アミノ酸がプロテインより値段が高い理由は分子の大きさ

プロテインをこれから飲もうかどうか考えてる人には参考になります。スポーツを始めたので、プロテインを飲んで筋力アップさせたい方や疲労回復のためにプロテインを飲む方もいると思います。プロテインにも様々な種類があります。違いは、成分の違いや成分量です。ただし、基本的には、プロテインはタンパク質を摂取することです。これに関してはどのプロテインも同じです。ここで初心者であれば、アミノ酸とプロテインの違いが気になる方が出てきます。アミノ酸の方が値段は高いです。しかし、アミノ酸もプロテインも実は同じタンパク質が主成分です。同じ成分なのにどうして値段が違うのかというと、分子の大きさです。つまり、アミノ酸は、タンパク質の分子が小さく、プロテインは分子がアミノ酸よりも大きいです。これにより、体内における吸収力のスピードに差が出てきます。アミノ酸は分子が小さいわけですから、体内への吸収が早いです。そういう点からもアミノ酸とプロテインでは、飲むタイミングなども少し異なっています。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントする

筋トレを習慣にするためには、ハードルを低くすること

『筋トレが続く方法』

あなたは「筋トレが今回も続かなかった…」と嘆いていませんか?
続かない原因はハードルが高すぎることに理由があったのです。

筋トレを習慣にするためには、ハードルを低くすることです。
最初から筋トレをちゃんとやろうとしてはいけません。
筋トレをやろうとするのではなく毎日続けることを意識します。
例えば、「筋トレの本をただ眺める」。最初はこのくらいのことから始めます。
慣れてくると次第に次にステップに進みたくなってきます。
そのときに初めて筋トレを行えばいいのです。

なぜハードルを下げるとよいのか?それはいきなりちゃんとやろうとすると
体が異常事態だと勘違いしてやめさせようとするのです。
だからハードルを低くしてこっそりと行うことが重要なのです。

ハードルの設定方法としては体調が悪くてもできることをオススメします。
この設定方法なら体調に左右されることなく実行できます。
ハードルを下げることは他の習慣にも応用可能です。
是非活用してみてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ダイエットにはプロテインが効果的

ダイエットにはプロテインが効果的という事を知っていますか?

脂肪を燃焼してくれるのは筋肉。その筋肉を作るのがタンパク質。タンパク質を効率よく摂取出来るのが、プロテインという訳です。

食事制限だけのダイエットは、体重は落ちますが、筋肉も落ちてしまうのでリバウンドしやすくなります。
また筋肉がないと見た目にも締まりのない体になってしまいます。

プロテインを一番摂取すると良いのは運動後すぐです。
筋肉をつけるという事は、負荷をかける事で筋肉を壊し、壊れた筋肉が修復して以前よりも強い筋肉になるという事です。
プロテインは筋肉の修復を助けるので、早く理想のプロポーションに近づく事が出来ます。また、筋肉痛にもなりにくいです。

プロテインには色々な種類があります。主にソイプロテインとホエイプロテインです。
ソイは大豆、ホエイは牛乳からできています。ソイプロテインの方がカロリー低いので、ダイエット向きです。

ダイエットで運動を取り入れるならプロテインは活用するべきですよ!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

筋トレをジムと自宅で行うメリット&デメリット

筋トレは自宅でする方法やジムに行く方法などがあります。それぞれメリットとデメリットがあります。
自宅で行うメリットは時間や場所を選ばないことです。またジム使用料などが発生せず、お金がかからない点です。デメリットは、専用の器具などが無く、より高度な筋トレを行いにくい点です。またトレーナーなども居ないので、アドバイスなどが受けられない点です。
ジムで行うメリットは、やはり多種多様な器具があることや、トレーナーのアドバイスを聞くことが出来る点などです。
筋トレの効果も様々あります。まずダイエット効果が高いことです。筋トレをすることによりカロリーを消費することが出来ます。また基礎代謝も向上し、筋肉量増加前よりも太りにくい体になれます。外見も美しくなれます。そして、命に関わるほど肥満されている方が、ダイエットする為には筋トレも必要だと考えられます。
筋トレは肉体的にハードなことなので、しっかりと目標意識を持つことが重要です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プロテインはただの「高タンパク食品」

プロテインとは本来、タンパク質のことですが、日本の日常ではタンパク質を主成分とするプロテインサプリメントのことを略してプロテインと呼びます。主に市販されているプロテインはホエイプロテインであり、牛乳から作られるホエイ蛋白を使用して作られています。
プロテインはただの「高タンパク食品」であるが、筋肉の維持や増強のための服用されることが多いです。しかしプロテイン自体には筋肉の増強作用はありません。長期間に渡るトレーニングと食事との併用により初めて効果が得られるようになります。
プロテインを飲むだけで痩せることが出来ると勘違いされがちであるが、運動をせずにプロテインを摂取した場合はむしろ肥満になることもあります。なので、ダイエットを目的としてプロテインを摂取する場合は食事をプロテインに置き換える必要があります。また、ダイエットを目的として販売されているプロテインに使われる甘味料は、多角的低カロリーなものが採用されています。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントする

有酸素運動と無酸素運動

マラソンは数年前からブームですが、最近はそこから派生して筋トレもブームになっています。高齢化社会の影響もあって、日本全体で健康意識が高まっています。健康には運動が必須なので、多くの人が取り入れています。
マラソンは有酸素運動で、筋トレは無酸素運動なのですが、最近はこの辺の知識に関しても適正に認識されてきています。昔は有酸素運動は健康に良いが、無酸素運動は筋肉が付くだけというような間違った認識がされていました。しかし、現在では運動に関して正しく科学的に認識されていて、無酸素運動も重要で、有酸素運動と組み合わせると成長ホルモンの影響で相乗効果があることも知れ渡っています。もちろんマラソンに特化した健康法を行っている人もいるかもしれませんが、筋トレと組み合わせた方がメリットが多いでしょう。最近は腹筋女子のように女性でも筋トレを行っている人が多く、これは日本人の健康に非常に良い傾向で、今後も続くでしょう。”

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プロテインを飲むだけではなく、トレーニングは必須

プロテインを飲んだ経験がある人もいると思います。どういう時に飲むかと言うと、体脂肪を燃焼したり、筋力をつけたいときでしょう。
特に運動前に飲むのも良いです。
プロテインのサプリメントを、運動前に多めに飲み、運動をしまょう。
運動は、どんなことでもかまいません!有酸素運動を20分以上続けると、脂肪燃焼に効果的という事でしたので、
意識して行いましょう。
さらに自宅で、筋力トレーニングをすることもおすすめします。プロテインを飲んだ後、ダンベル運動や自重運動をします。
筋力トレーニングは、脂肪燃焼とは異なり、強い力を短時間に部分的に集中してトレーニングする事で筋肉がつくとの事です。
この筋肉のもととなるのがプロテインと聞いていました。
ですので、プロテインを飲むと効率的に筋肉がつくようになるそうです。
この方法で、1年位で肉体改造できます。
もともと、やや太り気味の男性で贅肉と脂肪で太っていたので、でっぷりしたイメージの人でもプロテインと、トレーニングの結果、肩や腕の辺りの筋肉が盛り上がって、いかにも男らしいがっしりした体型に変わることができます。
プロテインは人により効果が異なるようです。また、飲むだけではなくトレーニングが必須であることを理解しましょう。

