筋トレのイメージが今と昔では違う

Pocket

この1~2年で筋トレの一般的な先入観が少しづつ変わってきている傾向があると思われる。ひと昔までは筋トレ=ナルシストのようなイメージがあったが、昨今の芸能界を始め、youtubeなどの媒体により、セレブや海外、芸能人も自己の健康管理という面で行うようになってから一般のイメージも少しづつナルシスト→健康という風に変わってきた。しかし、日本の筋トレイメージは海外に比べたらまだまだ間違ったイメージが強いのは残る。
例えば、「その筋肉使えないでしょ」「なんの為にやっているの」などということをよく耳にする。私もよくそのようなことを聞かれるが、そのようなことを言ってくる方は年配の昔のイメージを持っている方がよく聞いてくる。逆に若い方は「やってみようかな?」「かっこいいですね」とかポジティブな発言をされることが多いので、これもTVなどの影響が大きい。
まだまだ日本でのフィットネス業界は海外に比べて、規模も市場も小さい。これから若者がどんどん筋トレを広めていって、みんなが健康になれば日本も健康になるのかな?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です