フルマラソンの42.195キロという端数はどこからきている?

Pocket

フルマラソンの公式距離は42.195キロメートルと規定されています。さて、端数の出るこの数字の由来はどこから来ているのでしょうか。
マラソンは紀元前のギリシャで4年に1度開催されていた古代オリンピックの時代から、今でいう約40キロメートルの距離を個人で走る競技として行われてきました。
1896年のアテネ大会を皮切りに近代オリンピックが4年に1度開催されることになってから何回かの走行距離は40キロメートル前後で毎回微妙に違っていました。1908年のロンドン大会では当初その距離はちょうど26マイルと規定されました。しかし、当時のイギリス王妃アレクサンドラが「スタート地点は宮殿の庭で、ゴール地点は競技場のボックス席の前にして」と注文を付けたところ距離は更に385ヤード伸びました。
その後も大会ごとに走行距離が変わりましたが、1924年のパリ大会以後はこれを統一することになりました。その際、先のロンドン大会の距離「26マイルと385ヤード」をメートル法に換算した42.195キロメートルをフルマラソンの公式距離とすると規定され、現在に至ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です