精進料理で食生活を見直そう!

Pocket

精進料理では、基本的に目・鼻・頭のあるものは食べません。禅の修行僧のことを雲水と呼ぶのですが、雲水修行中はとくに厳しく、肉や魚を食べることは絶対にありません。
雲水修行を終えると、食べるものはそれぞれの判断に任されるようになります。私は、魚は食べますが肉はほとんど食べません。大学で教鞭をとっている関係で、学食に肉料理しか置かれていない場合には食べることもありますが、基本的に野菜料理が中心ですね。
雲水の食事をご紹介しましょう。まず、朝は鶉粥と香菜(お新香)を少々。お粥にはゴマ塩をかけていただきます。これはゴマとお塩を一対一で合わせ、火で煎ったものをすってつくります。
お昼はご飯とお味噌汁、そして香菜少々。特別な日を除いておかずはありません。お寺によっては、ご飯に麦を混ぜています。昔は麦のほうが安かったからそうしていたのですが、麦はビタミンが多く含まれていますので、脚気になりにくいそうです。ですから、麦のほうが高くなった現代でも麦入りのご飯が出ます。
夜はお昼と同じものに、おかずが付きます。別菜といって、煮たがんもどきを4つに切って、それをふた切れ。つまり、ひとり半分です。または人参や大根を煮たものがふた切れというときもあります。そのくらいです。
このように、雲水が食べる量はとても少ないです。しかし、普段当たり前にお腹いっばいに食べていると、食べられないことがどれだけ大変かということに気付かなくなってしまいます。
このような食生活を続けていると、食べられることのありがたさを体をもって知ることができます。頭ではなく、体で感じる。これこそが何よりも大切なことなのです。
雲水生活は、自分がいいと思うまで続きます。1年の人もいれば、5年、10年の人もい
ます。3か月もすると体が慣れてきて、ものすごくお腹がすいた感じが少しずつなくなります。そうすると、脚気や栄養失調は自然に治ってしまいます。素人の考えですが、3か月くらいすると体が慣れて、胃袋が小さくなるのではないでしょうか。それに、消化の悪いものは一切食べていませんので、お腹を壊すこともありません。
その食事をしばらく続けていくと、頭がすっきりと冴えてきます。よく、「お昼ごはんを食べると眠くなる」と言う人がいますが、それは満腹になるから眠くなるのであって、満腹になるまで食べなければ眠くなることはありません。しかも、気力が増して、粘り強くもなります。
雲水の修行は、今まで当たり前だったものを徹底的に取り除いてしまうものです。睡眠もそうです。はじめのうちは極度の緊張状態にありますので、1時間寝ただけで「寝坊しちゃったんじゃないか」と、とび起きたりします。そうすると、ゆっくり寝られることがいかにありがたいことか、わかってくるのです。
今まで当たり前だったことが全部取り除かれて、はじめて「ありがたい」ということに気が付くようになります。それを、体で感じられるようになるんです雲水の食事をそのまま一般の方へお勧めするわけにはいきませんが、食事をするときには満腹になるまで食べず、腹八分目にしてみてはいかがでしょうか。
それから、できるだけ野菜を食べましょう。肉類ばかり食べていると、考え方や行動が攻撃的になります。よく、プロレスラーやボクサーは試合前に肉を食べて、戦いの意欲を高めると言いますね。逆に、試合前に野菜料理を食べると攻撃心が薄れてしまうのです。
このことからもわかるように、野菜中心の食事を心掛けていると、心が穏やかになります。しかも、野菜中心の食事を続けていくと肌が抜けるように自くなって色つやもよくなりますし、体臭も少なくなってきます。
そう考えてみると、精進料理は女性にぴったりの食事ではないでしょうか。
お粥も、古くから仏教で「十徳」があるとされてきた食べ物です。お粥を食べると、良いことが10個あると言われています。

一、「色」顔色、血色をよくする
二、「力」体力が湧く
三、「寿」寿命をのばす
四、「楽」食べすぎず、体を楽にさせてくれる
五、「詞清弁」頭が冴え、弁舌がさわやかになる
六、「宿食除」食べたものが残らず、胸やけしない
七、「風除」風邪をひかない
八、「飢消」空腹を癒す
九、「喝消」のどの渇きを癒す
十、「大小便調適」お通じをよくする

このように、たくさんの功徳がある鶉粥パワーを、ぜひとも生活に取り入れてみてくだ
さい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です