シューズの正しい履き方など靴がランナーには大切

Pocket

すべては力力トが基本
そもそもシューズの正しい履き方を知らない人が意外に多い。実はシューズというものは、
そのすべての採寸や設計はカカトが基準だ。
カカトからどの位置に一番広い場所を作り、どの位置で曲がるようにと決められる。靴に
入る足のモデルの採寸も靴型も、すべてがカカト部分にピタッと合わせて作業は進んでいく。
いろいろな面で力カトが規準点なのである。
当然のことながら、靴を履く時は自分のカ力トと靴の力力トをピッタリつけて履くことに
より、初めて設計どおりの足のポジションで履くことができるのだ。
しかし、日本の暮らしでは靴の脱ぎ履きが多い。このため、本来しっかりひもを結ばなけ
ればならなぃシューズでもひもを結びっぱなしで履いてしまったり、カカトを踏んでスリッ
プオン感覚で履いてしまう。脱ぎ履きしやすい状態なので、靴べらは使わなくてもカ力トが
すっぽり入るし、カカトが入らない時はツマ先をトントンと蹴る。
このようなゆるい状態だと、足の位置はカカトでしっかり履けている時に比べて、靴の中のかなり前方に位置することになる。
特に初級者向けや低速用のランニングシューズには、もともと重心が前方に移動しやすいように斜度がついている。カカトをピッタリ合わせてツマ先が上がった状態でひもを締めないと、自然に足が前方に滑ってしまうので注意が必要だ。
このカカトで履くという大前提を怠ってシューズを選ぶと、間違いなく大きいシューズに
なってしまうのだ。

シューズの履き方と脱ぎ方
シューズを履く時は必ずカカトの位置を合わせて、ツマ先が上がった状態で靴ひもを下か
ら締め上げていく。特に履き口部分はしっかりと締めるように心がけよう。足がしびれたり
痛くなるようでは問題だ。しかし、しびれたり痛くなったりしない程度にきっく締めるよう
にすることで、シューズそのもののサポート力が得られるのだ。
ねんざ癖があり、サポーターを巻く必要があるために、サイズを大きくしたり、ひもを締
めなかったりするランナーがたまにいる。しかし、シューズをしっかりと締めて履くことで
もかなりのサポート効果を得られるので、サポーターを巻くためにゆるく履いてしまうのは
本末転倒だ。また、シューズを履く時に靴べらを使わない人が多い。靴べらは革靴だけのものではない。
指を靴べら代わりに履いたり、ツマ先をトントンと蹴ってそれで終わりというランナーもた
まに見かける。
シューズのカ力ト部分にはカウンターというパーツがある。足の安定性を保つための大切
なパーツであり、万が一カカトを踏むようなことがあると、このパーツは一発で曲がってし
まう。このカウンターの保護のためにも、靴べらを使うようにしよう。
また、脱ぐ時にはひもを解いて、上から2番目の穴くらいまで大きくひもをゆるめておくと、次に履く時に履きやすいし、ひもも下の方から締めなおすことができるので一石二鳥だ。
履くのにかかる時間はせいぜい1〜2分。その何倍、何十倍とぃう時間を走るのだから、ここで手を抜いてはいけない。

