プロテインを飲むだけではなく、トレーニングは必須

プロテインを飲んだ経験がある人もいると思います。どういう時に飲むかと言うと、体脂肪を燃焼したり、筋力をつけたいときでしょう。
特に運動前に飲むのも良いです。
プロテインのサプリメントを、運動前に多めに飲み、運動をしまょう。
運動は、どんなことでもかまいません!有酸素運動を20分以上続けると、脂肪燃焼に効果的という事でしたので、
意識して行いましょう。
さらに自宅で、筋力トレーニングをすることもおすすめします。プロテインを飲んだ後、ダンベル運動や自重運動をします。
筋力トレーニングは、脂肪燃焼とは異なり、強い力を短時間に部分的に集中してトレーニングする事で筋肉がつくとの事です。
この筋肉のもととなるのがプロテインと聞いていました。
ですので、プロテインを飲むと効率的に筋肉がつくようになるそうです。
この方法で、1年位で肉体改造できます。
もともと、やや太り気味の男性で贅肉と脂肪で太っていたので、でっぷりしたイメージの人でもプロテインと、トレーニングの結果、肩や腕の辺りの筋肉が盛り上がって、いかにも男らしいがっしりした体型に変わることができます。
プロテインは人により効果が異なるようです。また、飲むだけではなくトレーニングが必須であることを理解しましょう。

プロテインはリバウンドを防いでくれる

みなさんは、プロテインと聞きますと、どの様なイメージを持たれますでしょうか?
ボディービルダーやアスリートが飲んでいる物! といった
イメージをお持ちではないでしょうか?
しかし、実際はそんな事は、無いんです!
まず、プロテインには様々な種類があるんです!
ホエイプロテインやダイエットプロテインなどなど・・・
様々あります。
上記にある様に、実はプロテインはダイエットをする時にも、飲む物でもあるのです!
なぜ、ダイエットをするのに、「なんで、プロテインなんか飲むの?」と
思われる方もいらっしゃると思います。
何故、ダイエットにプロテインが必要なのでしょうか。
皆さまも、ダイエットをして、その後リバウンドをしてしまった!
などと言う、経験をお持ちでは、無いでしょうか?
実は、プロテインは、そのリバウンドを防いでくれる、優れものなのです!
そもそも、何故、リバウンドをしてしまうのか、と言いますと、凡その理由として
それは、ダイエット中の食事制限などにより、体に必要な栄養素が足りなく
なってしまい、その栄養素を体中の骨や筋肉から取ってしまうのです!!
つまり、失敗したダイエットの原因は、脂肪を落とさず、脂肪より重たい筋肉が減った結果、体重が落ち、ダイエットに成功したと勘違いしてしまうのです!
体から、筋肉が落ちてしまうと、基礎代謝が落ちてしまい、1日の生活での
消費カロリーが少なくなってしまう事に、リバウンドの秘密があります。
そこで、登場するのがプロテインなのです!
なぜ、ここでプロテインなのかと言いますと、プロテインは良質なタンパク質で出来ていて、運動をした直後に飲むと、筋肉の修復を手伝ってくれます。
そうしますと、ダイエット中で食事制限をしていても、低カロリー・高たんぱく
なプロテインが、タンパク質不足などで、無くなってしまう、筋肉を修復そして、増強してくれるので、結果的に、基礎代謝が上がり、ダイエットを終了した後でも
太りずらく、リバウンドしづらい、体質に体質改善する事が出来るのです!
さらに、プロテインは、お菓子メーカーさんなどが、製造している物もあり、
例えば、ココア味のプロテインを、何も言われずココアだよ! と言われて
飲まされても、本物のココアと遜色ない程味や匂いが良い物が増えています!
みなさん、ぜひダイエットの際には、プロテインを飲みながら、トレーニングしてみては、いかがでしょうか?

