シューズの正しい履き方など靴がランナーには大切

すべては力力トが基本
そもそもシューズの正しい履き方を知らない人が意外に多い。実はシューズというものは、
そのすべての採寸や設計はカカトが基準だ。
カカトからどの位置に一番広い場所を作り、どの位置で曲がるようにと決められる。靴に
入る足のモデルの採寸も靴型も、すべてがカカト部分にピタッと合わせて作業は進んでいく。
いろいろな面で力カトが規準点なのである。
当然のことながら、靴を履く時は自分のカ力トと靴の力力トをピッタリつけて履くことに
より、初めて設計どおりの足のポジションで履くことができるのだ。
しかし、日本の暮らしでは靴の脱ぎ履きが多い。このため、本来しっかりひもを結ばなけ
ればならなぃシューズでもひもを結びっぱなしで履いてしまったり、カカトを踏んでスリッ
プオン感覚で履いてしまう。脱ぎ履きしやすい状態なので、靴べらは使わなくてもカ力トが
すっぽり入るし、カカトが入らない時はツマ先をトントンと蹴る。
このようなゆるい状態だと、足の位置はカカトでしっかり履けている時に比べて、靴の中のかなり前方に位置することになる。
特に初級者向けや低速用のランニングシューズには、もともと重心が前方に移動しやすいように斜度がついている。カカトをピッタリ合わせてツマ先が上がった状態でひもを締めないと、自然に足が前方に滑ってしまうので注意が必要だ。
このカカトで履くという大前提を怠ってシューズを選ぶと、間違いなく大きいシューズに
なってしまうのだ。

シューズの履き方と脱ぎ方
シューズを履く時は必ずカカトの位置を合わせて、ツマ先が上がった状態で靴ひもを下か
ら締め上げていく。特に履き口部分はしっかりと締めるように心がけよう。足がしびれたり
痛くなるようでは問題だ。しかし、しびれたり痛くなったりしない程度にきっく締めるよう
にすることで、シューズそのもののサポート力が得られるのだ。
ねんざ癖があり、サポーターを巻く必要があるために、サイズを大きくしたり、ひもを締
めなかったりするランナーがたまにいる。しかし、シューズをしっかりと締めて履くことで
もかなりのサポート効果を得られるので、サポーターを巻くためにゆるく履いてしまうのは
本末転倒だ。また、シューズを履く時に靴べらを使わない人が多い。靴べらは革靴だけのものではない。
指を靴べら代わりに履いたり、ツマ先をトントンと蹴ってそれで終わりというランナーもた
まに見かける。
シューズのカ力ト部分にはカウンターというパーツがある。足の安定性を保つための大切
なパーツであり、万が一カカトを踏むようなことがあると、このパーツは一発で曲がってし
まう。このカウンターの保護のためにも、靴べらを使うようにしよう。
また、脱ぐ時にはひもを解いて、上から2番目の穴くらいまで大きくひもをゆるめておくと、次に履く時に履きやすいし、ひもも下の方から締めなおすことができるので一石二鳥だ。
履くのにかかる時間はせいぜい1〜2分。その何倍、何十倍とぃう時間を走るのだから、ここで手を抜いてはいけない。

靴ひもでみるべストボリュームシューズ
シューズに付属している靴ひもは、だいたいそのシューズにべストなボリュームの足が入
り、締められた時にちょうどいいくらいの長さが余るようになっている。
ところが足長が長いシューズやオーバーボリュームのシューズを履くと、靴ひもを必要以
上にしっかりと締めないとフイット感が得られない。実際に靴ひもが余つているランナーの
ほとんどが、実際のシューズのサイズが合っていないケースが多い。オーバーサイズとなっている場合がほとんどだ。
靴ひもを締めてフィットさせているのだから問題ないと思えるかもしれなぃが、ひもを通
す穴(アイレット)の並んでいる「ハトメ飾り」の部分を締めすぎると、ほとんどのシュー
ズは甲の前方部分にしわが寄ってしまう。この部分はシューズが屈曲するところでもあるの
で、靴の中でこのしわが足に当たるなどして、甲部分を傷めてしまうこともある。
ウィズの細いランナーはワイドモデルなどを履かなければならない人と違って、足長を足
幅に合わせて大きくすることはなぃので、オーバーサイズを履く危険性は少なくなる。その
かわり、市場に多く流通しているウィズでは大きすぎるケースが多く、結果、靴ひもを靴が
変形するくらい締めなければならなぃ。このような場合はスリムタイプのシューズを選ぶといいだろう。
また、ランナーに限らず足の細いアスリートは、シューズの中で足がローリングするよう
に動きすぎてしまうせいか、足部の障害を負いやすい傾向にあるので注意が必要だ。
ひもは締めることだけが目的ではない。靴のポイントポイントで締め方を調整しなければ
ならないので、締めたり、ゆるめたりが可能な位置でクローズするのが理想的である。
適正なボリュームのシューズは、シューズの設計された性能を生かすことができる。特に
シューズのソールから上の部分(アッパー)は、理想どおりのボリュームの足が入って初めてサポート性能が発揮されるのだ。前述のとおり、ランニングシューズのアッパーそのものが、高性能なサポーターの代わりをするのである。ヒザや足首にっけるサポーター同様、ぴったりとしていないとサポーターの効果はないのだ。

重い靴と軽い靴
軽いシューズを好むランナーは多い。実際カタログや雑誌にも、いかにも軽さが重要な選
択肢のひとっとも言わんばかりにシューズの重さがグラム単位まで書かれている。さらに、
初心者にも軽いシューズは楽だというィメージがあるのも事実だ。
ところが、軽ければ本当に楽かとぃうと、そうとも言えない。当然のことながら軽いシュ
ーズは、預丈さに欠けるものが多い。
足の悪い動きができるだけでないように制御し、重心の移動を前方へスムースにしてくれ
るソールをもっセイフティ系シューズは、そのソールの厚みや硬さの異なる素材を組み合わ
せることで、その性能を演出しているのだ。さらに、アッパI部分の補強などに関してもセイフティ系シューズの方が頑丈にできている。また、内側の内装部分も足のアタリがよく
なるようにスポンジ素材などで肉厚になっていて重量は増している。
一方、足の自由度が高いレーシングシューズでは、ソールの柔らかさと同様にアッパー部分も足に密着して足とほぼ同じように動いてくれる。つまり足についてきてくれるのだ。
それに対してセイフティ系シューズは、ソールと同様に、アッパー部分も足が悪い動きをしないように制御性の高いものになる。当然のことながらアッパー部分も頑丈になり、靴の
中で運動する足の動きにはついてこなくなる。すると、硬い作りのアッパーに対して足の居住性は悪くなるので、その部分を快適にするために、スポンジなどの素材でくるむ必要があ
るのだ。
軽いシューズは軽快に走れそうなイメージがあるかもしれないが、多くの初級者は、後で泣くハメになるのがオチだ。
真っ先に悲鳴を上げるのは、スネやふくらはぎの部分だろう。
実際に人間のスネやふくらはぎには、足首まわりのぐらつきを抑えることで作用する筋肉や重心をスムースに前方へ移動させるための筋肉がひしめいている。
走り始めに重心の移動を最初にするのもふくらはぎ周囲の筋肉であり、直立している人間のふらつきをコントロールするメインの筋肉はこの部分に集中している。逆に言えば、この筋肉たちが正常に機能しないと、人間は運動中のバランスを制御しづらくなってしまう。
この筋肉群は、ランニング中に足が安定して正しい動きをしていれば大きな問題はないが、
足元が不安定であればあるほど、そのバランスをとるためにあちらこちらの筋肉がバランス
をとるためだけに使われることになる。つまりそれだけ、走るための筋肉以外も余計な運動
をしてしまい、不安定要素が偏ったものであればあるほど偏った筋肉の使われ方をしてしま
うのである。
次に足裏にも問題がでてくる。
軽くて薄いシューズは、衝撃を吸収せずに履いている人間が走るエネルギーに変えていく
ため、それができないランナーが履くと、本来人間がもつ衝撃を吸収する機能が予想以上に
酷使される。簡単に言えば、土踏まずのアーチに負担がかかり、その部分を支えている筋肉
が、走るたびに急激に縮んだり伸びたりするのである。

リレーマラソンは仲間を繋ぐツール

マラソンの中でもリレーマラソンという種目があります。たすきをつなぎ、ゴールすることを目指します。職場や同級生などある程度の人数が必要ですが、同級生との再会にはよい機会だと思います。
昔の仲間と一緒に何かひとつの事に取り組む感じはどことなく懐かしく、学生時代に戻った気分になりました。
参加してみて実感したことは、リレーマラソンはこういった仲間を繋ぐツールとしてもかなり有効だということです。
飲み会だとなかなか集まりが悪かったりするのですが、リレーマラソンとなると何か特別な気持ちになるのか自然と参加率が増えます。学生時代に味わった運動会、文化祭に参加するような気持ちに似ているような気がします。
また、会社や家族で参加してもいいかもしれません。普段だと真面目な話になってしまう相手でもフランクに話しができたり、新しい一面を発見できるチャンスになります。
私自身参加するまでは、このような一面があると思っていなかったので、みなさんもぜひ参加してみて実感してみてはいかがでしょうか。

マラソンはよく人生に例えられます

マラソンはよく人生に例えられますが、まさにその通りです。マラソンは波があります。辛かったり楽になったり、また苦しくなったりを繰り返し最後笑顔でゴールができるのです。マラソンは辛い競技だと思われますが、本当に辛いのは30キロを越えてからで、そこまでにいかに足を使わず体力を残して30キロを迎えられるかが勝負を決めます。だからマラソン選手は普段から足を使わずにいかに長く走れるかという練習をします。マラソン練習は距離が長い分辛いこともありますが、実際のレースだけを考えれば、トラック種目の5000mのほうが遥かに辛く苦しいと思います。なぜならスピードが全く違うからです。距離が短い方がそれだけスピードが求められます。マラソンにおいてはいかに長く楽に走れるかということが求められています。だからマラソン選手はよく本番の方が練習よりも楽だったと言うのです。本番はペース配分を守ることが大切になります。呼吸が乱れるほど本気で走るのは残り5キロだけなのかもしれません。

サブフォー達成のためには1キロ5分30秒以内で走り続ける力

マラソンは3時間を切るとサブスリーと言われ4時間を切るとサブフォーと言われます。市民ランナーだとサブフォー辺りだと、しっかり継続した練習が出来れば達成できないことはないタイムだと思います。サブフォーを達成するためには1キロを5分30秒以内で走り続ける力が求められます。そのためにひつような練習としてはペース走が一番適していると思います。5分30秒は練習していればすぐに出せるタイムで難しくはありません。しかし42キロを1キロ5分30秒で走り続けなくてはならないので、30キロを5分30秒のペースで刻めるように持っていかなくてはなりません。そのためにはコツコツと少しずつ5分30秒で走れる距離を多くする練習をすればいいことです。昨日までの自分を少しでもいいから越えることが
日々の喜びとなり、また頑張ろうと思う糧になると思います。マラソンは地道な努力が必要なスポーツですが、その努力は必ず報われる競技でもあります。諦めないことがとても大切なことです。

走り終えた時は達成感に満たされる

短距離走と長距離走の得意、苦手は人それぞれです。
走り終えた時は達成感に満たされます。
しかし、社会人になると走る機会はほとんどなくなってしまいます。
公園ではウォーキングやランニングをしている人がたくさんおり、その影響を受けて久しぶりに走りたいと思うようになりました。
まず、最も必要なランニング用のシューズを購入しました。
とりあえず1km走ってみたのですが、あまりにも久しぶりすぎると達成感というよりも疲労感の方が多く、ブランクを感じるでしょう。
それからは、とにかく無理をしないように心掛け、ほんの少しずつ距離を伸ばしていきました。
ランニング後は達成感に浸ることもできました。
体も引き締まり、体が軽くなります。

ランニングには内臓を運動させて回復力アップが効果的

ランニングやトレーニングを続けていると情報量も増え、自分なりにカラダに良いものと悪いものを区別できるようになります。しかし残念ながら、志向が偏り、自分が信じるもの以外は受けつけなくなる傾向も強くなるのです。
例えば、筋肉には鶏を食べるといいからと鶏ばかり食べていてはもちろんダメです。また、野菜が苦手で、代りにサプリメントをとっているから大丈夫だと思っている人がいる。ほかにも、サプリメントや水、食事のとり方などにこだわるわりには偏食をしたり、酒を飲んだりする。こういう人は頭が固くなっているので要注意です。
食べるというのは、噛むむことで胃酸の分泌を促します。胃に食物が入ると腸の動きも活発化します。サプリメントは、食事で補えないものをサポートしてくれますし、食が細い人にはもってこいのアイテムです。しかし、それを100%信頼し、頼りすぎると内臓の働きを鈍らせ回復力を低下させる可能性があります。カロリーや栄養素に目がいきがちですが、カラダに吸収できて初めて効果が表れます。お酒も少量なら気分転換にもなりますが、肝臓には負担をかけます。肝臓は鉄や糖など、血液に必要な成分を蓄えたり再利用したりする働きがあるりますが、アルコールは、肝臓で分解されアセトアルデヒドという二日酔いの原因物質に変化します。疲労したカラダを回復させたり、運動を楽にさせる成分を送りだす肝臓を酷使すれば、肝臓のみならずカラダの回復力が低下するのです。
すなわち、3度の食事をこまめに、バランスよく、よく噛んで食べることで内臓を運動させることが重要。しかし、食べすぎ飲みすぎはカラダへの負担をかけるので、疲れず楽に走るためにも普通に食べることでカラダの回復力を高めましょう。お酒好きの人は休肝日を設けて内臓の疲労をとることが、ランニングを楽に長く行うコツなのです。

