フルマラソンの世界最長記録保持者は日本人

Pocket

フルマラソンの世界記録といえば、今では2時間3分を切るくらいまでになってきているようです。しかし、もちろんこちらは走り終わるのにかかった時間の最短記録のほう。では、この時間の「最長記録」のほうは記録されているのでしょうか。もし、記録されているならば何時間ぐらいになるのでしょうか。
「54年8ヶ月6日5時間32分20秒3」という記録が残されているそうです。日本の金栗四三(かなぐり・しそう、1891~1983)が記録しています。1912年のストックホルム五輪のマラソン競技に出場した金栗はレース途中に熱中症になり昏睡状態に陥り、付近の農家に保護され翌朝に意識を回復するも、棄権の申告をせずに帰国。「記録上は競技継続」というかたちのままになりました。
それから半世紀以上後の1967年、ストックホルム市は五輪開催55周年を記念する式典を開催することになり、その際「競技継続中」の金栗に棄権するか完走するかを要請しました。金栗は改めて残りの距離を消化し「完走」。ここで54年余りに及ぶ「公式記録」が残されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です