「転売」に関するお役立ち豆知識

Pocket

今現在、副業・副収入と聞いてみなさんが思い当たるのは、「ブログアフリエイト」「中古ブランドの転売」「株・FX」などだと思われます。今回は、そのうちの一つである「転売」に関するお役立ち豆知識をシェアしたいと思います。前提として、副業で何かを安く買って高く売る、という行為は、誰にでも認められた経済活動です。しかし、扱うものの値段・単価によっては特別な許可が求められているのはご存知でしょうか?その名も「古物商許可」と呼ばれるもので、2万円ほどの費用で最寄りの警察署で取得できるものです。本来、中古の高級ブランドやスマートフォン、中古車などを個人が仕入れ・販売を行うことは法律によって規制されています。なぜかというと、上記の類の商品は犯罪組織の資金洗浄に悪用されたり、盗難されたものが違法に販売されているケースが多いためです。そのため、警察(正確には公安委員会の管轄ですが)の許可が求められるのです。逆を言えば、古物商許可さえ取得してしまえば、自由に単価・物量の大きな取引ができますし、許可証を提示できれば法人やリサイクルショップを相手に取引をする際にも信頼性が高まり取引が成立しやすくなります。逆に古物商許可を取得する際に発生するデメリットは、初期費用2万円は確実に必要なこと、扱う商材によっては古物用の帳簿の作成が求められること、古物商許可証に記載されている番号が印刷されたプレートを自宅の玄関に置いておかなければならないこと、くらいです。こうした手続きが面倒でなければ、副業として中古品の取引を行う方は是非古物商許可を取得してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です