2010年に茨城県に空港が誕生しました。それまでは,東京や千葉まで一旦出なければなりませんでしたが,旅方面によっては実は大変都合のよい茨城空港なのです。その良さの一つは,車で茨城空港に行き,無料で駐車できることです。帰りの飛行機を降りてから荷物を車に押し込み,そのまま運転して帰宅できるのです。時間制限のある電車やバスを利用する必要がありません。良さの二つは,西日本方面にはどこへでも行けることです。もちろん経由,つまり乗り換えますが,これがまた楽しい旅の一時にもなるのです。神戸を経由する方法です。九州などへの旅では,茨城から一旦神戸へ,待ち時間の間に神戸の町並みをちょっと散策などして,そして次の便へと乗り継ぎます。この方法で,結構いろいろな所に行くことができるのです。料金を比較しても,格安プランをうまくみつけたり,早割を利用したりすることで,意外に安上がりに往復できてしまいます。乗り換えが面倒と感じる方は,東京や千葉に出るのが一番ですが,茨城空港にもちょっと工夫すると便利な行程が組める方法でした。

LCCの場合は預ける荷物にも料金がかかる場合がある

最近は格安航空LCCがたくさん出てきたので
飛行機が大変身近な物になってきました。
格安航空券を使うと、沖縄や北海道も
弾丸で旅行に行けるようになります。

長い旅行だと荷物が多くなりがちですが
1泊や2泊の弾丸の場合できれば荷物を少なくするのがおすすめ。荷物を少なくすると機内へ荷物を持ち込みできるので
預け荷物がなく荷物の到着を待つ時間が無くなります。

しかもLCCの場合預け荷物にも料金がかかる場合があるので
出来るだけ機内持ち込みの荷物に抑えるのがいいでしょう。

機内への持ち込み荷物の大きさは航空会社によって違いますが
JAL、ANAは100席未満 は3辺合計100cm以内10kg以内
100席以上は3辺合計115cm以内kg以内。
LCCも航空会社や座席クラスによって違いますが
大体3辺105cm合計の重さが大体7kgぐらいです。

機内への持ち込み禁止の物もあるのでそこは気を付けてください。ガス缶やボンベ、オイル。花火、漂白剤、殺虫剤。
持ち込みOKや個数限定などいろいろルールがありますので
旅行前に航空会社で確認するとスムーズに搭乗できますよ

一つの都道府県内に最も多くの空港を有している北海道

日本国内には拠点空港28箇所、地方管理空港54箇所、その他の飛行場といった国土面積に対して多くの空港があるが、その中でも、一つの都道府県内に最も多くの空港及び飛行場を有しているのが、北海道である。新千歳空港をはじめ、主要都市及び島に空港が多数設置されている。道内の空港を結ぶ便も多数設置されているため、道内の交通手段の一つとなっている。JRも手段の一つとして数えられるが、鉄道での移動は飛行機での移動に比べ、時間がかかるため、お金をかけてでも早く移動したい人は飛行機を利用するとみられる。北海道は冬になると多くの雪が積もるが、多少の遅延はあるものの、除雪設備の向上、着陸システムのアップグレード等により、現在では多少の雪で欠航することは少なくなっている。特に、旭川空港では圧倒的な除雪力を武器に就航率の高さをアピールポイントとしている。2016年度の実績では、99.1%の就航率を誇る。新千歳空港も欠航率が特段高いわけではないが、着陸不能となった際に、旭川空港へ代わりに着陸することもある。