毎日筋トレをしてその後にプロテインを飲むのがおすすめ

とにかく筋肉を増やしたいというかたには、毎日筋トレをして、その後にプロテインを飲むことをおすすめします。
だいたい筋トレして30分以内にタンパク質を摂取するといいという風に言われていたので、筋トレをした後すぐにプロテインを飲みましょう。
もちろん食事は3食しっかり取るようにして、あくまでもそれの補助的な意味でプロテインを活用します。
実際にプロテインを飲んでいた時は筋肉はそれなりに増えます。
やっぱり筋肉にとって重要なのは、タンパク質なので食事もできる限りタンパク質を多く取るようにすることです。
プロテインの飲み方は人によっていろいろあると思います。
牛乳に入れて飲む人もいれば、水に入れて飲む人もいます。
中でも水がおすすめで、理由は、筋肉をつけると同時に体脂肪も落としたかったからです。
なので、牛乳だと余計なカロリーまで摂取しなければいけないので、できるだけ水に混ぜて飲みましょう。
効率よく筋肉をつけたい場合には、プロテインはとても有効です。

自分のスポーツや目的にあったプロテイン選びが必要

プロテインにも種類があって、ホエイプロテイン、大豆プロテイン、カゼインプロテインなど色々あります。その中でも私が愛用しているのは、大豆プロテインであります。プロテインの中でも肝臓の負担も他と比べて少なく、ホエイなどと比べ体重がつきにくいからであります。ホエイプロテインは飲むとすぐに栄養が吸収され、体重が増えますし筋肉もつきます。自分は陸上の長距離をやっていたから、大豆プロテインで、自分のスポーツや目的にあったプロテイン選びが必要です。プロテインは、ダイエットなどにも使われているし、栄養補給ということで病気がちの人にも効果があるのではないかと思います。飲み方なのですが、やはりシェイカーを買って水の量を量って、プロテイン2,3杯入れます。ここでポイントなのが、先に水を入れてからプロテインの粉を入れることです。特に大豆プロテインの場合は、粉を先に入れるとうまく混ざりません。私はプロテインを飲んでて良かったと思うときがありました。牛乳やスポーツドリンクなどで混ぜてもおいしいですよ。

普段の食事ではタンパク質が全然足りない

以前はプロテイン=筋トレをする人やアスリートが摂るもの、というイメージで自分には関係ないと思っていたんですけど、1年ほど前に運動不足解消とダイエットの為ジムに通い始め、トレーナーさんにまずは筋トレで筋肉をつけ、有酸素運動で脂肪を燃やすよう言われました。
それでプロテインを摂り始め、普段の食事ではタンパク質が全然足りなかったと気付き食事の内容にも気を使うようになりました。
もともと体脂肪多い、筋肉少ないの肥満だったんですけど、1年で体脂肪は10%位落ち、筋肉は標準くらいになりました。体重は変わらないですけど。
お肌のハリ、コラーゲンも結局はタンパク質だと知ってからは筋肉を付けるためというより、美容のためにも運動しない日でもプロテインは摂っています。
デスクワークだけでほとんど体を動かしてなくてもタンパク質は必要ですし、食事だけで一日の摂取量をまかなうのは大変ですからね。
よくコラーゲンドリンクで1本に5000mgなんて書いてますが、あれ1本飲むんだったらプロテインスプーン1杯飲んだ方がコスパは高い気がします。
コラーゲンドリンクにはたいていヒアルロン酸とか美容成分が入っているからどっちがいいかは専門家じゃないし分からないですけど。

プロテインは誰が飲んでも効果がある

プロテインを利用しています。
使う前はボディビルダー専門のちょっと縁遠いものかと思っていたのですが
実際に使うようになってみると、牛乳や豆乳とさほど変わらないと実感できます。

初めて使ったのは、筋トレをしている時です。
ちょっと体が太ってぶよぶよしてきたので、筋トレをして
引き締めようと思いました。そこで通販でダンベルを片手分15キロずつ
購入し、全身の筋肉を鍛えはじめました。鍛えた直後の30分以内に
プロテインを飲むと、疲れもとれやすいし、筋肉も育ちやすいということで
購入することに決めました。
スポーツ用品店に行くと、筋トレコーナーみたいなのがあり
そこに2リットル分のプロテインと、プロテインを水で溶くシェイカーが
置いてありました。なんか気分はボディビルダーという感じで
高揚しながら、購入しました。
スプーン1から3杯くらいをシェイカーに入れて、適量の水で溶いて
飲むだけなので簡単です。

実際飲んでみて効果はあると思いますし、プロテインはそのまま
タンパク質のことなので、誰が飲んでもまったく効果がないことは
ないと思います。

プロテインは筋肉増強とダメージを負った筋肉の早期の修復のため

プロテインを知らない方に簡単に説明すると
プロテインとはタンパク質のことで、お肉や大豆などから
摂取するはずのタンパク質を手軽にとれるように粉末状に
してあるサプリの一種です。

