果物ダイエットは酵素の力でやせる

手軽に、さらに美味しい思いもできる果物のダイエットの効果について調べてみました。

果物にはダイエット効果が期待されているビタミンやミネラル、食物繊維など豊富な栄養素が含まれており、そのため、ダイエットに効果をもたらすとされているようです。
『酵素』という言葉を、最近よく耳にすると思います。その酵素もフルーツには含まれていて、消化を助けたり、毒素や老廃物を排出したり新陳代謝をアップさせる働きがあります。酵素を体内に蓄えることで、肥満にならない痩せやすい身体を目指すことができるのだそうです。

果物のダイエット方法はいたって簡単です。
朝食は生のフルーツだけで済ませること。旬のものでも、一年中手に入るものでも、自分の好きなフルーツを3種類ほど食べるだけです。ただし、水分補給はフルーツと水だけで行います。

いかがでしょうか?とにかく簡単な方法なので、長続きしやすいと思います。
フルーツの効果で、自分の目指す身体に近づきたいですね!

ファスティングダイエットのおすすめ方法

ファスティングダイエットとは、酵素ドリンクを飲みながら行うダイエットです。
最近はモデルがおすすめする今若い人が注目するダイエットです。
一般的なファスティングダイエットの方法としては酵素ドリンクと水だけを摂取するという簡単なダイエット法です。所要期間は3日間です。3日後のファスティング終了時には栄養バランスの取れた和食等、体に優しい食べ物を食べるのも重要です。ファスティング=断食という意味ですが、断食は体にいくつものいい影響を及ぼします。1つ目は腸内環境の改善です。   大腸の中に便が残っていることを宿便といいますがこびりついてなかなか取れない宿便を取り除く効果があります。2つ目は代謝です。体脂肪を燃焼させ代謝が活発になり痩せやすい体づくりができます。3つ目は免疫力の向上です。体中の化学物質等を解毒する作用があります。アレルギー体質の方にも非常に効果的です。
ファスティングは医療の世界でも注目されており、お医者さんにも注目のダイエット法です。

うま味成分のグルタミン酸に痩せる効果がある

アミノ酸飲料が相変わらず好調な売れ行きだというのです。
一時期、ひんぱんにテレビの健康バラエティ番組で「アミノ酸でやせる」などと取り上げられたことが大きいです。
なんでも、アミノ酸のひとつである「リジン」が、体脂肪を血液中に引っ張り込む働きをするリパ—ゼという酵素の動きを活性化させるのでやせるという原理です。
もっとも、ダイエット効果については、アミノ酸飲科メー力ー自身が「飲んだだけでやせるということはありません」と否定しています。
アミノ酸は血液、臓器、筋肉などをつくるタンパク質の原料で、全部で20種類ほどあります。そのうちの8種類は、体内で合成されない必須アミノ酸で、食事から摂取しなければいけません。アミノ酸にはそれぞれの作用があり、例えば、アスパラギン酸は免疫力向上、アルギニンは脂肪代謝の促進、グルタミン酸は疲労回復、アラニンは肝臓の代謝力アップなど効果があります。また、グルタミン酸は旨味のもとにもなることで有名です。グルタミン酸は普通の食品に含まれているが、とくに昆布に多く含まれており、それで、昔から昆
布はダシをとる調味料とされてきました。食品添加物の化学調味料(グルタミン酸ナトリウム)は、それを化学的につくったものなのです。
化学調味料のことを「うまみ調味料」と言ってくれと、「化学調味料業界」では、一時、躍起になっていました。そのため、テレビ、新聞社、雑誌社はむろんのこと、辞書や教科書をつくる出版社にまで出向いて、頼み込んでいたことがあります。言い分は、「化学調味料は合成されたものではなくて、菌の力で発酵させてつくったものなので、化学という言葉は適切ではない。国際的にも、うまみ調味料として通っているので、是非、化学調味料という表現はやめてもらいたい」というようなものです。グルタミン酸ナトリウムは、かっては石油からムロ成法で製造されていました。現在ではサトウキビ(廃糖蜜)を使った発酵法が主流となっています。一見、化学的に合成されたものではないと錯覚しますが、実は、サトウキビにはグルタミン酸は含まれていません。だから、米を発酵させてつくる清酒や麦からつくるビールとはわけが違うのです。糖分をとったあとの廃糖蜜を、グルタミン酸を生成するグルタミン酸菌という菌に炭素源として与える、つまり餌として与えて
つくるのです。このグルタミン酸菌をどうやってつくり出しているのかは、大変な企業秘密となっています。簡単にいえば、サトウキビをいくら発酵させても、昆布からとれるような本物の調味料は、できないのです。
また、精製する過程で塩酸や界面活性剤といった化学薬品を使うので、化学調味料は化学調味料なのです。
アミノ酸で食品添加物に指定されているのはグルタミン酸ナトリウムのほか、フェニルアラニン、バリン、アルギニン、ヒスチジン、アスパラギン酸、アラニグリシン、システィンです。ところで、アミノ酸飲料のルーツは、ある製薬会社が開発したスポーツ飲料ですが、その理由が実におもしろいので紹介します。
「以前、アミノ酸入りのスポーツドリンクがブームとなりましたが、もともとは医寮用の点滴液だったんです。しかし、つくりすぎて在庫がたまってしまっていた。それを製薬会社会長の『瓶詰にしてドリンクにしろ』の一声で売り出し、大ヒットになったんです。ですから、スポーツドリンクは点滴液を飲んでいるのと同じなんです。アミノ酸飲料水も同様のことがいえます。
病気でもないのに点滴をする人はいないのに、アミノ酸飲料は売れに売れているというのはおもしろく、不思議で、同時に複雑な気分です。

アロエにはダイエットに有効な成分が含まれている

アロエは、様々な効能をもつ自然食材として有名ですよね。アロエの代表的な効能といえば、便秘解消や、胃健効果、民間療法として火傷の治療などに用いられてきました。万能薬とも呼ばれるアロエですが、どうやらダイエット効果にも注目が集まっているそうです。アロエは様々な効能がありますが、直接的にダイエットに役立つ成分が入っているわけではありません。しかし、アロエには関節的にダイエットに有効な効能が、豊富にあります。まず、代表的な便秘改善効果です。便秘の状態になると、体内に老廃物が溜まりやすくなります。腸が健康に保たれると、老廃物が除去しやすくなり、デトックスが促進されます。デトックスが促進されることで、代謝が上がり、痩せやすい体に近づきます。さらに加えて、血行を促進する作用がありますから、血流が良くなり、脂肪燃焼のサイクルを助けてくれます。関節的ではありますが、とても嬉しい効果があるのが、アロエを用いたダイエット方法です。ダイエット中に便秘にお困りの方は、アロエを取り入れてみてはいかかでしょうか。

アメリカで朝に1杯あるものを飲むだけ!のダイエット

夏も本番…薄手の服を身に着けるたびに「太ったかな~」と
体型を気にすることが多くなってきました。

ジムへ行って体を動かしたり、大好きなお菓子を我慢したり、
ダイエットって辛いイメージがありますが、
今、アメリカで朝に1杯あるものを飲むだけ!のダイエットが話題となっています。

それは、【お湯にレモンを絞って飲むこと】です。
方法は、朝起きたらまず沸かしたお湯にレモンを絞って飲む、それだけです。
これだけで、空腹感も満たされるのだそうです。

でも本当にこれだけで効果があるのかが気になるところですよね。

レモンにはビタミンCが多く含まれていることは皆さんご存知のことかと思います。
でもビタミンC以外にも豊富に栄養素を含んでおり、また利尿作用もあるのだそうです。
さらに、お湯には消化を活発にする作用があるためデトックス効果もあり、
また、便秘解消にも繋がると考えられます。
水(お湯)が体内の血液循環を活発化することを考えると
レモンとお湯ならさらに代謝を活発化させメタボ予防に効果を発揮してくれそうです。

BOOCSダイエットのメリットや始め方

最初の3日~1週間の食べ方
BOOCSはじめると最初の3日~1週間ま
では、和食以外の健康に悪いものを、たて続けに食べたくなることがあるかもしれません。例えば豚カツ、カレー、ラーメンなどが食べたければ、それもいいでしょう。ただし、和食に好きなものがあれば、なるべく和食を中心に食べてください。
とにかくはじめから、一から十までいままでの習慣を変えてしまおうとするのは、よくありません。
お腹はいっぱいになっても心から満足できない食事では、脳疲労は除かれません。ですから最初は体重計を心配するよりも、好きなものをたっぷり食べてください。スタートの時期に少しも体重が減らなくても一向にかまわないのです。

徐々に和食を増やす
最初の1週間ほどは自分の好きなもので1日1快食を続け、脳疲労を徐々に除きながら、少
しずつ和食中心の食事に切り替えましょう。
基本的には、伝統的な日本食、いわゆる「おふくろの味」に代表されるご飯、野菜たっぷり
の煮物、煮(焼き)魚、おひたし、味噌汁といったものですが、素材と料理法は、自分に合ったものを自由に選ぶことが何よりも大切です。最初は、1品でも好きなものを加えれば、それで良いのです。こうして伝統的な日本の家庭料理のおいしさを思い出せるようになったら、料理のメニューを増やしていくともっと楽しめるでしょう。料理を作る立場の主婦の方は、和食の料理の本をご覧になるのも良いかもしれません。和食の豊かなバリエーションの多さにあらためて感嘆されることでしょう。そうするとさらに創る喜びが生まれてきて、これは「脳疲労」の特効薬になります。
煮ることを主に、揚げる、炒めるを従に家庭の和食というと、どんな料理を思い浮かべますか。男性だったら居酒屋で出てくる「芋の煮っころがし」や「肉じゃが」でしょうか。おふくろの味を幾品も作れるお母さんが、最近はめっきり少なくなってしまって寂しい限りです。
そもそも日本の伝統食は「煮る 焼く蒸す」が中心です。和食の中に油で炒めるものを入れるようになったのは戦後であり、このたかだか数十年間での油の消費量の増加が日本人の肥満に追い打ちをかけたのは事実です。油を目の敵のように考える必要はありませんが、油料理が特に欲しくないときには体を大切にする意味で、油に頼らないおいしい料理を食卓に少しず
つ取り入れていく知恵を学びましょう。

和食の良さを見なおす
BOOCS1日1快食は和食の家庭料理が基本です。肥満の方は、「何を食べてはいけない
か」ということばかりに目が向きがちですが、まず「健康にいい食物の中で何がおいしいか」を考えることが大切なのです。そして、和食はそのほとんどが「健康にいい食物」なので、いいか悪いか悩まずにすみます。
日本は縦に長く、四方を海に囲まれていますから、四季それぞれにおいしい旬の素材が食べ
られます。自分で料理を作る方は、店先で季節の材料との出会いを楽しんでください。季節の
魚を食べ、季節の新鮮な野菜を使って、おいしい和食を作ってください。全国どこにでも一年
中、トマトやきゅうりが出回っていますが、ほんとうにおいしいと感じるのは、誰もが夏の、
しかも完熟したもののはずです。現実にはこのような季節に応じた、 つまり当たり前の野菜が手に入りにくくなったという悲しい状況が日本中に蔓延しつつありますが……。
季節が移ると根菜や豆類も種類が変わります。豆を例にすると、春はグリンピース、初夏はそら豆、夏は枝豆、それが秋に大豆になり、冬は黒豆、といったように豆の旬は移り変わります。魚にしろ野菜にしろ、おいしくて、あきないうちに旬が入れ代わり、素材を変えていけるのが和食のすばらしさです。また、根菜、豆類、海藻といった、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富なものを、バランスよく食べられるのも和食です。和食には、私たち日本人の体を健康に保つための知恵がつまっています。

体に良い食べ物
●旬の魚を主菜にしていますか?
健康的にやせるには、嫌いでなければ肉よりも魚を食べてください。その季節に出回る魚を

選んで旬の味に舌鼓を打ちましょう。
●旬の野菜を煮てたっぷり食べていますか?
サラダなど、生で食べる野菜はたくさん食べたつもりでも意外と量は少ないものです。煮て
食べるとおいしい野菜がたくさんあります。
昼はお腹がすいたら、煮た野菜を食べましょう。
●葉の色の濃い野菜を毎日食べていますか?
ブロッコリー、大根の葉、小松菜、ほうれんそう、かぶの葉などを毎日食べてください。
●芋類、根菜も忘れずに食べていますか?
さつま芋、じゃが芋、里芋、大根、にんじん、ごぼう、れんこん、竹の子など。煮て食べるとおいしいものばかりです。
●味噌、豆腐や納豆、豆類は食べていますか?
低脂肪、高たんぱく質の理想的な食品で、和食にはかかせない蛋白源です。ご飯と相性がよ
く、アミノ酸バランスをよくしてくれます。
●海藻類を食べていますか?
低カロリーで、ミネラルと食物繊維が豊富です。

