マラソンはよく人生に例えられます

Pocket

マラソンはよく人生に例えられますが、まさにその通りです。マラソンは波があります。辛かったり楽になったり、また苦しくなったりを繰り返し最後笑顔でゴールができるのです。マラソンは辛い競技だと思われますが、本当に辛いのは30キロを越えてからで、そこまでにいかに足を使わず体力を残して30キロを迎えられるかが勝負を決めます。だからマラソン選手は普段から足を使わずにいかに長く走れるかという練習をします。マラソン練習は距離が長い分辛いこともありますが、実際のレースだけを考えれば、トラック種目の5000mのほうが遥かに辛く苦しいと思います。なぜならスピードが全く違うからです。距離が短い方がそれだけスピードが求められます。マラソンにおいてはいかに長く楽に走れるかということが求められています。だからマラソン選手はよく本番の方が練習よりも楽だったと言うのです。本番はペース配分を守ることが大切になります。呼吸が乱れるほど本気で走るのは残り5キロだけなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です