使い方はプロテイン専用のシェイクするための密封容器が
ありますので、そこにプロテインをお匙ですくって入れて
水や人によっては牛乳や豆乳を入れて、ふたをしめて
シェイクして溶かしてから飲みます。

プロテインを摂取する目的は、筋肉を増強したい場合と
運動によってダメージを負った筋肉の早期の修復のためです。

ダンベルなどで筋肉トレーニングをしたあとに
プロテインを飲みます。これは筋肉を増強したいためです。
摂取するタイミングはトレーニング後30分以内が最適と
いわれています。

またはランニング後に飲みます。
これは酷使した足の筋肉のダメージを早く抜くためです。

筋トレのみならずランニングを生活においてもプロテインは欠かせないサプリなのです。

プロテインを飲むタイミングを間違えていませんか?

プロテインを飲むタイミングを間違えていませんか?体力作りや部活、トレーニングなどでプロテインを摂取している方も多いと思います。そこでプロテインを飲むタイミングについて解説していきたいと思います。
プロテインはたんぱく質の補給を目的としたもので、たんぱく質は筋肉などの修復に使われます。トレーニング後は身体が破壊された筋繊維を修復しようとしている状態になります。よってそのタイミングでプロテインを摂取したほうが一番効率がいいと言えます。
例えばトレーニング直前、トレーニング中、トレーニング直後、このあたりがプロテインを摂取するのに一番適しています。
就寝中にも壊れた筋繊維を修復しようと身体が活動しているときです。ですので就寝前に飲むということもあります。しかしこれにはひとつ欠点があります。それは就寝直前のカロリー摂取になるということです。結果筋肉を太くしたいのにも関わらずカロリー摂取によってウエイトオーバーになってしまったりする可能性がありますので自身の運動量やトレーニング負荷と相談して摂取するように調整しましょう。

プロテインは飲む時間やタイミングがとても大事

プロテインにはいくつかの種類があります。痩せるためのプロテインや筋肉をつけるためのプロテイン、体を引き締めるためのプロテインなどがあります。中でも筋肉をつけるためのプロテインは多くの人に利用されています。部活動をしている学生の人たちも多くいます。筋肉をつけるプロテインにはタンパク質が多く含まれています。タンパク質は筋肉をつくるのにとても必要な成分です。筋肉をつけるプロテインは運動後に摂取するとより多くの効果が期待されます。筋肉をつけるプロテインは飲む時間やタイミングも大事になってきます。飲むタイミングとして良いとされているのが朝食の後、運動後、寝る前です。上の文でも少しふれましたが、中でも一番効果があるのが運動後です。運動後はタンパク質を多く吸収されるようになっています。だから、運動後におにぎりを食べると良いと言われますが、これは米にタンパク質が多く含まれているからです。このようにプロテインを摂取するタイミングによってより多くの効果を期待することができます。

プロテインは筋肉のイメージ?女性に必要なプロテインとは

女性に必要なプロテインについて。
プロテインをいうと、筋肉のイメージが強いと思います。
しかし最近では美容の部分でも注目されてきており、プロテインダイエットなどという言葉もCMで出ていて随分普及してきました。
プロテインには動物性・植物性があり、女性に必要なのは植物性。スポーツ選手がとる動物性プロテインとは別のものです。
たいてい植物性プロテインの原材料は大豆です。
なので植物性プロテインをとることは、筋肉がつくのではなく肌や髪・爪などに効きます。
納豆や豆乳をとることと同じで、とればとるほど効果が感じられると思います。
昔から「マイクロダイエット」というのもありましたが、今でいうプロテインダイエットと同じ、植物性のプロテインです。
腹持ちもよく、中から肌をととのえてくれます。
原料が大豆なので無調整豆乳のように苦手な人もいると思います。
飲みやすいものはカロリーも高かったりします。
でもプロテインの良いことろは料理やお菓子に使えることです。
ハンバーグやシチューに混ぜることもできますし、豆乳ケーキやムース、大豆バーだって作れます。いくらでも食べる方法はあります。
周囲に髪や爪がピカピカのひとはいませんか?
植物性プロテインにこだわっている人、実は多いと思います。