飛行機の飛行に影響を及ぼす雲の代表格は積乱雲

飛行機の飛行に影響を及ぼす雲の代表格といえば、積乱雲です。
真夏の空にもくもくと上空に立ち上っていく入道雲と呼ばれる積雲の一つです。
この入道雲は、最近起きるゲリラ豪雨にも関係したものでもあります。
発生メカニズムは、急激な上昇気流によって形成された積雲が急速に発達し積乱雲になるとされているものの、発生場所の予測や特定が非常に難しく、しかも通常は4段階の過程を経て消滅していきます。
そのため、飛行機の飛行前の気象状況の打ち合わせではなかった積乱雲が飛行中に発生すると飛行経路を変更する必要に迫られたり、そのまま雲の中に入ってしまうと飛行機自体が激しい揺れや落雷に襲われてしまう危険性を持っています。
そこで、飛行機にとっては、積乱雲は常に監視し情報が入り次第経路の変更や高度の変更等がなされます。
特に小型機にとっては影響が大きく、気象レーダー等の装備搭載のない機体では、目視での判断がパイロットに求められ、管制塔等の無線などによる情報収集も必要とされます。
地上では、ゲリラ豪雨の元になる積乱雲は非常に厄介な存在です。

日本で面白い空港と言ったらやはり成田空港

世界の美しい空港という本があるように、今は空港が観光スポット化してきています。日本で面白い空港と言ったらやはり、成田空港でしょう。海外に行く前に免税店が楽しめますし、タバコを吸う人は免税店で必ずと言っていいくらい購入すると思います。普通に購入するよりもはるかに安いからです。ただひとり1カートンと決められていますので、家族の人数分こうにゅうすることをお勧めします。これから海外に行くというワクワク感と日本を離れるという少しの寂しさがありますので、最後に日本で和食を食べていく人も多いと思います。成田空港にはさまざまなジャンルのお店があります。そして同じ店が何個もあったりします。海外に行く前に疲れてしまうくらい見所がたくさんあります。日本の各地の名産品なども置いてあるので、日本のお土産としても十分すぎるくらいの品揃えがあると思います。国際線ターミナルがいるだけに外国人の観光客が多く訪れるので日本のお土産がたくさん置いてあるのはわかりますが、日本人も楽しめてしまう、そんな空港です。

海外旅行に行く際の最安値で飛行機のチケットを取る方法

海外旅行へ行く際には飛行機を利用することがほとんどですよね。しかし、海外旅行となると飛行機代も10万円以上となることもあり、決して安くはありません。飛行機を単なる移動手段と考えている方にとっては、ぜひ節約したいところですね。
そこで今回は海外旅行に行く際の最安値で飛行機のチケットを取る方法を紹介します。まず、チケットは航空会社のホームページまたは旅行サイトなど、自分自身で探しましょう。これにより、チケットの相場が分かるだけでなく、最安値を探すことができます。日にちが変更可能な場合は最安値の日のチケットを取ることで1万円以上の差が生じることも、しばしばあります。
次に、目的地を分割する方法です。目的の地域に行くために、その国での国内線に乗り継ぐ必要があるときに有効です。
例えば、海外から日本の北海道に行くとき、一度成田で国内線に乗り継ぐような場合です。
このような際には、国内線でLCCを利用していない場合が多いので、一度最寄りの大きな空港までのチケットの値段を見て、その空港から実際の目的地までは別件でLCCを予約するという方法です。多少の英語力は必要となることはありますが、場合によっては3万円以上も変わってくることもあります。
航空券で節約して、憧れの海外でいっぱい遊んでみるのはどうでしょうか。

飛行機は庶民にはかなり敷居の高い乗り物

飛行機に利用する機会はほとんどないのですが、今一番乗ってみたい乗り物が飛行機です。
空港さえあればここから世界中どこにでも行けるというのは非常に魅力的なことに最近気付いたのです。国内はもちろんのこと、世界に目を向けると日本では体験することのできないことがたくさん存在しています。
楽しそうで魅力的なこともあれば危険と隣り合わせのような国もあります。
最近ではLCCの普及で格安でどこでも行けるようになりました。
飛行時間は変わらずサービスのみがセルフになることで、多少窮屈でもいいと思えば値段は魅力的です。
といってもまだまだ庶民にはかなり敷居の高い乗り物ですが、利用者獲得のために頑張る航空会社があり続ける限り飛行機には乗る価値があるかもしれません。