靴ひもでみるべストボリュームシューズ
シューズに付属している靴ひもは、だいたいそのシューズにべストなボリュームの足が入
り、締められた時にちょうどいいくらいの長さが余るようになっている。
ところが足長が長いシューズやオーバーボリュームのシューズを履くと、靴ひもを必要以
上にしっかりと締めないとフイット感が得られない。実際に靴ひもが余つているランナーの
ほとんどが、実際のシューズのサイズが合っていないケースが多い。オーバーサイズとなっている場合がほとんどだ。
靴ひもを締めてフィットさせているのだから問題ないと思えるかもしれなぃが、ひもを通
す穴(アイレット)の並んでいる「ハトメ飾り」の部分を締めすぎると、ほとんどのシュー
ズは甲の前方部分にしわが寄ってしまう。この部分はシューズが屈曲するところでもあるの
で、靴の中でこのしわが足に当たるなどして、甲部分を傷めてしまうこともある。
ウィズの細いランナーはワイドモデルなどを履かなければならない人と違って、足長を足
幅に合わせて大きくすることはなぃので、オーバーサイズを履く危険性は少なくなる。その
かわり、市場に多く流通しているウィズでは大きすぎるケースが多く、結果、靴ひもを靴が
変形するくらい締めなければならなぃ。このような場合はスリムタイプのシューズを選ぶといいだろう。
また、ランナーに限らず足の細いアスリートは、シューズの中で足がローリングするよう
に動きすぎてしまうせいか、足部の障害を負いやすい傾向にあるので注意が必要だ。
ひもは締めることだけが目的ではない。靴のポイントポイントで締め方を調整しなければ
ならないので、締めたり、ゆるめたりが可能な位置でクローズするのが理想的である。
適正なボリュームのシューズは、シューズの設計された性能を生かすことができる。特に
シューズのソールから上の部分(アッパー)は、理想どおりのボリュームの足が入って初めてサポート性能が発揮されるのだ。前述のとおり、ランニングシューズのアッパーそのものが、高性能なサポーターの代わりをするのである。ヒザや足首にっけるサポーター同様、ぴったりとしていないとサポーターの効果はないのだ。

重い靴と軽い靴
軽いシューズを好むランナーは多い。実際カタログや雑誌にも、いかにも軽さが重要な選
択肢のひとっとも言わんばかりにシューズの重さがグラム単位まで書かれている。さらに、
初心者にも軽いシューズは楽だというィメージがあるのも事実だ。
ところが、軽ければ本当に楽かとぃうと、そうとも言えない。当然のことながら軽いシュ
ーズは、預丈さに欠けるものが多い。
足の悪い動きができるだけでないように制御し、重心の移動を前方へスムースにしてくれ
るソールをもっセイフティ系シューズは、そのソールの厚みや硬さの異なる素材を組み合わ
せることで、その性能を演出しているのだ。さらに、アッパI部分の補強などに関してもセイフティ系シューズの方が頑丈にできている。また、内側の内装部分も足のアタリがよく
なるようにスポンジ素材などで肉厚になっていて重量は増している。
一方、足の自由度が高いレーシングシューズでは、ソールの柔らかさと同様にアッパー部分も足に密着して足とほぼ同じように動いてくれる。つまり足についてきてくれるのだ。
それに対してセイフティ系シューズは、ソールと同様に、アッパー部分も足が悪い動きをしないように制御性の高いものになる。当然のことながらアッパー部分も頑丈になり、靴の
中で運動する足の動きにはついてこなくなる。すると、硬い作りのアッパーに対して足の居住性は悪くなるので、その部分を快適にするために、スポンジなどの素材でくるむ必要があ
るのだ。
軽いシューズは軽快に走れそうなイメージがあるかもしれないが、多くの初級者は、後で泣くハメになるのがオチだ。
真っ先に悲鳴を上げるのは、スネやふくらはぎの部分だろう。
実際に人間のスネやふくらはぎには、足首まわりのぐらつきを抑えることで作用する筋肉や重心をスムースに前方へ移動させるための筋肉がひしめいている。
走り始めに重心の移動を最初にするのもふくらはぎ周囲の筋肉であり、直立している人間のふらつきをコントロールするメインの筋肉はこの部分に集中している。逆に言えば、この筋肉たちが正常に機能しないと、人間は運動中のバランスを制御しづらくなってしまう。
この筋肉群は、ランニング中に足が安定して正しい動きをしていれば大きな問題はないが、
足元が不安定であればあるほど、そのバランスをとるためにあちらこちらの筋肉がバランス
をとるためだけに使われることになる。つまりそれだけ、走るための筋肉以外も余計な運動
をしてしまい、不安定要素が偏ったものであればあるほど偏った筋肉の使われ方をしてしま
うのである。
次に足裏にも問題がでてくる。
軽くて薄いシューズは、衝撃を吸収せずに履いている人間が走るエネルギーに変えていく
ため、それができないランナーが履くと、本来人間がもつ衝撃を吸収する機能が予想以上に
酷使される。簡単に言えば、土踏まずのアーチに負担がかかり、その部分を支えている筋肉
が、走るたびに急激に縮んだり伸びたりするのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です