●自分で漬けた漬物を食べていますか?
市販されている漬物は添加物や保存料などが使われ、味覚を鈍くさせますし、本来の発酵食
品のものがあまり出回っていません。ぜひ、自分で漬けて味わいましょう。
●白砂糖ではなく黒砂糖を使っていますか?
黒砂糖は欲しいときに紅茶にたっぶり入れたり、間食に食べたりしてください。
料理にも、うまく使いましょう。
●人工塩ではなく自然塩を使っていますか?
体に必要な微量ミネラルをしっかり取るために、ミネラルが豊富でおいしい自然塩を調理に
使いましょう。
●合成酢ではなく醸造酢を使っていますか?
醸造酢が嫌いな場合は、醸造酢を粉末として取ることもできます。粉末は全く酸っぱくあり
ません。

自分に合ったダイエットサプリメントや置き換えダイエット

通常の生活を続けつつダイエットサプリメントを摂ることで、不満を持つことなく楽な気分でダイエットを行う事ができるという明白な事実が、一番の評価ポイントだと断言します。
野菜や果物や穀物などにたっぷり入っている元気な酵素を経口摂取することで、代謝の向上を狙い、基礎代謝に優れた痩せやすい体質へと導いていくのが、酵素ダイエットの方式です。
寝ている状態においても身体を維持し続けるための、必要最小限のエネルギーが基礎代謝なのです。適度な運動で筋肉を増やして筋力を上げ、血液循環の機能や呼吸機能をアップさせれば、太りにくい身体を得るために重要な基礎代謝が向上します。
新しくダイエット食品を選ぶなら、表記されている栄養をよく確かめて、いつもの生活習慣に符合する栄養が含有されているか、きちんとチェックを入れると更にいいです。
美容にも健康にもいいと注目されている夜トマトダイエットとは、毎日の夕飯に新鮮なトマトを共に摂取するという割と楽な印象のダイエット方法です。量の目安としては、中くらいのトマトを、3個ほど取り込むのが良いということです。

様々な運動や食事の管理をするため、ダイエット状況下では身体が欲する栄養分が不足しやすくなります。栄養の摂取量が足りない状況は身体の不具合や肌の老化など、美容だけでなく健康の面でも良くない影響をもたらします。
酵素を発酵させて作った「酵素ドリンク」と緑の葉野菜とフルーツを使った「グリーンスムージー」は、両者とも実に多くの栄養を含み、体内に入った酵素による二次的な効果も望めるため、置き換えダイエットに利用する食品の有力な候補といえます。
ダイエットを続けている間に口寂しくなった時にも有用なヨーグルトは、置き換えダイエットの場合も使う事ができます。とはいえ、消化吸収が早く空腹をごまかしにくいので、継続しにくいということも考えられます。
健康を手に入れるための運動は毎日行うことが重要です。「ゆっくり過ごせる日は遠めのお店にウォーキングを兼ねたショッピングをしに行く」といったようなチャレンジでも構わないので、歩いて出かける機会を率先して生み出してください。
健康とダイエット効果の両方が見込めるというトマトは、置き換えダイエットにももってこいです。朝食として一つのトマトを口にするか、パンにトマトジュースというような手間いらずのメニューがおすすめです。

若い女性に特に多い傾向があるのですが、適正とされる体重であるにもかかわらず、「まだまだ太ってるかも」と決めつけて焦っていたりします。現実にダイエットが不可欠なのか、じっくりと自問するといいかもしれません。
様々なダイエット方法を調べたところで、どのやり方が自分にフィットしているのか判然としないと迷っている方には、本気で取り組むべきものよりも、まずは気楽に始められるダイエット方法が適しているのではないでしょうか。
病気にならないようにする効果の他にも、サプリメントは美を保つためやダイエット、心のケア、関節の痛みの緩和などに使用され、これからも更にニーズが高まることが予測されます。
できる限り自分自身が美味しいと感じる味になっている置き換えダイエット食品を見つけ出すことが思いのほか重要で、販売実績や口コミによる人気に惑わされずに選ぶようにした方が、いいことは確かです。
のんびりとダイエットを実行したい人、ダイエットの時でも仕事上の理由などで外食は免れないという状態の人には、カロリーの小腸における消化吸収を穏やかにする桑の葉などが入ったダイエットサプリメントが効果的ではないかと思います。