カテゴリー: プロテイン | タグ: | コメントする

プロテインはリバウンドを防いでくれる

みなさんは、プロテインと聞きますと、どの様なイメージを持たれますでしょうか?
ボディービルダーやアスリートが飲んでいる物! といった
イメージをお持ちではないでしょうか?
しかし、実際はそんな事は、無いんです!
まず、プロテインには様々な種類があるんです!
ホエイプロテインやダイエットプロテインなどなど・・・
様々あります。
上記にある様に、実はプロテインはダイエットをする時にも、飲む物でもあるのです!
なぜ、ダイエットをするのに、「なんで、プロテインなんか飲むの?」と
思われる方もいらっしゃると思います。
何故、ダイエットにプロテインが必要なのでしょうか。
皆さまも、ダイエットをして、その後リバウンドをしてしまった!
などと言う、経験をお持ちでは、無いでしょうか?
実は、プロテインは、そのリバウンドを防いでくれる、優れものなのです!
そもそも、何故、リバウンドをしてしまうのか、と言いますと、凡その理由として
それは、ダイエット中の食事制限などにより、体に必要な栄養素が足りなく
なってしまい、その栄養素を体中の骨や筋肉から取ってしまうのです!!
つまり、失敗したダイエットの原因は、脂肪を落とさず、脂肪より重たい筋肉が減った結果、体重が落ち、ダイエットに成功したと勘違いしてしまうのです!
体から、筋肉が落ちてしまうと、基礎代謝が落ちてしまい、1日の生活での
消費カロリーが少なくなってしまう事に、リバウンドの秘密があります。
そこで、登場するのがプロテインなのです!
なぜ、ここでプロテインなのかと言いますと、プロテインは良質なタンパク質で出来ていて、運動をした直後に飲むと、筋肉の修復を手伝ってくれます。
そうしますと、ダイエット中で食事制限をしていても、低カロリー・高たんぱく
なプロテインが、タンパク質不足などで、無くなってしまう、筋肉を修復そして、増強してくれるので、結果的に、基礎代謝が上がり、ダイエットを終了した後でも
太りずらく、リバウンドしづらい、体質に体質改善する事が出来るのです!
さらに、プロテインは、お菓子メーカーさんなどが、製造している物もあり、
例えば、ココア味のプロテインを、何も言われずココアだよ! と言われて
飲まされても、本物のココアと遜色ない程味や匂いが良い物が増えています!
みなさん、ぜひダイエットの際には、プロテインを飲みながら、トレーニングしてみては、いかがでしょうか?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

毎日筋トレをしてその後にプロテインを飲むのがおすすめ

とにかく筋肉を増やしたいというかたには、毎日筋トレをして、その後にプロテインを飲むことをおすすめします。
だいたい筋トレして30分以内にタンパク質を摂取するといいという風に言われていたので、筋トレをした後すぐにプロテインを飲みましょう。
もちろん食事は3食しっかり取るようにして、あくまでもそれの補助的な意味でプロテインを活用します。
実際にプロテインを飲んでいた時は筋肉はそれなりに増えます。
やっぱり筋肉にとって重要なのは、タンパク質なので食事もできる限りタンパク質を多く取るようにすることです。
プロテインの飲み方は人によっていろいろあると思います。
牛乳に入れて飲む人もいれば、水に入れて飲む人もいます。
中でも水がおすすめで、理由は、筋肉をつけると同時に体脂肪も落としたかったからです。
なので、牛乳だと余計なカロリーまで摂取しなければいけないので、できるだけ水に混ぜて飲みましょう。
効率よく筋肉をつけたい場合には、プロテインはとても有効です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

自分のスポーツや目的にあったプロテイン選びが必要

プロテインにも種類があって、ホエイプロテイン、大豆プロテイン、カゼインプロテインなど色々あります。その中でも私が愛用しているのは、大豆プロテインであります。プロテインの中でも肝臓の負担も他と比べて少なく、ホエイなどと比べ体重がつきにくいからであります。ホエイプロテインは飲むとすぐに栄養が吸収され、体重が増えますし筋肉もつきます。自分は陸上の長距離をやっていたから、大豆プロテインで、自分のスポーツや目的にあったプロテイン選びが必要です。プロテインは、ダイエットなどにも使われているし、栄養補給ということで病気がちの人にも効果があるのではないかと思います。飲み方なのですが、やはりシェイカーを買って水の量を量って、プロテイン2,3杯入れます。ここでポイントなのが、先に水を入れてからプロテインの粉を入れることです。特に大豆プロテインの場合は、粉を先に入れるとうまく混ざりません。私はプロテインを飲んでて良かったと思うときがありました。牛乳やスポーツドリンクなどで混ぜてもおいしいですよ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする