精進料理で食生活を見直そう!

精進料理では、基本的に目・鼻・頭のあるものは食べません。禅の修行僧のことを雲水と呼ぶのですが、雲水修行中はとくに厳しく、肉や魚を食べることは絶対にありません。
雲水修行を終えると、食べるものはそれぞれの判断に任されるようになります。私は、魚は食べますが肉はほとんど食べません。大学で教鞭をとっている関係で、学食に肉料理しか置かれていない場合には食べることもありますが、基本的に野菜料理が中心ですね。
雲水の食事をご紹介しましょう。まず、朝は鶉粥と香菜(お新香)を少々。お粥にはゴマ塩をかけていただきます。これはゴマとお塩を一対一で合わせ、火で煎ったものをすってつくります。
お昼はご飯とお味噌汁、そして香菜少々。特別な日を除いておかずはありません。お寺によっては、ご飯に麦を混ぜています。昔は麦のほうが安かったからそうしていたのですが、麦はビタミンが多く含まれていますので、脚気になりにくいそうです。ですから、麦のほうが高くなった現代でも麦入りのご飯が出ます。
夜はお昼と同じものに、おかずが付きます。別菜といって、煮たがんもどきを4つに切って、それをふた切れ。つまり、ひとり半分です。または人参や大根を煮たものがふた切れというときもあります。そのくらいです。
このように、雲水が食べる量はとても少ないです。しかし、普段当たり前にお腹いっばいに食べていると、食べられないことがどれだけ大変かということに気付かなくなってしまいます。
このような食生活を続けていると、食べられることのありがたさを体をもって知ることができます。頭ではなく、体で感じる。これこそが何よりも大切なことなのです。
雲水生活は、自分がいいと思うまで続きます。1年の人もいれば、5年、10年の人もい
ます。3か月もすると体が慣れてきて、ものすごくお腹がすいた感じが少しずつなくなります。そうすると、脚気や栄養失調は自然に治ってしまいます。素人の考えですが、3か月くらいすると体が慣れて、胃袋が小さくなるのではないでしょうか。それに、消化の悪いものは一切食べていませんので、お腹を壊すこともありません。
その食事をしばらく続けていくと、頭がすっきりと冴えてきます。よく、「お昼ごはんを食べると眠くなる」と言う人がいますが、それは満腹になるから眠くなるのであって、満腹になるまで食べなければ眠くなることはありません。しかも、気力が増して、粘り強くもなります。
雲水の修行は、今まで当たり前だったものを徹底的に取り除いてしまうものです。睡眠もそうです。はじめのうちは極度の緊張状態にありますので、1時間寝ただけで「寝坊しちゃったんじゃないか」と、とび起きたりします。そうすると、ゆっくり寝られることがいかにありがたいことか、わかってくるのです。
今まで当たり前だったことが全部取り除かれて、はじめて「ありがたい」ということに気が付くようになります。それを、体で感じられるようになるんです雲水の食事をそのまま一般の方へお勧めするわけにはいきませんが、食事をするときには満腹になるまで食べず、腹八分目にしてみてはいかがでしょうか。
それから、できるだけ野菜を食べましょう。肉類ばかり食べていると、考え方や行動が攻撃的になります。よく、プロレスラーやボクサーは試合前に肉を食べて、戦いの意欲を高めると言いますね。逆に、試合前に野菜料理を食べると攻撃心が薄れてしまうのです。
このことからもわかるように、野菜中心の食事を心掛けていると、心が穏やかになります。しかも、野菜中心の食事を続けていくと肌が抜けるように自くなって色つやもよくなりますし、体臭も少なくなってきます。
そう考えてみると、精進料理は女性にぴったりの食事ではないでしょうか。
お粥も、古くから仏教で「十徳」があるとされてきた食べ物です。お粥を食べると、良いことが10個あると言われています。

一、「色」顔色、血色をよくする
二、「力」体力が湧く
三、「寿」寿命をのばす
四、「楽」食べすぎず、体を楽にさせてくれる
五、「詞清弁」頭が冴え、弁舌がさわやかになる
六、「宿食除」食べたものが残らず、胸やけしない
七、「風除」風邪をひかない
八、「飢消」空腹を癒す
九、「喝消」のどの渇きを癒す
十、「大小便調適」お通じをよくする

このように、たくさんの功徳がある鶉粥パワーを、ぜひとも生活に取り入れてみてくだ
さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

添加物は避けるべきものの優先順位をつける

“食品の偽造や安全を問題視したニュースを耳にすることが多くなったと思います。
家庭の食卓=家族の健康を預かる者としても、食品の安全はとても気になることです。
食の安全を意識し始めたころは、放射能汚染や、添加物、農薬を気にしすぎて何を食べていいか分かりませんでした。
神経質になりすぎて、家族で食べる食事も楽しく感じられず、食材を選ぶのも苦痛になってしまったことがあります。
母親が暗い表情で神経質になってしまい、家族の団欒の場所であるはずの食卓の空気が暗く重いものになってしまったことがありました。
笑顔が消えた食卓を見て、このままじゃいけない!と気が付きました。
まずは、笑顔で楽しいね、美味しいねと食卓を囲むことが一番大事だなぁと痛感したのです。
それからは、自分の中で最低ラインを決めることにしました。
「なるべく産地にこだわり、地元の新鮮な野菜を直売所などで買う」
最近は有機栽培や無農薬栽培している農家さんが増えてきていることを発見しました。

「添加物は避けるべきものの優先順位をつける。」
添加物の本もたくさん出ているので、これだけはNG。これは許せるかな…という感じで、口にするのをやめようと思うものをピックアップしました。
種類を絞り込むと、覚えられるので買い物で悩むことやストレスも減りました。

「なるべく信用のおけるお店で食材を購入する」
オーガニック食材を探してみると、普通のスーパーでも意外と見つかりますし、知らなかった小さな健康食品店を発見することもありました。

最低ラインを決めてしまうと、日々の食材探しも料理も心が軽くなり食事が楽しくなりました。
きちんと情報収集しながら、日常生活に取り入れやすいように考え方を柔軟にすることも必要だと学んだ時間でした。

カテゴリー: 健康 | タグ: | コメントする

胃カメラかバリウムか、選ぶならどっち?

通常は毎年一回、健康診断をすることになっています。
人間ドックではなく、半日程度で済む健康診断でも好きな人は少ないでしょう。
特に何が一番嫌なのか、胃カメラと答える人も多いはずです。バリウムか胃カメラを選べるの場合、どちらを選択しますか?
バリウムは後が辛いと聞きますし、反面胃カメラはその時だけだし…
胃カメラという選択でも良いと思います。何度も何度もこみ上げてくる嗚咽と闘いながら…。
最近は鼻から入れる胃カメラがありますが、全ての人に適用されるわけではないみたいです。ひと昔前よりは細くなったので昔ほどではなくなりました。
対象年齢になられた方々、ぜひ胃カメラを飲んで見てください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

健康の基本は食事から。バランスよく食べることが最も大切

世の中の健康志向が高まっていますね。毎日のように健康食品やサプリメントのCMを目にするところから見ても、みなさん健康な毎日を過ごすことの大切さ、ありがたさを感じているんだなぁと思います。
健康の基本は食事から。バランスよく食べることが最も大切です。それから、食べたものから効率よく栄養を吸収することも重要ですね。せっかく食べても、きちんと吸収されていなかったらもったいないです。
野菜を食べるとき、皮や茎を捨てていませんか?実はそういった捨ててしまいがちなところに栄養が豊富に含まれているそうです。野菜の皮は中の果肉を守っているため、栄養が豊富で丈夫なのだとか…。そんな風に聞いたこともあります。
大根やカブの皮はきんぴらになりますし、ブロッコリーの茎もスープに入れると食べられます。まったく役に立たなそうな野菜くずでも、じっくり煮込んでスープストックを作ることもできますよ。
栄養も摂れて、生ごみの減量化にもつながり一石二鳥です。野菜の下ごしらえをしたあと、ゴミ箱に捨てる前にちょっと意識してみてはどうでしょうか?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

健康に関する情報も自分で探すことができる

インターネットで情報が簡単に手に入るようになり
健康に関する情報も自分で探すことができるようになりました。

昔と比べて、情報が変わってきたこともあります。
○○の時は冷やすのが良いと言われてきていたことが
逆に温めた方が良い、と言われたり
○○の時はこういうものを食べた方が良いと言われてきていたことが
いや、実はそれは何の意味もなかったのです、と言うように。

情報が多く、簡単に手に入るからこそ
逆に自分で正しい知識を持って情報を選択しなければなりません。

ありきたりな話ですが、健康を維持するのに
高価なサプリメントや通い事をするよりかはまず
自分自身の基礎がちゃんとしていないといけないと思います。

食事、睡眠、運動、この三つがある程度健全に保たれていれば
特別なことをしなくても
少し健康に近づけるでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

6時以降食べない!食事制限ダイエット

今回は効果があると話題のダイエット方法を紹介したいと思います!「6時以降食べない!食事制限ダイエット」です。いろいろな芸能人の方たちが実施しているダイエットで話題になりましt。やり方は簡単です。
このダイエット方法で大事なことは夜18時以降は食べ物を食べないことです。食べる時間を毎日決め、よく噛んで食べます。18時以降は水とお茶なら飲んでもOKです!始めたばかりの頃はお腹が空いてしまうと思います。そんなときはリラックスさせるために、10分~30分くらい軽い運動やストレッチなどをすると良いと思います。また、食物繊維の多いものや噛みごたえのあるものだとお腹も満たされそうですね(^^)ですがやっぱりお腹が空いてしまう…。そんなときは寝る前に半身浴もオススメです。体を温めて上げることで、いい睡眠に入ることが出来るそうです。この方法も、今日食べた物や体重を記録しておくと楽しくダイエットが出来そうですね!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

寝過ぎや寝だめは健康によくない

だんだんと寒くなってくると
休日にお布団から出るのがいやになり
寝過ぎてしまったり

普段忙しくてあまり眠れてないし
寝だめしておこう。
と思ったことはありませんか?