田畑泉博士の考案したタバタ式トレーニング法

タバタ式ダイエットというものをご存知ですか?
ダイエットといえば厳しい食事制限、長時間の有酸素運動等を思い浮かべる方がおおいのではないでしょうか

田畑泉博士の考案したタバタ式トレーニング法は、20秒の高負荷運動、10秒のインターバルを8セット、計4分を週に3~4回行う事によって理想の体を手に入れることが出来るのです

食事制限等の摂取カロリーを減らすダイエットと違い、筋力をつけ消費カロリーを増やす事により、リバウンドをしづらいダイエット方法といわれています

高負荷を短期的にかけるこのトレーニング法は心肺機能を高め、疲れにくい体を作る事にも繋がります

タバタ式トレーニングの内容は自分の鍛えたい部位にあわせ自分でメニューを変化させていける事もおおきなメリットですね

ダイエットに加え体力もつき、短時間で無理なくやせる事ができるのがタバタ式ダイエットなのです!

なんと会社のランチ時間中にもダイエットがチャレンジできる

ダイエットで効果があるものは少ないですが、ウォーキング&サラダダイエットは一味違います。会社のランチ時間中にもチャレンジできます。お昼は出来るだけサラダで簡単に済ませ、残りの時間(1時間のうちの45分くらい)をウォーキングに費やしましょう。一人でも効果はありますが、同僚などと始めると、パートナーがいるため挫折するわけにはいかないという責任感もできるし、また実際歩いている間はずっとおしゃべりをしているので45分間歩いていても苦痛ではありません。1ヶ月も過ぎてくるとおなか周りがすっきりしてくるのを実感できます。ストレスなく続けられるので気軽に頑張っていけますよ。

果物はダイエット効果が実感できるのでたくさん摂ろう

果物のダイエットは様々存在していますが、旬な果物を食べることでもダイエット効果があります。
果物自体が水分が多いのでカロリーを増すことなく満腹感を得ることができるのでダイエットには最適です。
さらに旬のものですとその季節に必要な成分が摂取できることがありますので、季節に合わせた果物を食べることをおすすめします。
また一時期流行ったバナナダイエットはバナナに含まれる糖質が身体に入ってすぐにエネルギーに変化してくれます。
またビタミンやミネラルなども豊富に含んでいますのでダイエットだけではなく健康にも良いと言われています。
また豊富な栄養素が含まれていますのガンの抑制にも効果があると考えられています。
さらに食物繊維も含まれていますのでお通じの改善にも役に立ちます。
ただ朝ごはんをバナナに置き換える、もしくは他の果物に置き換えてしまうのは身体に良くないと言われていますので食事のメニューの中で1品をバナナや果物に置き換えるのが理想的だと言えます。
果物といっても何種類もありどれを食べたらいいのか悩みますが、お勧めの果物について説明します。まず1つ目イチゴです。果物の中でも低カロリーなので気にせず食べれます。また食べてもインスリンが必要ないので血糖値があがりません。ビタミンCも豊富なので美肌効果も期待されます。老化を防ぎ、血管の老化も防ぐなどの効果もあります。2つ目はスイカです。水分がたくさん含まれているので満腹感を感じます。スイカに含まれる成分には血流をよくする効果と冷え症も改善され抗酸化作用もあるので病気予防にもつながります。次はグレープフルーツで、疲労回復や美肌に効果があります。グレープフルーツに含まれるたんぱく質には脂肪燃焼する働きがあります。次はリンゴです。季節問わず手に入り、気軽く食べられるフルーツです。腸内環境を整え便秘や下痢に効果的です。中でもリンゴポリフェノールには脂肪吸収を抑える働きがあるので内臓脂肪がつきにくくなり、また老化防止にもなります。こう考えると果物は体にとても良いということです。

食の欧米化に伴い深刻な問題も多くでてきています!その1つが体重の増加です。ファストフードが普及し、脂が多く高カロリーな食事が食卓に並ぶ中、太るための多くの誘惑が溢れています。でも痩せて綺麗に美しく、かっこよくなりたい!そんなダイエッターの為の貴重な情報を提供しています。