体が冷えて血行が悪くなると、セルライトは仲間を増やそうとする

Pocket

人の脂肪細胞の数は生まれつき決まっていて、脂肪細胞の間を通るように動脈・静脈・リンパ管が存在します。
「肥満=脂肪細胞の肥大化」であり、食生活や運動不足など様々な要因により人は肥満になります。
脂肪細胞が肥大化し、ある程度の大きさになると、それ以上大きくならないようにと、脂肪細胞の周りにコラーゲンの殻が出来ます。
それがいわゆる「セルライト」です。
肥大化した脂肪細胞がセルライトで覆われると、それにより動脈・静脈・リンパ管が圧迫されます。
まず最初に圧迫されやすいのが静脈とリンパ管です。
これらには、体の中の老廃物を回収・排出する働きがあります。
逆に、動脈は、これらに比べて圧迫されにくくなっています。
動脈には栄養を供給する役割があり、人間が生きるために必要なものなので圧迫されにくくなつていると言われています。
なので、セルライトができると、栄養は吸収するが、老廃物を排出しにくい体になっていまい、ますます肥満につながるという悪循環ができてしまうのです。
また、一度できてしまったセルライトは、食事制限や運動ではなくすことは出来ないと言われています。
セルライトをなくす唯一の方法は、マッサージです。
そして、体が冷えて血行が悪くなると、セルライトは仲間を増やそうとするので、これ以上セルライトを増やさないためには肥満に注意し、体を冷やさないようにすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です