普通とは違う一風変わったマラソン大会

ハーフマラソンやマラソン大会はたくさんありますが、一風変わった大会もたくさんあります。岡山県の美作市にあるF1ロードマラソン大会は、国際サーキット場を走るというかなりユニークなマラソン大会です。普段はF1車が走るサーキット場を走れるだけでかなり貴重な体験が出来ます。実際に走ると気づくことも多く、サーキット場って意外と坂があるのです。てっきりフラットなロードだと思っていました。ちなみにハーフと10キロコースではサーキット場を走ったあと外の一般道も走ります。サーキット場をでるとすぐにかなりの角度の下り坂があります。つまり、戻る時はかなりの上り坂になります。疲労が、ピークの状態でこの上り坂はかなりの鬼コースです。また仮装コースもあり、毎回楽しみ仮装で走るランナーもいて、マラソンに参加しなくても楽しめる大会です。甘酒等の温まれる食べ物も多く出店しており、ちょっとしたお祭りの会場の雰囲気です。また岡山では約一ヶ月後にテレビ放送もされるかなり大きな大会です。

マラソンで必要な数少ない道具である「シューズ」

長く走るために必要なことはたくさんありますが、アイテムも大切な要素です。特にマラソンなど走ることに関しては道具がほとんど必要ありません。一番重要なのは足元であるシューズでしょう。一番自分に合うものが良いのですが、靴をミズノの靴底があついもので比較的軽いデザインのモノで走ることがおすすめです。初心者用で長距離用に設定されたデザインだったために走りやすかったのを覚えています。マラソンの初心者が失敗しやすいのは間違った靴選びだと思います。何年も走っている人達だと靴底がとても薄いのにびっくりすることがあるのですが、これも走りやすさを考えて設定されたデザインだそうです。海外でランニングの靴を購入したことがあるのですが、ミズノよりアシックスの靴がよく売れているそうですが、ランナーのあいだではミズノが日本人の足によく合うとのことでした。

ランニングは脳を活性化させる働きがある

皆さんは日ごろ運動とかはされていますか?冒頭質問になってしまいましたが、毎日の積み重ねはとても大切です。誰でも最初はからだを動かすことが嫌でなかなかはじめようとは思わないと思います。それは仕方ないのです。体を動かして何の得があるのか?ただ筋肉痛が体を襲ってきて痛いだけじゃないか、など思いながら、生活しているとすぐに外見にあらわれるようになり、見た目がおっさんになっていくのです。からだを動かさないと人は健康ではなくなります。病気であったり精神的にも健全ではないでしょう。ランニングをはじめるきっかけは人それぞれですが、一度走り始めると最初は本当につらいでしょうが、回数を重ねていくうちに、筋肉痛が体を襲い、それが回復していくたびに、体が軽くなっていくことを実感できます。肌にもツヤと色が戻り、若返りをはかることもできます。それと集中力や持続力などもアップします。それは運動の効果であり、特に有酸素運動は体内の血流などを促進させ、脳を活性化させる働きがあります。そして足は体で、第二の心臓と呼ばれ、ランニング中にしっかり地面を踏むことによって足に溜まった血液が反動で、心臓の方まで跳ね返るようです。それによりさらに血流が促進され、脳が活性化されます。

走ることは生活のすべてに通じるものがある

ここでマラソン大会でよい記録を出すために必要だと思うことを書こうと思います。
まず持久力が必要です。当然といえば当然ですが、持久力がないと記録は出ません。そして、持久力をつけるのに一番いいと思うのは毎日走ることです。最初は誰も持久力はないと思います。それは仕方がないことですが、しかし、空いた時間で毎日走っているうちに自然とついてきました。走れば走るほど持久力はつくと思います。持久力よりも大事だと思うのは、気持ちです。どんなに持久力があっても最後の方はしんどいものです。そのしんどい時にどれだけ頑張れるか、それこそがマラソン大会でよい記録を出すために必要なことだと思います。
またこのことはマラソン大会だけでなく日々の生活にもいえることだと思います。

ジョギング・ランニングブームが到来しています。街中ではたくさんの人が走っている光景を見かけるでしょう!ここではそんな人たちに情報を提供していきます。