走りを楽にする筋肉と呼吸方法

Pocket

マラソンの完走を目指そうとするランナーは、まずは、毎日継続したジョギングを中心とした練習が必要です。マラソンを走るうえで、ランニングフォームが重要であり、そのフォームを維持するためには、背筋や腹筋などの体幹を中心としたインナーマッスルの強化は必須で、脚の筋肉強化も必要で、両者を同時に鍛える筋トレとしては、スクワットが有効です。毎日の継続したジョギングを中心とした練習の前後に、ほんの数分スクワットを行うことで、ランニングフォームの安定につながります。筋肉トレーニングに主眼を置いた練習を行う際には、体幹を鍛えるスクワットを中心に、脚の筋肉では、ハムストリングを重点的に行います。筋肉トレーニングと日頃の走る練習にもう一つ必要なものが、呼吸法です。
呼吸法を会得することは、体内への酸素供給の最大化をはかることができ、疲労の蓄積の軽減にもつながります。この呼吸法の練習には、ヨガなどのポーズが活用できます。ヨガの多様なポーズをとることは、呼吸法と筋肉の弛緩と強化にもつながります。マラソン競技以外の方法を練習に取り入れることで、練習の効率を上げることもできます。マラソンに必要なランナー毎のウィークポイントをみつけ、強化方法を模索すると、ロードバイクや水泳などにも練習方法を見出すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です