漢方薬は個人の体質も含めて患者さんに対して投薬する考え方

Pocket

西洋医学の処方薬と比べ、漢方薬は体に優しいというイメージがあります。眠気をおこす副作用がない物も多い為、眠気を誘発すると支障をきたすお仕事をお持ちの方にも愛用者が多いです。
西洋医学では症状や病気に対して投薬するのに対して、漢方薬は個人の体質も含めて患者さんに対して投薬する考え方です。これも体に優しいというイメージがある要因です。
しかし、漢方薬の主材料は生薬。そして、生薬の成分は西洋医学で処方されている薬と共通しているものが多いのはあまり知られていません。体に優しいからと言い長期間常用的に内服されていて違う体調不良を招くことがあります。
生薬の成分によっては投薬禁忌の疾患があります。医師から処方される場合は既往症は勿論のこと、常用薬を市販・処方薬を問わずきちんと申告しましょう。その上で飲み合わせをチェックして貰い使いましょう。
最近は規制緩和もあり、ドラッグストアでも比較的手軽に漢方薬が入手出来るようになりました。この場合も箱の側面や薬と一緒に注意事項を記載した添付書類があります。その中に禁忌事項も記載があるので必ずチェックするようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です