一人カラオケを体験した結果…問題点が2つあった

Pocket

最近では割と当たり前になっている一人カラオケ。
未だに「一人でカラオケなんて寂しい」「店員に何名様ですか?と尋ねられるのが恥ずかしい」など、抵抗のある方は多いかもしれません。

そして私もその一人でした。
今までに一人でカラオケに行ったことなんて一度もありませんでした。
「とても楽しい、ストレス発散になる」というのですから勇気を出して最近挑戦してみました。

休日の朝、近所のカラオケに一人で行ってみましたが、やはり受付が最初の関門です。
受付のカウンターには家族連れや、学生の集団が何組か並んでいました。
一人で並んでいるのは私一人でしたが、ここまで来たらあとには引けません。
前に並んでいる人達の受付が終わりついに私の番が回ってきました。
緊張の一瞬です…。

「いらっしゃいませ。何名様ですか?」

来ました。来ましたよこの問い。恐れていたこの問いに答えざるを得ない瞬間がやってきました。

「ひ、一人なんですが…」
「お一人様ですね。お時間はどうなさいますか?」

ええ…?
以外にも私が一人というところには店員さん、全く引っかからず直ぐに次の質問が。

完全に想定外です。
時間なんて考えていなかったので咄嗟に

「…フリータイムで!」
「はいかしこまりました」

もうこうなったらとドリンクバーもつけてもらい、お一人様を堪能する気満々のお客様になってしまいました。


そのまま夕方18時までフリータイムを堪能しました。
感想は「確かに楽しかった」です。

しかし一人カラオケには問題が2つあることに気が付きました。
それは
・歌う曲のレパートリーが持たない
・喉が持たない
ということです。
途中から声も出なくなってしまい、歌う曲もなくなってしまうのが問題でした。

しかし一人カラオケも意外と受付さえ済ませてしまえば特にストレスもなく楽しめることは判明したので、皆さんも一度挑戦してみるのはいかがでしょうか?

その際は自分の歌いたい曲リストと、のど飴を用意するのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です