実は寝過ぎや寝だめは健康によくないんです。

平日の睡眠不足や睡眠の質が悪いから
といって休日などに必要以上に多く眠ってしまうと
その日は寝つきが悪くなってしまったり
眠りが浅くなってしまったりしまいます。

その後の睡眠の質を悪化させてしまうことに繋がってしまうのです。

人のからだには
ホメオスタシス というものと 体内時計というものが備わっています。

ホメオスタシスとは、身体がある一定の状態を維持するようになっている機構の事で、
睡眠ではホメオスタシスの働きによって
必要以上に眠る必要がなくなっているのです。

体内時計は、とても大切なもので
狂っても簡単に元に戻る!と侮ってはいけません。
体内時計が狂うと、生活リズムまで狂ってしまう事もあります。
そこから不眠症などの睡眠障害やうつ病にまでなってしまうかもしれません。

それでも日頃の睡眠不足が…
という方は、お昼寝をおすすめします。
しかし15分~30分以内にしておく事が大切です

カテゴリー: 未分類 | コメントする

シャワーから入浴へ変えるだけで血流がスムーズになりプラス効果満載

体の疲れがなかなか取れない、肩こりがひどい、むくみやすい…こんなお悩みを抱えている方、もしかしてシャワーで済ませてしまっていませんか?
面倒かもしれませんが、夜に入浴するようにすると、こういった悩みはかなり解消されてくると思います。
最初に挙げたような体の疲れや肩こり、むくみといった不調というのは、体の血流が滞っていることが原因となって起こることが多いのです。
シャワーでも、確かに体の汚れは落とせますし、時間もかからず浴室掃除も楽ちんですから、暖かい季節などは特にシャワーしか使わないという方も多いかと思います。
しかし、そこを頑張って湯船にお湯を張って10分でも浸かるようにすると、体が温まり、血流が良くなります。ポイントは、湯温をあまり熱くしないことです。ぬるめのお湯にゆっくり浸かって、体の芯から温まりましょう。入浴剤などを入れると、リラックス効果も高まりますので、おすすめです。
お風呂で温まり高くなった体温が徐々に下がってきたところで就寝すると、良質の眠りが得られるとも言われています。
ぜひ、夜のぬるめの入浴、お試しください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

夏バテや熱中症予防に効果のある食材で夏を乗り切ろう

最近熱中症でなくなる人の数が増えてきています。こんなに蒸し暑ければ、食欲も低下し夏バテになりつつある人が多いと思いますがそんな方に必須の食材のご案内ですそれがこれです。
①きゅうり②枝豆これには夏バテ予防になる食材だと言われています。疲労回復には鶏の胸肉これはもも肉を買うより値段も安く財布にも優しい食材です。そして疲労回復に最適初k材の1つ玉ねぎこれは何の料理のも使える万能食材です。
熱い中健康には運動が1番と言う人もいますが、こんなに猛暑が続き、体育館など締め切った場所でするとだ数位症状になり危険にいなる事も・・・と考えれるならば冷房使わないのは体に毒疲れが抜けないのも事実です。
なんで私達が一番手軽に出来この夏の対応策として活用的なのは食事管理。管理とまではいきませんがどれかを用いて食事を用意するのは対して難しい事ではありません。ましては玉ねぎは何使用してでも万能ですから。身近に気軽に始めれることから地道にやって行く事が健康に関しては一番いいのかなーと思いました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

食べ物が簡単に手に入る時代だから食生活を見直す必要がある

「最近、身体が何となく重い」や「疲れがとれない」と感じる時は、食生活を見直すのがいちばん解決に近いと思っています。
昨今はコンビニエンスストアに行けば、早朝でも深夜でも食べたい物が手に入ります。また仕事や勉強での疲れがあると、空腹を感じやすくなり、つい食べ物を手に取り、想定外に食べてしまうことも多くなります。それが、身体に負担をかける1つの理由だと私は思います。身体にとって重要なことは栄養補給であり、多量に食べることではないのです。
以前の私も食べることが大好きで常に手元にお菓子を持ち歩き、何か行動が一段落する度に口にしていました。それがある日突然、自分が大して空腹でないことに気がついたのです。「本当にお腹が空いているのか?」「今本当に食べたい気分なのか?」と自分に冷静に問いかけると、よくわからない気持ちになったのです。それ以来、お菓子を口にする前に、まずは飲み物で喉を潤し、「今は空腹?」と自分に尋ねるようにしています。
究極は、お腹が鳴るくらいまで空腹でいていいのではないか?という考えに行き着いて、今はそれを実行しています。そして、食べる量も、食事中に「まだ食べたいか?ここで止めておこうか?」などと自分に尋ねるようにしています。そうしているうちに、身体が何を食べたいか、私に教えてくれるようになりました。
そのおかげで今ではお腹周りもすっきり、顔の大人ニキビもなくなり、健やかになったと実感しています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする