「マラソンとは陸上競技の長距離競走のこと」タグアーカイブ

マラソンとは陸上競技の長距離競走のこと

マラソンとは陸上競技の長距離競走のことを言う。この言葉は前490年にギリシャがペルシャを破った時に、ギリシャの兵士がマラトンからアテネまで約40キロメートルを走り、勝利を報告した後、絶命したという故事に由来する。第1回のオリンピック大会(アテネ大会)でマラソンが種目に入ってから、大会によって走行距離は40キロメートル前後とバラバラであった。その後正式な距離が決まり、第8回大会(パリ大会)から42.195キロメートルと統一された。
日本国内ではさまざまなマラソンがあり、その中で東京マラソンは2007年に始まった陸上大会代表選考と市民参加型が合わさったアジア最大規模のマラソンである。毎年2月か3月に行われ、多くのランナーが都心を駆け抜ける(2017年の参加者は約3万6000人)。東京マラソンはフルマラソンだけではなく、10キロロードレースと車いすレースも同時に行われている。来年の大会は2020年の東京オリンピック代表選考会なども兼ねている。