普段の食事ではタンパク質が全然足りない

以前はプロテイン=筋トレをする人やアスリートが摂るもの、というイメージで自分には関係ないと思っていたんですけど、1年ほど前に運動不足解消とダイエットの為ジムに通い始め、トレーナーさんにまずは筋トレで筋肉をつけ、有酸素運動で脂肪を燃やすよう言われました。
それでプロテインを摂り始め、普段の食事ではタンパク質が全然足りなかったと気付き食事の内容にも気を使うようになりました。
もともと体脂肪多い、筋肉少ないの肥満だったんですけど、1年で体脂肪は10%位落ち、筋肉は標準くらいになりました。体重は変わらないですけど。
お肌のハリ、コラーゲンも結局はタンパク質だと知ってからは筋肉を付けるためというより、美容のためにも運動しない日でもプロテインは摂っています。
デスクワークだけでほとんど体を動かしてなくてもタンパク質は必要ですし、食事だけで一日の摂取量をまかなうのは大変ですからね。
よくコラーゲンドリンクで1本に5000mgなんて書いてますが、あれ1本飲むんだったらプロテインスプーン1杯飲んだ方がコスパは高い気がします。
コラーゲンドリンクにはたいていヒアルロン酸とか美容成分が入っているからどっちがいいかは専門家じゃないし分からないですけど。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プロテインは誰が飲んでも効果がある

プロテインを利用しています。
使う前はボディビルダー専門のちょっと縁遠いものかと思っていたのですが
実際に使うようになってみると、牛乳や豆乳とさほど変わらないと実感できます。

初めて使ったのは、筋トレをしている時です。
ちょっと体が太ってぶよぶよしてきたので、筋トレをして
引き締めようと思いました。そこで通販でダンベルを片手分15キロずつ
購入し、全身の筋肉を鍛えはじめました。鍛えた直後の30分以内に
プロテインを飲むと、疲れもとれやすいし、筋肉も育ちやすいということで
購入することに決めました。
スポーツ用品店に行くと、筋トレコーナーみたいなのがあり
そこに2リットル分のプロテインと、プロテインを水で溶くシェイカーが
置いてありました。なんか気分はボディビルダーという感じで
高揚しながら、購入しました。
スプーン1から3杯くらいをシェイカーに入れて、適量の水で溶いて
飲むだけなので簡単です。

実際飲んでみて効果はあると思いますし、プロテインはそのまま
タンパク質のことなので、誰が飲んでもまったく効果がないことは
ないと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プロテインは筋肉増強とダメージを負った筋肉の早期の修復のため

プロテインを知らない方に簡単に説明すると
プロテインとはタンパク質のことで、お肉や大豆などから
摂取するはずのタンパク質を手軽にとれるように粉末状に
してあるサプリの一種です。

使い方はプロテイン専用のシェイクするための密封容器が
ありますので、そこにプロテインをお匙ですくって入れて
水や人によっては牛乳や豆乳を入れて、ふたをしめて
シェイクして溶かしてから飲みます。

プロテインを摂取する目的は、筋肉を増強したい場合と
運動によってダメージを負った筋肉の早期の修復のためです。

ダンベルなどで筋肉トレーニングをしたあとに
プロテインを飲みます。これは筋肉を増強したいためです。
摂取するタイミングはトレーニング後30分以内が最適と
いわれています。

またはランニング後に飲みます。
これは酷使した足の筋肉のダメージを早く抜くためです。

筋トレのみならずランニングを生活においてもプロテインは欠かせないサプリなのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プロテインを飲むタイミングを間違えていませんか?

プロテインを飲むタイミングを間違えていませんか?体力作りや部活、トレーニングなどでプロテインを摂取している方も多いと思います。そこでプロテインを飲むタイミングについて解説していきたいと思います。
プロテインはたんぱく質の補給を目的としたもので、たんぱく質は筋肉などの修復に使われます。トレーニング後は身体が破壊された筋繊維を修復しようとしている状態になります。よってそのタイミングでプロテインを摂取したほうが一番効率がいいと言えます。
例えばトレーニング直前、トレーニング中、トレーニング直後、このあたりがプロテインを摂取するのに一番適しています。
就寝中にも壊れた筋繊維を修復しようと身体が活動しているときです。ですので就寝前に飲むということもあります。しかしこれにはひとつ欠点があります。それは就寝直前のカロリー摂取になるということです。結果筋肉を太くしたいのにも関わらずカロリー摂取によってウエイトオーバーになってしまったりする可能性がありますので自身の運動量やトレーニング負荷と相談して摂取するように調整しましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プロテインは飲む時間やタイミングがとても大事

プロテインにはいくつかの種類があります。痩せるためのプロテインや筋肉をつけるためのプロテイン、体を引き締めるためのプロテインなどがあります。中でも筋肉をつけるためのプロテインは多くの人に利用されています。部活動をしている学生の人たちも多くいます。筋肉をつけるプロテインにはタンパク質が多く含まれています。タンパク質は筋肉をつくるのにとても必要な成分です。筋肉をつけるプロテインは運動後に摂取するとより多くの効果が期待されます。筋肉をつけるプロテインは飲む時間やタイミングも大事になってきます。飲むタイミングとして良いとされているのが朝食の後、運動後、寝る前です。上の文でも少しふれましたが、中でも一番効果があるのが運動後です。運動後はタンパク質を多く吸収されるようになっています。だから、運動後におにぎりを食べると良いと言われますが、これは米にタンパク質が多く含まれているからです。このようにプロテインを摂取するタイミングによってより多くの効果を期待することができます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プロテインは筋肉のイメージ?女性に必要なプロテインとは

女性に必要なプロテインについて。
プロテインをいうと、筋肉のイメージが強いと思います。
しかし最近では美容の部分でも注目されてきており、プロテインダイエットなどという言葉もCMで出ていて随分普及してきました。
プロテインには動物性・植物性があり、女性に必要なのは植物性。スポーツ選手がとる動物性プロテインとは別のものです。
たいてい植物性プロテインの原材料は大豆です。
なので植物性プロテインをとることは、筋肉がつくのではなく肌や髪・爪などに効きます。
納豆や豆乳をとることと同じで、とればとるほど効果が感じられると思います。
昔から「マイクロダイエット」というのもありましたが、今でいうプロテインダイエットと同じ、植物性のプロテインです。
腹持ちもよく、中から肌をととのえてくれます。
原料が大豆なので無調整豆乳のように苦手な人もいると思います。
飲みやすいものはカロリーも高かったりします。
でもプロテインの良いことろは料理やお菓子に使えることです。
ハンバーグやシチューに混ぜることもできますし、豆乳ケーキやムース、大豆バーだって作れます。いくらでも食べる方法はあります。
周囲に髪や爪がピカピカのひとはいませんか?
植物性プロテインにこだわっている人、実は多いと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プロテインは男性だけではなく女性にも必要

プロテインをいうと、筋肉のイメージが強いと思います。
しかし最近では美容の部分でも注目されてきており、プロテインダイエットなどという言葉もCMで出ていて随分普及してきました。
プロテインには動物性・植物性があり、女性に必要なのは植物性。スポーツ選手がとる動物性プロテインとは別のものです。
たいてい植物性プロテインの原材料は大豆です。
なので植物性プロテインをとることは、筋肉がつくのではなく肌や髪・爪などに効きます。
納豆や豆乳をとることと同じで、とればとるほど効果が感じられると思います。
昔から「マイクロダイエット」というのもありましたが、今でいうプロテインダイエットと同じ、植物性のプロテインです。
腹持ちもよく、中から肌をととのえてくれます。
原料が大豆なので無調整豆乳のように苦手な人もいると思います。
飲みやすいものはカロリーも高かったりします。
でもプロテインの良いことろは料理やお菓子に使えることです。
ハンバーグやシチューに混ぜることもできますし、豆乳ケーキやムース、大豆バーだって作れます。いくらでも食べる方法はあります。
周囲に髪や爪がピカピカのひとはいませんか?
植物性プロテインにこだわっている人、実は多いと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

筋肉をつけるには自分の体重に比例する分のタンパク質を取る

筋肉を付けたい、と思っている人に欠かせない成分がタンパク質です。最低でも(自分の体重)グラム分のタンパク質を取らなければいけないと言われていますが、それすべてを食事で賄うのは難しいです。大量の肉などを食べる必要があるので同時に莫大なカロリーも摂取してしまいます。そこで使われているのがプロテインです。筋肉トレーニングをしている人の中でこれを飲んでいる人も多いはずです。このプロテインですが、効率的にタンパク質を摂取できる飲み方があります。まず、トレーニングを始める1時間前に飲むことです。トレーニング中は筋繊維が断裂し、筋肉がタンパク質を欲しがっています。よって、トレーニング前に飲むことで、疲れにくい体にすることができ、効率的にトレーニングできます。次は、トレーニング終了後に飲むことです。このタイミングでは、成長ホルモンが活発に出ているので、それに合わせてプロテインでタンパク質を補給すれば、筋肉の回復を促すことができ、翌日の筋肉痛の解消につながります。また、就寝後に飲むのも効果的です。なぜなら、寝ている間も成長ホルモンが活発にでいるからです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

筋力をつける場合プロテイン量と運動の組み合わせが大切

プロテインと聞くと、アスリートや筋肉をつけたい人が飲むもの。他に「プロテインダイエットと聞いたことがある」と思った方が多いのではないでしょうか。身近によく聞く言葉ですが、ちょっとわかりにくいですね。
人間の体の大部分はタンパク質で構成されています。筋肉を修復する時なども、タンパク質を必要とします。人間はタンパク質を取り込んでアミノ酸に分解し、各組織で必要なタンパク質に合成するのです。
このタンパク質を食事から大量に摂取しようとすると、脂肪分や炭水化物も一緒に摂取することになってしまします。そのため、必須アミノ酸を目的別に配合し、脂肪分や炭水化物を除去した「プロテインサプリメント」を摂取するのです。プロテインは「高タンパク質食品」と言われています。
ですから、筋力をつける場合には、プロテイン量と運動の組み合わせが大切ですし、ダイエットを目的とする場合は、食事と置き換えて摂取する事が必要です。
プロテインは、きちんとした知識を得て、目的や自分の体の状態を把握して、適切な種類、量を摂取する必要がある「健康補助食品」なのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

お肉は脂質を多く含んでいるのでプロテインで太らずトレーニング

スポーツをしたあとや、ウェイトトレーニングなどをして筋肉を酷使したあとにはタンパク質が必要になることでしょう。そこでお肉を食べるのもいいのですが、お肉は脂質を多く含んでいます。ですから余分な脂肪も摂取してしまいます。それが気にならないという方ならば良いのですが、やはり太りたくないという人も多いですね。そこで、役に立つのがプロテインです。プロテインはタンパク質を多く摂取することに向いています。これを飲めば元気が出ますし、体の再生も促されるのではないでしょうか。

少々値段は高いかもしれません。また、プロテインを飲む時は牛乳に溶かして飲むと美味しいものです。ですからお金がかかるのは仕方がありません。でも、そうなったとしてもプロテインを飲む価値はあるかもしれません。ハードなトレーニングをして体の再生が追いつかない時にはプロテインが役立つのではないかなと思います。プロテインにはホエイプロテインやソイプロテインがあります。ソイプロテインは体にとどまりやすく、ゆっくり吸収されていくのが特徴です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする