いで誘われることの方が多くなってしまいます。まだ、仲の良い数人でとかならまだしも..ほとんど話したこともない人の前でいきなり歌唱力を披露しなくてはならないのは嫌ですよね。そこで、誘われそうだなと感づいたときに家で練習する効果的な方法を考えてみた。さすがにそんなに大声で熱唱していたらご近所に聞かれていたら恥ずかしい。スマホのカラオケアプリはどうだろうと思って試してみたら..意外と楽しかった。イヤホンも使用でき、自分の声がマイクのエコーがかかって上手く聞こえる。歌唱力に自信のない人に勇気を与えるアプリでありますので、探してみては。

何人ですか?ときかれたとき、一人です。と言う勇気がない

最近は「ヒトカラ」とか言って、ひとりでカラオケに行く人もいるらしいと聞きました。

昭和の時代に青春時代を送ったような人間だとなかなか一人でカラオケに行くなんて、ちょっと想像がつきません。

カラオケといえば、会社の忘年会のあと、大勢でくりだしていって、上司が部下のOLと、「銀座の鯉の物語」や「3年目の浮気」などを歌う、というイメージがしみついているからです。

だから、最初一人でカラオケ!?とびっくりしたのですが、例えば難易度の高い曲を歌ってまわりをあっと言わせたいとき、ひそかに練習するのにいいかも知れないなあ~、と少し考えを改めました。

でも思っただけで、実行は出来ないと思います。何人ですか?ときかれたとき、一人です。と言う勇気がないかも知れません。最近の若い人は、大学などで、一緒に昼食をとる人がいないと、恥ずかしいと言って、トイレの個室でお弁当を食べる、などという信じがたい話をきくこともあるのに、カラオケは一人で行けるのですね。なんだか不思議です。

カラオケは伴奏のみの音楽に合わせて歌う機械です

カラオケは伴奏のみの音楽に合わせて歌うこと、そしてその機械のことを言う。現在では娯楽の一つとなっており、全国各地にカラオケを楽しむことができるお店が存在する。
カラオケは一人から大人数まで楽しむことができ、特に一人でカラオケをすることを「ヒトカラ」と言う。2000年代中頃から使われ始め、最近では一人カラオケの専門店ができるようになった。自由に一人で歌いたい、カラオケに一緒に行く友達などがいない、ストレス発散、といった理由で一人カラオケに行くことがあるようだ。
一人カラオケの専門店の中には、プロの歌手のレコーディングのような設備が整っているところもある。高音質のヘッドホンや、コンデンサーマイク、音楽や歌っている声の雰囲気を自由に調整することのできるミキサーがある。また、歌っている人の邪魔にならないようにカラオケの退出時間をインターホンではなく、カラオケ画面の下に表示するといった配慮がなされているところもある。

カラオケ店で飲みながらダラダラおしゃべりにはちょうど良い

カラオケは曜日や時間帯にもよるけどフリータイムで2,000円台のところをよく利用します。だいたいは飲み会の流れで2次会や3次会で行く事が多いけど、女子会や会社の人達とあまり周囲に聞かれたく話があるときは一次会からいきなりカラオケに行く事もあります。
ドリンクやフードメニューも種類も豊富だし、デザートまであるので料理をシェアしたり、それぞれ好きな物を注文したり、普通に食事してお酒飲んで2次会、3次会まで行くとかなりの出費になるのでトータルではかなり安くおさえられて助かります。
アルコール類や料理の質はあまり高級感はないけど、ちょっと飲みながらダラダラおしゃべりにはちょうど良いと思います。
終電を逃して朝までソファで寝る事も出来るし、女性一人でも利用しやすいと思います。
飲み会の途中で帰りたい時も女性一人残して帰るのはちょっと気が引けますが、カラオケだったら安心なのでそれぞれ好きな時間に解散出来ます。

音痴にとってカラオケは鬼門です

音痴にとってカラオケは鬼門です。
キャバクラやスナックのカラオケも鬼門ですが、超鬼門はカラオケボックスです。
それは、そうですよね。歌う場所ですもん・・。

自分の順番が来た時に、断るのも申し訳無いと考え、マイクを手に取り歌い始めるわけですが、入りももたつき、途中もグダグダになり、周囲も微妙な空気に・・。
どれだけ普段勉強ができようが、仕事ができようが、スポーツができようが、音痴とバレた瞬間の気まずさってありますよね。

周囲の皆さま方も、笑うのも、指摘するのも・・な空気。本人も、皆さんごめんなさいなオーラで曲が終わるまで意味不明な旋律で、何かの音を発し続ける。
鬼門というより地獄でしょう。

が、この回避策を先日見つけました!!
無茶苦茶単純なのですが、ようは、最初っから宣言しておけばいいだけですよね。
史上稀に見る音痴であり、自分以上の音痴に会ったことも見たことも無いとか、適当にハードルを下げまくる。
あとは、それでも、あえて歌ってよとなれば、兎も角、元気に笑顔で大声で歌い、一番だけで曲停止、一礼。
あとは、サポート役に徹する。
これで、微妙ながっかり感に怯えることは無くなります。

まあ、楽しくはならないですが、付き合い上必要な事もママありますから・・。

 

カラオケの機種には一長一短ある!

現在では、多くのカラオケ店が各地域に存在し、そのサービスやシステムもさまざまである。主な機種として大手のところなどは、基本的にjoysoundやlive dam を置いてあるところが主流であり、その利用者数も圧倒的に多い。また、joysoundやlive damの違いとして、楽曲の数やその種類も様々ではあるが同じjoysoundやlive damと一口に言っても、その中にもいろいろあり、ここ近年ではjoysoud F1やlive dam studiumなどが存在する。また、joysound maxと呼ばれる楽曲数が豊富な機種も登場した。どちらの機種も一長一短ではある。カラオケには様々な歌のジャンルが存在する。ポップスや洋楽、アニメソング、演歌などがあり、歌手名や本人映像などから楽曲を探せるといったところも魅力であるとされている。カラオケ店には、一人で歌えるヒトリカラオケ専門店といったところもある。また、近年のカラオケ店ではフードメニューが充実しているところが多く歌を歌うだけでない楽しみがあるところもカラオケの良さの一つとなっている。

何を歌えばいいの!流行の曲をヒトカラで練習

宴会の二次会などで流れから次に行くといえばカラオケ!なんて風潮が出来上がっているメンバーや集まりも多いはずです。
好きな曲を歌ってまるで気分は歌手!と大盛り上がりは間違いありません。
人前で歌う事が苦手な人もいますし、皆が楽しめるとは限りません。
突然のカラオケで、困った事が…。
選曲です。
流行っているような音楽に興味がなく、何を歌っていいのか困る人もいます。
ある程度の空気が流れているので、場違いな曲を歌ってしまうと、なんともまぁとんでもないアウェー感です。
それでカラオケに行く事が苦手になる人もいます。
流行の曲を覚えてみるのも興味がなければ、大変です。
おすすめは一人でカラオケに行って練習することです。
最初は緊張すると思いますが、一人のカラオケも楽しいですよ。

カラオケの料金体系でルーム代というプラン

カラオケってプラン的に一人いくらで入るところが多いと思います。
しかし、人数が増えるだけ限られた時間で歌える曲数が減って行きます。
いつも同じ金額を払っているのに、4人のときは2人で行ったときの半分しか歌えません。
ところが最近新しいプランのお店もあります。
そこはルーム代というプランで何人で行っても金額が同じなのです。
だから2人で割り勘したら半額になります。
4人で割り勘したら75パーセントオフです。
これなら歌った分だけお金を払っているようなものなので納得です。
全国のカラオケ屋さんもこのプランを適応すればいいのにと思います。
その店を知ってからは他の店には行っていません。
カラオケは音響や施設の清潔さ、サービスなんかも大切ですが、私が思うに一番はプランだと思います。
そのお店のまねをして同じプランをしていたお店が最近また一人いくらのプランにしたのですが、お客さんが減ったようにも見えます。
プランって大切だなとおもいました。

まるで闇鍋のようなカラオケだから「闇カラ」

カラオケが好きでよく行くんだけど、大体いつも同じレパートリーという人達も多いと思います。同じメンバーでカラオケしているとマンネリ化してきてしまうんですよね。
そんな時に試して欲しいのが「闇カラ」。
曲を入力する順番を決めたら、一人ずつ適当な番号でリモコンに入力していきます。どんな曲が出てくるかは運次第。まるで闇鍋のようなカラオケだから「闇カラ」です。
知らない曲を無理やり歌わないといけないので最初は戸惑いますが、慣れてくるとこれが意外と面白いんです。
特に狙い目は演歌。メロディーが分かりやすいのでさらっと聞きながらとりあえず1番を乗り切れば2番以降はかなり上手に歌えます。
逆に大変なのはポップス系。メロディーが複雑だからなかなか音程をつかめなくて苦戦します。最後まで歌い切れずに「もう許して~!」と脱落する人もいるかもしれません。
歌う方は必死でギャラリーは大笑い。そんなスリリングな「闇カラ」でマンネリ化したカラオケライフを楽しんでみませんか?