長距離ランで大切な事は一定のペースを保って走る事

Pocket

長距離を走る上で大切な事は一定のペースを保って走る事です。
リラックスして走る為にまずはスタート前に疲れない程度に準備運動をしっかりしてからジョギングをして体を解し温めることが大切です。
それにより怪我の予防にもなりますし、スタートしてからキチンと体が動くので、何もせず突然スタートするよりもマラソン中に良い走りが出来るようになります。
体がキチンと温まっていればリラックスした楽な走りが出来ます。
体に余計な力は入れず、リラックスして腕を振り、腕でリズムを刻んでペースを作ることが大切です。
疲れてきた時こそ腕前の振りがモノを言います。
走っている時は自分の体重異常の重さが足へ掛かり相当な負担が掛かっています。
そんな時でも腕はまだ動くはずです。
腕が疲れてきたらダラリと腕を下げて走り少し疲れを抜いてからまた腕を振るといいです。
疲れていても腕に合わせて足がついてくるので、腕で足を前に運ぶといいです。
さらに走りのペースには呼吸も影響してきます。
息を一回吸って二回吐くの呼吸法が一番効果的です。
苦しい時でも頑張ってこの呼吸法を保ちペースを作って完走を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です